人生にゲームをプラスするメディア

CEDEC2013、Epic Gamesによるセッションのご紹介・・・「Unreal Japan News」第70回

ゲームビジネス その他

アラン・ウィラード氏
  • アラン・ウィラード氏
  • 下田純也氏
  • ロブ・グレイ氏
今年もパシフィコ横浜にて、真夏の恒例イベント「CEDEC 2013」が開催されます(8月21日~23日)。Epic Gamesでは、米国本社から招待セッションに参加するアラン・ウィラードに加え、エピック・ゲームズ・ジャパンのスタッフ2名の協賛セッションを実施致します。

米国のEpic Games本社からは、シニア・テクニカル・アーティスト兼レベルデザイナーのアラン・ウィラードが来日、22日(木)13:30から海外招待セッションとして「Unrealエンジン4の最新デモ「Infiltrator」 コンセプトから公開まで」と題した講演を行います。2013年3月のGDCで公開された「Infiltrator」デモは、プリレンダCGと見紛うばかりのクオリティの高さで、大きな話題を呼びました。



このリアルタイムデモが、14名のアーティストによってたった3か月間で作成されたことは、あまり知られていません。少人数のチームが短期間でこれだけのクオリティのデモを完成させられた秘訣は何なのか?アラン・ウィラードのセッションでは、Infiltratorデモ制作の舞台裏についてお話します。

同時に、Infiltratorデモのビジュアルを支えるアンリアル・エンジン4の表現力について、物理モデルに基づいたマテリアルとライティング、フルシーンのHDRリフレクション、GPUによるパーティクルシミュレーション、アーティストがプログラム可能なテッセレーションとディスプレースメント、動的に明滅するリットパーティクル、タイルドディファーシェーディングによる数千もの動的ライティング等を中心にご紹介していきます。
アーティスト系のお話が中心となりますが、最先端のゲームエンジンに御興味をお持ちの方であればどなたでも満足いただける内容です。

エピック・ゲームズ・ジャパンからは、サポートマネージャーの下田純也と、サポートテクニカルアーティストのロブ・グレイが参加します。
下田のセッションでは、「飛躍的な進化を遂げたアンリアル・エンジン4の最新機能」と題し、最新のゲーム・エンジンで使われている技術や、効率よく高品質なゲームを制作する為の手法、そしてそれらを実現するアンリアル・エンジン4の制作環境や制作方法等についてお話します。主にエンジニアやプログラマ向けのお話が中心となります。

ロブ・グレイのセッションは、「UE4の新機能「ブループリント」なら、コードを書かずにゲームが作れる!」。アンリアル・エンジン4で劇的にパワーアップしたビジュアルスクリプティングツール、「ブループリント」の機能についてご紹介します。プログラムを書かずにロジックを組むことができ、コードの書けない人でもイベントを組めてしまうパワフルなツールです。イベント以外にも、プロシージャルなパーツを作成してバリエーション違いを簡単に追加したり、素早いテストプレイとトライ&エラーが可能になります。最後に、プループリントだけで実際に動くゲームができてしまうことをご覧いただきます。ゲームデザイナーやアーティスト、ディレクター、プログラマーまで、色々なファンクションの方のお役に立つ内容です。

また、今年からエピック・ゲームズ・ジャパンではブース出展も行うこととなりました。
3階展示ブースにて、アンリアル・エンジン4の実物に触っていただくことも可能ですので、是非お立ち寄りください。

22日(木)夜19:30からは、エピック・ゲームズ・ジャパンの提供による恒例の交流イベント「Developers’ Night」も開催されます。アラン・ウィラードやエピック・ゲームズ・ジャパンのスピーカー陣も参加しますので、直接質問をぶつけるチャンス。セッションの後はパーティでアランと握手!
《編集部》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 米ライフル協会「残虐な事件はゲームのせい」小学校乱射事件後、初の記者会見

    米ライフル協会「残虐な事件はゲームのせい」小学校乱射事件後、初の記者会見

  2. ソーシャルゲームの次の市場の形を作っていきたい ― ONE-UP中元社長インタビュー

    ソーシャルゲームの次の市場の形を作っていきたい ― ONE-UP中元社長インタビュー

  3. マジコンの販売に刑事罰を設ける法改正へ・・・年内施行を目指す

    マジコンの販売に刑事罰を設ける法改正へ・・・年内施行を目指す

  4. 2018年7月発売の新作ゲームは何を買う?―注目タイトルまとめ!

  5. 自分のファンを大事にしたゲーム開発で劇的な広告収益を実現・・・『俺の農園と弁当屋』のAlchemister

  6. “推しメン休暇”って実際どうなの?どんなキャラでもいいの?ジークレスト代表&社員にアレコレ聞いてみる

  7. 【CEDEC 2016】アナログゲーム国内躍進のワケ―デジタルゲームと相互に影響しあう関係とは

  8. 9割がお蔵入りする個人制作ゲーム、完成させる秘訣は - IGDA日本SIG-Indie研究会レポート

  9. 【レポート】「Oculus Rift」製品版の開封&セットアップ解説をお届け

  10. ディライトワークス 塩川氏×糸曽教授対談-現役クリエイターが大学で教える理由と業界への危機感を訊く【インタビュー】

アクセスランキングをもっと見る