人生にゲームをプラスするメディア

ソフトバンクとガンホーがスマートフォン向けゲームメーカーの「スーパーセル」を1500億円で買収

本取引の理由としては、スーパーセルのセールス実績とマーケティング力の高さが挙げられており、ガンホーグループの世界展開を強化し、同社とスーパーセルをコンテンツ分野の牽引役として、「モイルインターネット世界No.1」に向かって邁進するとしています。

ゲームビジネス 市場
「スーパーセル」ロゴマーク
  • 「スーパーセル」ロゴマーク
  • 『Clash of Clans』
  • 『Clash of Clans』
  • 『hay day』
  • 『hay day』
  • ソフトバンクとガンホーがスマートフォン向けゲームメーカーの「スーパーセル」を1500億円で買収
ソフトバンクは、ガンホー・オンライン・エンターテイメントと共に、フィンランドを拠点にスマートフォン向けゲームメーカー「スーパーセル」の議決権付株式の51%を総額15.3億米ドル(約1,515億円)で取得することを発表しました。本取引の理由としては、スーパーセルのセールス実績とマーケティング力の高さが挙げられており、ガンホーグループの世界展開を強化し、同社とスーパーセルをコンテンツ分野の牽引役として、「モイルインターネット世界No.1」に向かって邁進するとしています。

スーパーセルは2010年5月設立。スマートフォン向けのゲーム『Clash of Clans』や『Hay Day』でヒットを飛ばします。同作はApp Storeのトップセールスランキングにおいて、それぞれ137カ国と96カ国で1位を獲得しています。また、日本国内では既にガンホーと協力してプロモーションを行ってきました。2012年12月期の売上高は7835万ユーロ(約104億円)、営業利益は3921万ユーロ(約52億円)です。

買収はソフトバンクとガンホーが80%、20%を出資するSPCをフィンランドに設立。SPCがスーパーセルの既存株主から株式を取得します。スーパーセルは買収後もフィンランドのヘルシンキに本社を置き、イルッカ・パーナネン氏が引き続きCEOを務めます。取締役会にはソフトバンクの孫正義氏、財務部投資企画グループの仁木勝雅氏、ガンホー会長の孫泰蔵氏が加わる予定。

(C)2012 Supercell
《栗本 浩大》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 今週発売の新作ゲーム『JUDGE EYES:死神の遺言』『GOD EATER 3』『ボーダーランズ2 VR』他

    今週発売の新作ゲーム『JUDGE EYES:死神の遺言』『GOD EATER 3』『ボーダーランズ2 VR』他

  2. 【週間売上ランキング】『ポケモン不思議のダンジョン 空の探検隊』以外はかなり厳しい売れ行き (4月13日〜19日)

    【週間売上ランキング】『ポケモン不思議のダンジョン 空の探検隊』以外はかなり厳しい売れ行き (4月13日〜19日)

  3. 『MGS V: TPP』海外版スネークの声優交代、本人が改めて明言

    『MGS V: TPP』海外版スネークの声優交代、本人が改めて明言

  4. 【CEDEC 2010】「意見の9割は“つまらない”というものだった」-大ヒット作『怪盗ロワイヤル』開発秘話

  5. 2018年9月発売の新作ゲームは何を買う?―注目タイトルまとめ!

  6. セガならではの感動体験を届けたい・・・セガホールディングス岡村秀樹社長インタビュー

  7. VR中にもキーボードを打てる!―LogitechがViveトラッカーを使用した新技術を開発

  8. 先駆者が語るソーシャルアプリ市場の成長と、その可能性・・・Rock You AsiaとONE-UP

  9. 「日本と海外におけるゲーマーにとってのリージョン制限」・・・イバイ・アメストイ「ゲームウォーズ 海外VS日本」第22回

  10. 【e-Sportsの裏側】ゲームメーカーならではの価値を見出し、提供していくーKONAMI キーマンインタビュー

アクセスランキングをもっと見る