人生にゲームをプラスするメディア

米国セガ、レイオフを実施 - 効果的な開発を行うための再構築

ゲームビジネス その他

セガの北米現地法人セガオブアメリカで、レイオフが実施されることが発表されました。

海外メディア「VentureBeat」が伝えるところによると、今回のレイオフの対象となる部門や人数については公開されておらず、「発展し続けるゲーム産業の中で成功するためには、環境に合わせて適応していかなければならない」というセガオブアメリカのスポークスマンのコメントを掲載しています。

セガオブアメリカは、今回のレイオフによる再構築で、パッケージソフトのキーブランドに注力し続けると共にデジタルプラットフォームにおける新旧コンテンツの効果的な開発を目指していくとのことです。
《菜種》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 【NDC2017】『HIT』のグローバルでの成長方法―各国の売上や人気キャラも明らかに

    【NDC2017】『HIT』のグローバルでの成長方法―各国の売上や人気キャラも明らかに

  2. 【NDC17】Amazon Game Studiosシニアプロデューサーが語る、『Breakaway』10の改善点とは?

    【NDC17】Amazon Game Studiosシニアプロデューサーが語る、『Breakaway』10の改善点とは?

  3. 「TOKYO SANDBOX 2017」にて、角川ゲームス/安田善巳氏の登壇が決定

    「TOKYO SANDBOX 2017」にて、角川ゲームス/安田善巳氏の登壇が決定

  4. 「A 5th of BitSummit」にゲームフリーク開発者ら登壇!公式サイトもリニューアルオープン

  5. コーエーテクモ、業績予想を下方修正―『仁王』好調も『無双☆スターズ』想定下回る

  6. 【NDC2017】キーワードは「共感」、初音ミクが世界に広がっていった理由

  7. 狂気のホラー『Year Of The Ladybug』主人公は連続殺人犯…日本語字幕トレイラー公開

  8. 話題のホラーゲーム『Year Of The Ladybug』開発中止

  9. グラビアアイドル×VR=けしからん!パノラマ動画「VRガール」公開

  10. VRで倉持由香と星名美津紀に会える、「トキメキメテオ」第一弾をいち早く体験してみた ― 本当に”トキメキ降臨”なのか?

アクセスランキングをもっと見る