人生にゲームをプラスするメディア

「ゴールはあってもルールはない」 ─ 自由な遊びを提供する『俺の屍を越えてゆけ2』トレーラー公開

ソニー・コンピュータエンタテインメントジャパンアジアは、PS Vitaソフト『俺の屍を越えてゆけ2』のトレーラーを公開しました。

ソニー PSV
『俺の屍を越えてゆけ2』ゲームトレーラー公開
  • 『俺の屍を越えてゆけ2』ゲームトレーラー公開
  • 本作にも降りかかる「短命の呪い」
  • 神と交わり、希望を繋げます
  • おどろおどろしくも、美しく描かれた世界
  • 街で準備を整えましょう
  • 迷宮と一口にいっても、その様相は様々
  • 大きく迫力が増した戦闘シーン
  • 避けられぬとはいえ、切ない瞬間
ソニー・コンピュータエンタテインメントジャパンアジアは、PS Vitaソフト『俺の屍を越えてゆけ2』のトレーラーを公開しました。

1999年に発売されたプレイステーションソフト『俺の屍を越えてゆけ』は、一族にかけられた呪いに立ち向かう子々孫々による長き戦いと、それを表現した高いゲーム性が大きな評判を呼び、PSP版としてリメイクされたほどの人気RPGです。

その名作の魅力を受け継いだ続編『俺の屍を越えてゆけ2』が2014年にPS Vitaへリリースされることは既にお伝えした通りですが、今回は本作の基本的なゲーム性を伺うことができるトレーラーを紹介いたします。

『俺の屍を越えてゆけ2』も、呪いを受けた一族が世代交代を繰り返し、運命や強大な敵、そして無惨な寿命に立ち向かう過酷な状況で生まれる様々なドラマを体験するという、前作の基本を踏襲していることが、映像の中で明かされています。

「短命の呪い」は、人間の一生がたった2年程度に凝縮されてしまい、ゲームプレイの中ではわずか数時間でその寿命を終えてしまいます。その上、人との間に子を成せない「種絶の呪い」もかけられており、2年しか生きられない一族は神と交わることでしか、呪い根絶への希望を繋ぐ道はありません。

基本的なゲーム性は前作を踏襲しており、「育成」「衰退」「継承」「誕生」を繰り返し、目的へと邁進するスタイルのようです。しかし、「ゴールはあっても、ルールはない」と明言されている通り、その過程をどのように歩むかはプレイヤーの自由です。一族をどのように育て、また如何なる時間を過ごさせるのかは、すべてあなた次第。屋敷や街の生活を堪能するもよし、迷宮での探索と戦闘にその短い人生を懸けるもよし。必ず迎える死を前に、あなたの決断と実行が問われることでしょう。

しかし、一族の者が死を迎えても、その屍を超えてゆくのが本作の運命。果たせぬ夢は子から孫へ、一族の想いは途絶えることなく、次の世代へ託されていきます。その全ては、更なる子孫たちに、当たり前の未来を残すために。

血が受け継がれることで、経験や想いは、能力や形見として継承されていき、強大な敵に立ち向かうための力を、一族が少しずつ積み重ねていきます。時間から理不尽な支配を受けている彼らだからこそ、時間を武器に一族を育てあげることができるのです。

こういった基本的な要素や、実際のゲーム映像などがふんだんに詰め込まれたトレーラーとなっています。初出しとなる『俺の屍を越えてゆけ2』ゲームトレーラー、気になる方は直接チェックしてみてください。


YouTube 動画URL:http://www.youtube.com/watch?v=U1rQYU0Tj14

「続編に期待される要素は詰め込んだ」との力強いコメントも記されたこのたびのトレーラー。発売まではまだ時間がありますが、今回の映像を見るだけでも、膨らんだ期待すら超える出来映えを見せてくれそうです。来年早々に新情報を公開するとの予告もあったので、それを楽しみに今は続報を待ちましょう。

『俺の屍を越えてゆけ2』は2014年夏発売予定。価格は未定です。

(C)Sony Computer Entertainment Inc.
《臥待 弦》

楽する為に努力する雑食系ライター 臥待 弦

世間のブームとズレた時間差でファミコンにハマり、主だった家庭用ゲーム機を遊び続けてきたフリーライター。ゲームブックやTRPGなどの沼にもどっぷり浸かった。ゲームのシナリオや漫画原作などの文字書き仕事を経て、今はゲーム記事の執筆に邁進中。「隠れた名作を、隠れていない名作に」が、ゲームライターとしての目標。隙あらば、あまり知られていない作品にスポットを当てたがる。仕事は幅広く募集中。

+ 続きを読む
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

ソニー アクセスランキング

  1. なんで『パワプロ』上級者は「ロックオン」無しでも変化球が打てるの?ハイレベルすぎるプロ選手の対戦動画から、その秘密をじっくり解説

    なんで『パワプロ』上級者は「ロックオン」無しでも変化球が打てるの?ハイレベルすぎるプロ選手の対戦動画から、その秘密をじっくり解説

  2. 『モンハンワールド:アイスボーン』ミラボレアスを倒すために考えた7つのこと

    『モンハンワールド:アイスボーン』ミラボレアスを倒すために考えた7つのこと

  3. 【特集】『FFXIV』で行われた親孝行「光のお父さん計画」達成記念!親子2人を突撃インタビュー

    【特集】『FFXIV』で行われた親孝行「光のお父さん計画」達成記念!親子2人を突撃インタビュー

  4. 『ELDEN RING』覗けるのは「フィアのパンツ」だけじゃない―さらに「下乳」と「お尻」も見てみた

  5. あなたには「20年経っても忘れられないヒロイン」はいますか? 20周年を迎えた『ときめきメモリアル2』のあの子を思い出す

  6. 『ELDEN RING』「魔術師セレン」の素顔はホントに可憐だったのか?そのヒントが、学院の「討論室」にあった

  7. おっぱいが大きくなる瞬間も見れる『オメガラビリンス』プレイ動画&OP公開!注目は電マ武器のSE

  8. 『原神』メガネをかけた私服風の「甘雨」が堪らない!中国で「招商銀行」コラボビジュアル展開

  9. 『モンハン:アイスボーン』ミラボレアスの初見クリア率は約7%! 初戦の狩猟結果&先駆者たちのアドバイスを紹介【アンケート】

  10. 『サイバーパンク2077』街中で見かけた気になる日本語12選! 相撲や四字熟語も溶け込んでいるぞ

アクセスランキングをもっと見る