人生にゲームをプラスするメディア

ユービーアイソフトのJade Raymond氏「現状のAAAタイトル開発体制は持続不可能」

ゲームビジネス 開発

ユービーアイソフト・トロント代表のJade Raymond氏
  • ユービーアイソフト・トロント代表のJade Raymond氏
「多額の予算を伴うAAAタイトルは今後の発展のためにも、例えばF2Pなどを含めた他のビジネスモデルを見出すべきです」と、ユービーアイソフト・トロント代表のJade Raymond氏が、海外メディア「Digital Spy」のインタビューで語っています。

「E3やGDCのようなイベントを訪れるたびに、革新的に見えるものはインディーズゲームからしかもたらされず、一方でビッグタイトルの開発費の高騰がゲームの革新を滞らせているという懸念が浮かび上がります」とRaymond氏は続けています。

ハードの性能が上がるにつれて開発チームの規模も拡大しつつある中、巨額のマネーが動くAAAタイトルの開発スタイルを今後も維持できるのかどうか、非常に疑問であると主張するRaymond氏は「革新的であり続けるためには様々な収益モデルを見つけ出し、一方で開発コストを削減する必要があります」と述べ、現在の開発体制は持続可能ではないことを力説しています。

また、あらゆる側面でゲーム産業の構造が変化している現状においてRaymond氏は「新たなビジネスモデルを模索しなければならない」とし「(AAAタイトルには)F2Pとアイテム課金制を有効活用できる場所が絶対にあります」と語り、ユービーアイソフト(トロント支社)は現在まさにこの課題に取り組んでいることを示唆しています。

この取り組みの鍵となるのはプレイヤー同士の「コミュニティ」作りであり、『Team Fortress 2』がビジネス的にも成功を収めたのはやはり活発なユーザーコミュニティによるものであると指摘しています。しかしながら成功例を単純に後追いするだけで良いはずはなく「注意深く」ゲームとコミュニティの特性を見極めて取り組まなければならないと結んでいます。

奇しくも先日のDyack氏の発言といい、今回のRaymond氏のインタビューといい、ゲーム業界の華ともいえるAAAタイトルについての見解が立て続けに発表され、ますますこの分野の今後の動向に目が離せなくなってきています。
《小寺信夫》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 「Project i Can」コヤ所長&タミヤ室長が語る「アニメIPのVRコンテンツ創りに大切なこと」

    「Project i Can」コヤ所長&タミヤ室長が語る「アニメIPのVRコンテンツ創りに大切なこと」

アクセスランキングをもっと見る