人生にゲームをプラスするメディア

【BitSummit 14】2DファンタジスタのPS4向け『フロック(仮称)』は不思議な世界に触れるシューティング

ソニー PS4

ブースの様子
  • ブースの様子
  • ブースの様子
  • フロック(仮称)
  • フロック(仮称)
京都のみやこめっせで開催されているBitSummit MMXIV。2DファンタジスタはPlayStation 4向け『フロック(仮称)』を展示していました。

2Dファンタジスタは、サイバーコネクトツーで東京スタジオ代表などを務めた渡辺雅央氏が立ち上げたスタジオで、これまでに『タップ・シーフ・ストーリー』『瓦割り!』(いずれもiPhone)をリリースしてきました。

初の家庭用ゲーム機向けタイトルとなる『フロック(仮称)』は空を飛ぶような浮遊感を味わえる、あえてジャンルで分類するなら"シューティング"と呼ばれる作品。画面上にHUDは一切ありません。何かに急き立てられることもなく、透き通るような美しい世界に浸れます。





渡辺氏は「今までは家庭用ゲーム機で、がちがちのゲームを作ってきたのですが、今回は"ゲームっぽい何か"くらいのゆるい、"なにこれ?"と触って貰えるようなゲームを目指しました」とのこと。物語もあるものの、あまり説明せず、『風ノ旅ビト』のように、ユーザー自身が世界に触れて感じて貰うことを望んでいるようでした。

開発は渡辺氏を含め数名で進められていて、夏ごろのリリースを予定しているそうです。プラットフォームはPlayStation 4で、PlayStation Vitaも「検討するかもしれない」とのこと。ソニーからは開発面で良好なサポートが得られているといい、他のプラットフォームでの発売はなさそうです。ゲームエンジンはUnityながら、ソニー製のPhyreEngineに移行することも検討していると話していました。
《土本学》

編集部おすすめの記事

特集

ソニー アクセスランキング

  1. 『モンハン:ワールド』「あらゆるものを利用しろ!現地調達セット」が配信中―6月8日からのイベクエ情報も公開

    『モンハン:ワールド』「あらゆるものを利用しろ!現地調達セット」が配信中―6月8日からのイベクエ情報も公開

  2. 「『モンハン:ワールド』に期待する次の展開は?」結果発表─1位は4割超え! 多くのユーザーが求める要望とは【アンケート】

    「『モンハン:ワールド』に期待する次の展開は?」結果発表─1位は4割超え! 多くのユーザーが求める要望とは【アンケート】

  3. 【特集】『ファークライ5』アーケードモードおすすめマップ10選

    【特集】『ファークライ5』アーケードモードおすすめマップ10選

  4. 『ダークソウル リマスタード』をプレイするべき理由―今なお色褪せない魅力がそこにはある

  5. 『英雄伝説 閃の軌跡IV -THE END OF SAGA-』9月27日発売決定!前シリーズ主人公・ロイドらに関する新情報も

  6. 【インタビュー】完結を迎えた『BLAZBLUE』森Pが明かす心の内 ― 気になるあのシーンやイザナミの脇について訊いてみた

  7. 『ウィッチャー3 ワイルドハント』PS4/PS4 Pro向けにアップデート配信、待望のHDRサポートが到着

  8. 『フォートナイト』シーズン4の変更点はどこ?新要素とともにマップを探索してみる【特集】

  9. 「『モンハン:ワールド』で一番最初にやられたモンスターは?」結果発表─1/3以上のハンターが倒れた強敵が判明!

  10. 「『モンハン:ワールド』どの武器使う?」結果発表─どの武器も超接戦! わずか“0.1”%で明暗が分かれることも…【アンケート】

アクセスランキングをもっと見る