人生にゲームをプラスするメディア

シリーズ第1作『半熟英雄』3DSバーチャルコンソールに登場 ― たまごから「エッグモンスター」を呼び出そう

任天堂 3DS

半熟英雄
  • 半熟英雄
  • ギャグ満載のノリと「エッグモンスター」は第1作から健在
スクウェア・エニックスは、ニンテンドー3DSのバーチャルコンソール向けにファミコンソフト『半熟英雄』を配信します。

『半熟英雄』(はんじゅくヒーロー)は、スクウェア(現・スクウェア・エニックス)より1988年にファミコンで発売されたシミュレーションゲームです。ギャグやパロディのテイスト満載のノリとわかりやすいシステムが人気を呼び、現在も続編や関連作品が発売されている人気シリーズとなりました。

主人公は「アルマムーン国」の王子。自軍の将軍たちに指示を出して、戦闘を繰り返しながら敵軍の城を制圧していきます。進軍ルート、城の増築など、戦略を練って全土の統一を目指しましょう。ゲーム内では、何もしていなくても時間が経過していくため、「リアルタイムシミュレーション」の要素も色濃くなっています。

戦闘は自動で進行しますが、リズミカルにボタンを押すと「パワーゲージ」を消費して自軍を援護することが可能です。また、コマンドを開くと「きりふだ」「たまご」「たいきゃく」を選択することができます。「きりふだ」は商人から買うことができ、一度使用するとなくなってしまいます。

「たまご」は「エッグモンスター」を呼んで代わりに戦わせることができる本作の醍醐味とも言えるシステムです。ただし「エッグモンスター」が倒されてしまうと、その将軍はそれ以降「たまご」を使えなくなってしまうので、「たまごにもどれっ!」もあわせてうまく使用しましょう。「たまご」には最大4種類のモンスターのパワーを入れることができ、その組み合わせで生まれてくる「エッグモンスター」の種類も変化。お気に入りの「エッグモンスター」を見つけましょう。

1か月経過すると「月1イベント」が発生し、自軍にさまざまな影響を及ぼします。また「月1コマンド」で、商人から「きりふだ」を買ったり兵士の補充を行ったり、次の1か月に向けた準備を整えます。

コミカルだけど内容は奥深く、特に第1作は歯ごたえもかなりある『半熟英雄』。3DSでじっくりとプレイしてみてはいかがでしょうか。

『半熟英雄』は、2013年10月30日配信開始予定で価格は500円(税込)です。

(C)1988 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.
《津久井箇人 a.k.a. そそそ》

編集部おすすめの記事

特集

任天堂 アクセスランキング

  1. 一緒にバトルしたいカッコいいポケモン10選

    一緒にバトルしたいカッコいいポケモン10選

  2. 『スプラトゥーン2』使いこなせたらカッコいいブキ10選

    『スプラトゥーン2』使いこなせたらカッコいいブキ10選

  3. 任天堂なのにセクシーなゲームキャラ10選

    任天堂なのにセクシーなゲームキャラ10選

  4. 家族にしたいポケモン21選・前編!定番のポケモンから犬・猫系ポケモンも

  5. 任天堂のゲームのトラウマ10選 ─ 思い出すだけで恐怖が蘇る!?

  6. 家族にしたいポケモン21選・後編!おいしい・ちょっと怖い・カッコいいポケモンたち

  7. 【特集】『スーパーマリオ オデッセイ』小ネタ12選!知ればマリオの旅がもっと楽しくなる!?

  8. 任天堂のかわいいゲームキャラ10選!“かわいい”にもいろいろあるかも?

  9. 【特集】『スプラトゥーン2』超初心者を脱するための“戦場の鉄則”8箇条

  10. 【特集】『星のカービィ』一番強いのはどれだ!?最強コピー能力10選

アクセスランキングをもっと見る