人生にゲームをプラスするメディア

プログラミング知識が無くても作れるゲーム開発ソフトウェア「GameMaker Studio」の通常版が3月頭まで無料リリース中

同社が現地時間の3月2日まで同ソフトのセールキャンペーンを発表し、スタンダードエディションが無料で、さらにプロフェッショナルモデルへと35ドルにてアップグレード出来ることが明らかにされました。

ゲームビジネス 開発

海外で有名なチュートリアル映像製作者Shaun Spalding氏の投稿した動画。同氏もGameMakerを用いた『Braid』風アクションゲーム『Another Perspective』をリリースしている

海外では特に2Dアクション系のインディーゲーム開発に使用されているYoYo Gamesのゲーム開発ソフトウェア「GameMaker Studio」。同社が現地時間の3月2日まで同ソフトのセールキャンペーンを発表し、スタンダードエディションが無料で、さらにプロフェッショナルモデルへと35ドルにてアップグレード出来ることが明らかにされました。

「GameMaker Studio」はマップ製作からモーション、さらにはコリジョン(当たり判定)といった各種設定をツールを通して製作可能なゲーム開発ソフトウェア。製作したゲームを販売する際にYoYo Gamesとライセンシングを結ぶ必要がなく、ここ最近のタイトルでは『Risk of Rain』や『Nidhogg』など、特にインディーの2Dアクションジャンル界隈でよく使用されています。最大の比較対象とも言える「Unity」との大きな違いは、プログラミングを知らなくともゲーム開発が行える、逆に各言語で経験がある人物にとっては機能を通して操作するという面で制限があるという点です。

通常価格は無料版と違いオブジェクトやリソースの制限が無いStundardエディションが49.99ドル、また各種機能を揃えた上位版であるProfessionalモデルが99.99ドルとなっており、ひとまず興味がある人は前者をダウンロードしておき、前から欲しかったユーザーはProモデルをこの機会に購入してみるのも良さそうです。ダウンロードはこちらよりどうぞ。
《編集部》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 国内ゲーム人口は4,336万人、家庭用ゲーム機所有者数も明らかに ― 2016CESA一般生活者調査報告書

    国内ゲーム人口は4,336万人、家庭用ゲーム機所有者数も明らかに ― 2016CESA一般生活者調査報告書

  2. バンナム、「株式会社バンダイナムコ研究所」を2019年4月1日に設立─新たな価値創出を目指す

    バンナム、「株式会社バンダイナムコ研究所」を2019年4月1日に設立─新たな価値創出を目指す

  3. 【OGC 2010】ある日脅迫状が届いたら・・・Maru-JanのDDoS攻撃への対応実例

    【OGC 2010】ある日脅迫状が届いたら・・・Maru-JanのDDoS攻撃への対応実例

  4. 迫力のドット絵でサイバーパンクを表現した『The Last Night』がクール!家庭用版も開発中

  5. 【今どきゲーム事情】杉山淳一:専修大学の「Eスポーツ講座」に潜入!

  6. 【CEDEC2017】『NieR:Automata』の世界を彩る効果音はどのように実装されたのか?デザインコンセプトとその仕組みについて

  7. 【JRPGの行方】第1回 1997年の「アニメ化」と「観る物語」

  8. 【インタビュー】『スペースチャンネル5』開発者が語る、VRで復活までの道のり&今だから言える裏話

  9. 【CEDEC 2010】学習ゲームは効果があるのか? ベネッセとゲームニクスの取り組み

  10. バンダイナムコHD、DeNAとの共同出資会社「BNDeNA」を解散 ― 提供ゲームもサービス終了に

アクセスランキングをもっと見る