人生にゲームをプラスするメディア

【Nintendo Direct】博士からもらえるポケモンは、フシギダネ、ヒトカゲ、ゼニガメ!『ポケモンX・Y』メガシンカしたその姿も公開

任天堂は、9月4日の20時に実施した「Pokemon Direct 2013.9.4」にて、『ポケットモンスター赤・緑』に登場したフシギダネ、ヒトカゲ、ゼニガメが、『ポケットモンスター X・Y』で冒険前にもらえるポケモンとして1匹選べると発表しました。

任天堂 3DS
仲間からもらえるのは、ハリマロン、フォッコ、ケロマツ
  • 仲間からもらえるのは、ハリマロン、フォッコ、ケロマツ
  • そして博士からは、フシギダネ、ヒトカゲ、ゼニガメが!
  • 全ての原点となる、『ポケットモンスター 赤・緑』
  • カラーになった『ポケットモンスター 金・銀』
  • 『ポケットモンスター クリスタルバージョン』も
  • そして鮮やかな『ポケットモンスター ルビー・サファイア』
  • 『ポケモンバンク』でぜひ、子や孫に語り継いであげて欲しいばかり
  • 横並びの3匹から1匹ずつを、最初のパートナーに選べます
任天堂は、9月4日の20時に実施した「Pokemon Direct 2013.9.4」にて、『ポケットモンスター赤・緑』に登場したフシギダネ、ヒトカゲ、ゼニガメが、『ポケットモンスター X・Y』で冒険前にもらえるポケモンとして1匹選べると発表しました。

対談に近い形式で行われた「Pokemon Direct 2013.9.4」は、まずその長い歴史を振り返るところから始まりました。シリーズ初代となる『ポケットモンスター 赤・緑』がリリースされたゲームボーイの実物が登場すると、今見るとまるで業務用みたいですねとの言葉が飛び出します。

当初は白黒のモニタで展開されたポケモンバトルも、1999年に発売された『ポケットモンスター 金・銀』で色が付き、2002年の『ポケットモンスター ルビー・サファイア』でいっそう鮮やかとなります。

この放送内で発表された『ポケモンバンク』に関しては既にお伝えした通りですが、「ポケモンが生きる意味を教えてくれた」の著者であり、大のゲーム好きでも知られる中川翔子さんは、かねてより「私の子や孫に、『おばあちゃんはこんなポケモンで戦っていたんだよ』と教え伝えていきたいので、ポケモン銀行を作ってください」とお願いしていたとのこと。実はその時点で既に『ポケモンバンク』の開発は進んでいましたが、まだ明かせる段階ではなかったため、ようやく発表できたと嬉しそうに語る場面も。

そして話は『ポケットモンスター X・Y』の、序盤にもらえるポケモンへと移ります。これまでは、最初のポケモンは博士からもらえるのが通例でしたが、『ポケットモンスターX・Y』で最初にパートナーとして選べるハリマロン、フォッコ、ケロマツは、仲間たちからもらえるとと語りました。

その上、博士からは異なるポケモンを託されるのですが、その選択は、フシギダネ、ヒトカゲ、ゼニガメというラインナップ。ご存じの方も多いでしょうが、これは『ポケットモンスター 赤・緑』の最初のパートナーたち。つまり、当時の懐かしいパートナーと共に、新たな冒険へと出かけることができるのです。

また、本作には「メガシンカ」という要素があることも既報ですが、共に旅へ出ることが判明したフシギダネ、ヒトカゲ、ゼニガメも、メガシンカを成し遂げられることが映像と共に明かされました。

それぞれ、メガフシギバナ、メガリザードン、メガカメックスへとメガシンカし、プレイヤーを大きく助けてくれます。ただしメガシンカには、主人公が身に付けるメガリングと、ポケモンが持っているメガストーンの共鳴が必要であり、そのためには両者の絆が重要な役割を果たすとのことです。

『ポケットモンスター X・Y』の舞台となるカロス地方最大の謎とも言われているメガシンカ。その秘密はまだベールに包まれたままですが、前述の三匹に加え、他のポケモンたちがメガシンカした姿の映像も「Pokemon Direct 2013.9.4」で放映されました。この放送は既に公開されているので、興味がある方は直接チェックしてみてください。


YouTube 動画URL:http://www.youtube.com/watch?v=7nXwuhIiXvo

なおメガシンカに関する映像は、13分8秒辺りからとなります。

最初から2匹のポケモンと共に冒険に出かけられる本作は、懐かしい再会を果たすこともできる一本となりました。懐かしさを覚える方も、全てが新鮮な方も、『ポケットモンスター X・Y』での出会いを存分にお楽しみください。

『ポケットモンスター X・Y』は2013年10月12日発売予定。価格はパッケージ版・ダウンロード版が各4,800円(税込)です。

(C)2013 Pokemon.
(C)1995-2013 Nintendo/Creatures Inc./GAME FREAK inc.
《臥待 弦(ふしまち ゆずる)》

編集部おすすめの記事

特集

任天堂 アクセスランキング

  1. 「噂の『新型ニンテンドースイッチ』に期待する新要素は?」結果発表―価格低下や性能強化、サイズ変更など様々な変化が望まれる!【読者アンケート】

    「噂の『新型ニンテンドースイッチ』に期待する新要素は?」結果発表―価格低下や性能強化、サイズ変更など様々な変化が望まれる!【読者アンケート】

  2. 『ドラゴンクエストビルダーズ2』かつてゴールドラッシュにわいた「オッカムル島」が公開!地下には謎の古代神殿がそびえる…

    『ドラゴンクエストビルダーズ2』かつてゴールドラッシュにわいた「オッカムル島」が公開!地下には謎の古代神殿がそびえる…

  3. 『スマブラSP』戦闘中にステータスを変える「シュルク」―今回は好きなモードに即変更が可能!

    『スマブラSP』戦闘中にステータスを変える「シュルク」―今回は好きなモードに即変更が可能!

  4. 『スプラトゥーン2』使いこなせたらカッコいいブキ10選

  5. 『DARK SOULS REMASTERED』スイッチ版の紹介映像―死にゲーに挑むコツとは?

  6. “本気のオタク”であれ――『ファミスタ』プロデューサーが語るゲーム業界を目指す人の心構えとは

  7. 【特集】『スプラトゥーン2』超初心者を脱するための“戦場の鉄則”8箇条

  8. 『スマブラSP』『時のオカリナ』デザインとなった大魔王「ガノンドロフ」―今回は全てのスマッシュ攻撃で剣を使用!

  9. 『ロックマン11』あるある11選!!ロックマンはやはりトゲで死ぬ運命…?

  10. 【特集】『ゼルダの伝説 BotW』勇者のためのライフハック!冒険がちょっと楽しくなる6項目

アクセスランキングをもっと見る