人生にゲームをプラスするメディア

ソフトバンクとガンホーがスマートフォン向けゲームメーカーの「スーパーセル」を1500億円で買収

本取引の理由としては、スーパーセルのセールス実績とマーケティング力の高さが挙げられており、ガンホーグループの世界展開を強化し、同社とスーパーセルをコンテンツ分野の牽引役として、「モイルインターネット世界No.1」に向かって邁進するとしています。

ゲームビジネス 市場
「スーパーセル」ロゴマーク
  • 「スーパーセル」ロゴマーク
  • 『Clash of Clans』
  • 『Clash of Clans』
  • 『hay day』
  • 『hay day』
  • ソフトバンクとガンホーがスマートフォン向けゲームメーカーの「スーパーセル」を1500億円で買収
ソフトバンクは、ガンホー・オンライン・エンターテイメントと共に、フィンランドを拠点にスマートフォン向けゲームメーカー「スーパーセル」の議決権付株式の51%を総額15.3億米ドル(約1,515億円)で取得することを発表しました。本取引の理由としては、スーパーセルのセールス実績とマーケティング力の高さが挙げられており、ガンホーグループの世界展開を強化し、同社とスーパーセルをコンテンツ分野の牽引役として、「モイルインターネット世界No.1」に向かって邁進するとしています。

スーパーセルは2010年5月設立。スマートフォン向けのゲーム『Clash of Clans』や『Hay Day』でヒットを飛ばします。同作はApp Storeのトップセールスランキングにおいて、それぞれ137カ国と96カ国で1位を獲得しています。また、日本国内では既にガンホーと協力してプロモーションを行ってきました。2012年12月期の売上高は7835万ユーロ(約104億円)、営業利益は3921万ユーロ(約52億円)です。

買収はソフトバンクとガンホーが80%、20%を出資するSPCをフィンランドに設立。SPCがスーパーセルの既存株主から株式を取得します。スーパーセルは買収後もフィンランドのヘルシンキに本社を置き、イルッカ・パーナネン氏が引き続きCEOを務めます。取締役会にはソフトバンクの孫正義氏、財務部投資企画グループの仁木勝雅氏、ガンホー会長の孫泰蔵氏が加わる予定。

(C)2012 Supercell
《栗本 浩大》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 「ヤフオク!」過去30年で取引された人気ゲーム情報を公開─高く売れたタイトルはどれ?

    「ヤフオク!」過去30年で取引された人気ゲーム情報を公開─高く売れたタイトルはどれ?

  2. 『アズールレーン』ケッコンVRでフッドさんとハッピーウェディング【レポート】

    『アズールレーン』ケッコンVRでフッドさんとハッピーウェディング【レポート】

  3. 【CEDEC 2016】原作再現、フェイシャル誇張からフェチズムまで ─ これからの3Dアニメ表現について考える

    【CEDEC 2016】原作再現、フェイシャル誇張からフェチズムまで ─ これからの3Dアニメ表現について考える

  4. 戦慄ホラー『Outlast 2』開発元が「専用おむつ」を発表!ファンからの「漏らした」報告を受け

  5. 「日本と海外におけるゲーマーにとってのリージョン制限」・・・イバイ・アメストイ「ゲームウォーズ 海外VS日本」第22回

  6. 『ミニファミコン 週刊少年ジャンプバージョン』発売2日間で11.1万台販売

  7. ダーク童話ACT『アリス マッドネス リターンズ』のアメリカンマギー、スタジオ閉鎖の噂を払拭

  8. 2Dイラストなのに360度全方位表現だと!?「Live2D Euclid」ついにお披露目…VRとARで展示

  9. 9割がお蔵入りする個人制作ゲーム、完成させる秘訣は - IGDA日本SIG-Indie研究会レポート

  10. 「TGS 2018」開催発表会レポート―開催は9月20日から、e-Sportsや動画配信を強化していく

アクセスランキングをもっと見る