人生にゲームをプラスするメディア

足利義輝の人物像に迫る!『戦国BASARA4』最新情報や舞台新作も発表された「舞台『戦国BASARA』武将祭2013」(後編)

カプコンは、有明コロシアムにおいて「舞台『戦国BASARA』武将祭2013」を開催。7月13日・昼の部のレポート後編をお届けします。

ソニー PS3
舞台『戦国BASARA』武将祭2013
  • 舞台『戦国BASARA』武将祭2013
  • 『戦国BASARA4』最新情報
  • 声優・池田秀一さんがゲストに登場
  • 足利義輝のセリフを生アフレコ
  • まさかの「老兵」がゲームに登場!?
  • リラックスした雰囲気で行われた「ひな檀バサラ」
  • リクエストによる対戦殺陣・猿飛佐助VS片倉小十郎
  • 竹中半兵衛VS毛利元就
カプコンは、有明コロシアムにおいて「舞台『戦国BASARA』武将祭2013」を開催。7月13日・昼の部のレポート後編をお届けします。


■新キャラクター&戦闘システムが気になる『戦国BASARA4』最新情報
PS3『戦国 BASARA4』の最新情報では、初となるPV映像が公開に。「戦国創生」をテーマに、これまでとは全く異なるストーリーが幕を開けます。伊達政宗と石田三成という2人の主人公のもと、新武将「島左近」「柴田勝家」を加えた4人を主軸とし、敵武将「足利義輝」と繰り広げられる壮大なドラマに期待が高まります。

なかでも、本作より登場となった3人は非常に気になるところ。島左近はサイコロを片手にした陽気で軽快な雰囲気の一方、柴田勝家はその瞳に何も映しておらず、意志がほとんど感じられません。そんな様子に、政宗は何か思うところがあるようでした。ちなみに、特徴的な兜は史実を元にデザインされたそう。また足利義輝は、最高の権力である「王」を自ら手放して乱世を引き起こしたという人物です。彼が望んだのは「誰もが天下を獲れるという世界」のようですが、4人の武将とはどのような関係となるのか気になりますね。

ストーリーやキャラクターはもちろん、組み体操のような陣形を組む兵士達やプレイヤーキャラの周囲に発生する光の輪といった新システムも用意されています。さらにゲーム内では「墨」を使った豪快な演出もあるそうです。これまでPSP向けタイトルのムービーなどでも美しい墨の描写が見られましたが、今回はムービーではなくゲーム中に見られるとのこと。どのようなタイミングで発生するのか楽しみです。

13日・昼の部では、声優の池田秀一さんが登壇。『戦国BASARA4』が初めて発表となったムービーのナレーションでも登場し、本作では足利義輝役としてプレイヤーの前に立ちはだかります。久しぶりに時代劇へ出演したという池田さん。改めて足利義輝というキャラクターを前にして、すごい役をやらせてもらったのだなと感想を述べました。

池田さんによる生セリフと共に、小林プロデューサーが足利義輝というキャラクターについて解説していきます。武器は「笏」と呼ばれる細長い板状のものですが、弓・刀・槍にも変化。新たな時代に「賭ける」という側面からか、ゲーム中のステージ画面にはギャンブルのルーレットを思わせる華美な装飾が施されています。王たる存在にふさわしい豪華絢爛な場所となっており、なかなか足を踏み入れるのも勇気が必要となりそうです。とはいえ公開された足利義輝のセリフには、勝手に踏み込むなと怒ったようにみせかけて、実は怒ってなどいなかったという意外な一面も含まれていました。

最後には、伊達軍に所属して86年(?)という、あの「老兵」が『戦国BASARA4』に登場するというサプライズ情報が飛び出し、ファンからは戸惑いにも似た歓声が巻き起こりました。どうやらゲーム内では顔アイコンとセリフのみで出演するようですが、今後一切情報は出さないとのこと。そうとうゲームをやりこまないと出現しないレアなキャラとなるようですが、伊達軍に関係するのは間違いないでしょう。


■実際の楽屋もこんなノリ?!トークショー「ひな檀バサラ」
スペシャルトークショー「ひな檀バサラ」では、テーマにそって出演者がクロストークを行いました。まずは「楽屋」とのことで、久保田さんが楽屋の状況について話します。中村さんはゲームをするか寝ているかのどちらか、広瀬さんは音楽を流したままどこかへいなくなる、細貝さんはため息ばかりでうるさいと言われ、谷口さんからも「すぐに歌い出してうるさい」、西田さんからは「すぐセンターに割って入る」とツッコミが入ります。一方、信長役・窪寺さんは、自身の「下天!」というセリフを久保田さんが真似をすると言いうと、久保田さんは真似のしすぎで声を枯らしてしまったことを告白します。

話題は「衣装」へと移り、川村さんと玉置さんは、他の出演者の衣装を着せてもらうのが流行ったといいます。玉置さんは三成、川村さんは家康の衣装をフル装備で着たそうですが、男性陣は身長が高いため格好が決まりません。しかし、浅倉さんが演じた宗麟の衣装はぴったり合った上にアイラインの描き方が一緒だそうで「これはライバル出現!」と感じたといいます。

また兜の大きい元就役の小谷さんは、すぐ人の邪魔になってしまったのが大変だったそうです。今川役の塚本さんも、西田さんに「(兜のひらひら部分が)当たってうぜえ!」とついさっき怒られたのだとか。中村さんは着替える際、衣装さんに放っとかれるので「いつまでこの格好でいさせるつもりだ!!」と叫ぶのが恒例だったと周囲に暴露され、実演まで強要されることに。

知念さん演じるかすがの衣装は、今回より胸元部分を改良されていました。これは小林プロデューサーの意向とのことですが、西田氏は「小林さんからゲーム通りに衣装を再現しないとだめだって言われていて、謙信を動きやすくできませんかと相談してもだめだった。でも宝塚のほうはずいぶんアレンジされてた!」と笑いを誘います。ちなみに宝塚歌劇団でのミュージカルでは、幸村は上着の下に白い着物を着ており、謙信は肩周りをはじめ全体的にひらひらとしたシルエットが特長的になっていました。

最後に「こばP」というテーマが挙げられ、お腹が空いている夜中に美味しそうな食べ物の写真をTwitterに投稿するといったささやかな文句から、熱心に舞台の稽古を見ていたことまで明らかとなりました。なかでも左利きの小十郎を演じた吉田さんは、殺陣の最中に一度だけ右手を使う部分があった際、しっかり注意を受けたのが思い出深かった様子。今では舞台の出演者と個人的にご飯に出かけたり、LINEで連絡を取り合ったりする仲になったそうです。

このほか、ずっと座っていないといけない大谷役の新田さんは、実はとてもアクションが得意なのにと西田氏が少し残念そうに語る場面も。いつか「立って動く大谷」が見られる日が来るかもしれません。セリフのない風魔役の高橋さんは、普段マイクを取り付ける時に寂しそうに待っており、こっそり「喋りてー!」と発声練習をしていたそうです。コーナー中に1度だけ「はい!」返事をしましたが、幕間に登場した際も常に「…」と表示されるだけで無言を貫いていました。さらに、舞台「戦国BASARA」に第1回から出演している村田さんは、今でこそ恒例となった宴会芸も初演は千秋楽しかやらなかったことを振り返ります。


■夢の対決が実現!ファンの要望に応えた対戦殺陣
ファンから要望のあった対決をおこなう「リクエストによる対戦殺陣」のコーナーでは、6位の「猿飛佐助VS片倉小十郎」、7位の「竹中半兵衛VS毛利元就」、スペシャルとして「織田信長VSお市」、さらに山本真ディレクターによるリクエストの「武田道場」が披露されました。こちらは舞台「戦国BASARA3 宴」で実施されたアンケートによるもので、全ての順位は7月15日に舞台公式サイトで公開される予定です。

佐助と小十郎は、これまで何度となく舞台に登場しているものの、政宗や幸村のために戦っていることが多くありました。直接対戦は意外と少なかったため、リクエストが挙がったのかもしれませんね。主に勝るとも劣らない強さながら、普段は一歩引いた場所にいる2人。ゲーム中でもなかなか見られない、本気でぶつかり合う姿を見ることができました。

本来、半兵衛と元就の戦いとは、策によってぶつかり合うこと。そんな2人が直接対決をしたら、どちらに軍配が上がるのはファンとしては気になるところでした。体調面に難のある半兵衛がやや不利に見られましたが、お互い一歩も引かないバトルは興奮の連続です。

織田信長とお市という兄妹対決では、お市が圧倒的な薙刀さばきで信長を追い詰めます。普段はどこか儚い印象の強いお市ですが、ゲーム中では兄妹そろって「是非もなし!!」と叫ぶ場面もあり、とくに『戦国BASARA3』では信長との対決に欠かせない存在でした。妖艶で美しいお市の姿から一変、恐ろしいほどの低音を発しながら信長に斬りかかる様は、やはり魔王の妹君といったところ。しかし信長は、そんなお市をいとも簡単にねじ伏せてしまうのでした。

山本ディレクターのリクエストでは、あの「武田道場」が再現されました。もちろん火男仮面や天狐仮面も登場しましたが、やはり幸村は最後までその正体に気づきません。また、今回は家康も参戦。幸村の槍を華麗に操り、いつもとは異なる立ち振る舞いでファンを魅了しました。「虎の魂」をもつ三者が揃ったというのも、なかなか貴重なシーンだったように思えます。


■2本立ての新作舞台は11月よりスタート!チケットも間もなく販売開始
11月1日より、舞台「戦国BASARA3 宴弐」‐凶王誕生×深淵の宴‐が東京・名古屋・大阪の三都市で公演決定。舞台「戦国BASARA3 宴」の千秋楽で発表になって以降、詳細を楽しみにしていたファンをも多かったのではないでしょうか。今回は初の2本立てとなっているほか、殿堂入りとなった久保田さん、細貝さんに代わり、伊達政宗役に滝川英治さん、真田幸村役に吉岡佑さんが加わります。もちろん石田三成役・中村さんや片倉小十郎役・吉田さん、猿飛佐助役・村田さんといったお馴染みのキャストも出演者。これまでアンサンブルで活躍していた金田進一さん・遠藤誠さん・白崎誠也さんによる「三好三人衆」も気になるところです。

このほか、豊臣秀吉役・小田井さん、毛利元就役・小谷さん、黒田官兵衛役・白川さん、上杉謙信役・AKIRAさん、かすが役・知念さん、雑賀孫市役・八代さん、風魔小太郎役・高橋さん、大谷吉継役・新田さんがキャストとして登場します。

チケットの販売は、7月22日にオフィシャルファンクラブ「英雄の会」から順次スタートしていきます。完売も予想されますので、早めに申し込みしておきましょう。
《近藤智子》

編集部おすすめの記事

特集

ソニー アクセスランキング

  1. 『じんるいのみなさまへ』は本当にハートフル日常系百合なのか、百合愛好家が菅沼Pを小一時間問い詰めてみた

    『じんるいのみなさまへ』は本当にハートフル日常系百合なのか、百合愛好家が菅沼Pを小一時間問い詰めてみた

  2. 『イースIX -Monstrum NOX-』物語のカギを握る「アプリリス」や新キャラクター達が公開!シリーズとのデータ連動特典も

    『イースIX -Monstrum NOX-』物語のカギを握る「アプリリス」や新キャラクター達が公開!シリーズとのデータ連動特典も

  3. 『モンハン:アイスボーン』第1回βテストの感想を一挙公開!約半数が第一印象は「最高!」と回答、新要素にも好意的な意見が集まる

    『モンハン:アイスボーン』第1回βテストの感想を一挙公開!約半数が第一印象は「最高!」と回答、新要素にも好意的な意見が集まる

  4. 『Apex Legends』シーズン2ローンチトレイラーが間もなく公開!

  5. 「『モンハン:ワールド』で一番最初にやられたモンスターは?」結果発表─1/3以上のハンターが倒れた強敵が判明!

  6. 7月のPS Plus、フリープレイは『ウイニングイレブン2019』『カリギュラオーバードーズ』!

  7. 『モンハン:ワールド』オンラインデビューを考えているハンターへ! マルチの前に知っておきたい10のポイント

  8. 『新サクラ大戦』新キャラ4名&新メカニック公開!イベントシーンや劇場内部を紹介した実機プレイ映像も盛り沢山【生放送まとめ】

  9. 「ワンパンマン」初の家庭用ゲーム発表!サイタマやジェノスが3vs3の熱い闘いを繰り広げる

  10. 『モンハンワールド:アイスボーン』辻本氏&藤岡氏インタビュー!「追加モンスターはこれだけではない」

アクセスランキングをもっと見る

1