人生にゲームをプラスするメディア

【WHF 2013夏】『ピクミン3』をたっぷりプレイできた任天堂ブースレポ ― 国内初プレイアブルに長蛇の列

今回の次世代ワールドホビーフェアで任天堂は、この夏に発売するWii U新作『ピクミン3』と『New スーパールイージU』を出展。特に『ピクミン3』は国内で初プレイアブル、発売前に遊べる唯一のチャンスという事で、180分待ちという長蛇の列が発生していました。

任天堂 Wii U
今回は国内初プレイアブルとなる『ピクミン3』と、既にダウンロード版は配信中の『New スーパールイージU』を出展
  • 今回は国内初プレイアブルとなる『ピクミン3』と、既にダウンロード版は配信中の『New スーパールイージU』を出展
  • 注目はやはり『ピクミン3』です
  • パンフレットも配布していました
  • パンフレット裏面
  • 内面にはゲーム概要を簡単にまとめた内容でした
  • 『New スーパールイージU』も人気でした
  • 任天堂ブースは『ピクミン3』のアートワークで彩られていました
  • チャレンジモードを体験。7分を2回、計14分プレイすることができました
今回の次世代ワールドホビーフェアで任天堂は、この夏に発売するWii U新作『ピクミン3』と『New スーパールイージU』を出展。特に『ピクミン3』は国内で初プレイアブル、発売前に遊べる唯一のチャンスという事で、180分待ちという長蛇の列が発生していました。

任天堂ブースでは『ピクミン3』と、既にダウンロード版が配信中の『New スーパールイージU』の2タイトルを試遊することができ、それぞれ体験者にはクリアファイルがプレゼント。さらに『ピクミン3』のプレイでコインを500枚集めた人にはポストカード3枚、800枚以上集めた人にはポストカード5枚もプレゼントされました。

制限時間7分のミッションモードを2回挑戦することができ、合計14分遊ぶことができました。先日放送された「ピクミン3 Direct 2013.6.26」で松本人志さんもプレイしていたステージと同じで、赤ピクミンと岩ピクミンを使って、得点となるフルーツ等を持ちかえって7分間でどれだけスコアを稼げるかというものでした。

任天堂ブースではE3で公開した最新映像も会場内にあるモニターで上映。今後発売されるWii Uタイトルの中から『スーパーマリオ3Dワールド』『マリオカート8』『ゼルダの伝説 風のタクトHD』『ドンキーコング トロピカルフリーズ』、そして『大乱闘スマッシュブラザーズ for Wii U/for 3DS』がピックアップされ、子供たちの注目を集めていました。
《》

編集部おすすめの記事

特集

任天堂 アクセスランキング

  1. 『マリオカート8 デラックス』初心者ドライバーが勝つための8つのポイント

    『マリオカート8 デラックス』初心者ドライバーが勝つための8つのポイント

  2. 『あつまれ どうぶつの森』島の名前アイデア50選!命名に迷っている人は要チェック

    『あつまれ どうぶつの森』島の名前アイデア50選!命名に迷っている人は要チェック

  3. 太ももに釣られて『ライザのアトリエ2』を始めた筆者が、つい前作に手を伸ばしたシンプルな理由ー回り道こそ贅沢な幸せ

    太ももに釣られて『ライザのアトリエ2』を始めた筆者が、つい前作に手を伸ばしたシンプルな理由ー回り道こそ贅沢な幸せ

  4. 『スマブラSP』これさえ読めば超初心者も戦える!大乱闘の基本を5項目でチェック

  5. 『ポケモンHOME』の使い方を解説!スイッチ版・スマホ版の基本設定から『ポケモンバンク』の移動方法も

  6. 『あつまれ どうぶつの森』を親子や友達とプレイする方法は?必要な本体・ソフト数など、マルチプレイ周りの内容を解説!

  7. 『あつまれ どうぶつの森』定番からオンリーワンまで大集合!皆が付けた「島の名前」約60個を紹介【読者アンケート】

  8. 【特集】『ゼルダの伝説 BotW』勇者のためのライフハック!冒険がちょっと楽しくなる6項目

  9. 『あつまれ どうぶつの森』マルチプレイをさらに楽しむ10のコツ! 準備しておけば一緒に遊ぶのがさらに楽しく

  10. “ニーサン”黒田勇樹×小川満鈴が語るレトロトーク!俳優業が忙しすぎて一人で黙々と遊んだ『ドラゴンボールZ 超武闘伝』編

アクセスランキングをもっと見る