人生にゲームをプラスするメディア

【カジュアルコネクトアジア2013】あなたのゲームをブランドにする4つの方法・・・『Pig Rush』開発者が語るアプリ市場の傾向と対策

ヒットゲームを作るのは非常に大変ですが、ヒットゲームの続編を作り、ブランドとして育てていくのは、もっと大変です。しかし、星の数ほどアプリがあり、F2Pタイトルが主流になりつつある中では、この重要性は明らかでしょう。

ゲームビジネス その他
【カジュアルコネクトアジア2013】あなたのゲームをブランドにする4つの方法・・・『Pig Rush』開発者が語るアプリ市場の傾向と対策
  • 【カジュアルコネクトアジア2013】あなたのゲームをブランドにする4つの方法・・・『Pig Rush』開発者が語るアプリ市場の傾向と対策
  • 【カジュアルコネクトアジア2013】あなたのゲームをブランドにする4つの方法・・・『Pig Rush』開発者が語るアプリ市場の傾向と対策
  • 【カジュアルコネクトアジア2013】あなたのゲームをブランドにする4つの方法・・・『Pig Rush』開発者が語るアプリ市場の傾向と対策
  • 【カジュアルコネクトアジア2013】あなたのゲームをブランドにする4つの方法・・・『Pig Rush』開発者が語るアプリ市場の傾向と対策
  • 【カジュアルコネクトアジア2013】あなたのゲームをブランドにする4つの方法・・・『Pig Rush』開発者が語るアプリ市場の傾向と対策
  • 【カジュアルコネクトアジア2013】あなたのゲームをブランドにする4つの方法・・・『Pig Rush』開発者が語るアプリ市場の傾向と対策
  • 【カジュアルコネクトアジア2013】あなたのゲームをブランドにする4つの方法・・・『Pig Rush』開発者が語るアプリ市場の傾向と対策
  • 【カジュアルコネクトアジア2013】あなたのゲームをブランドにする4つの方法・・・『Pig Rush』開発者が語るアプリ市場の傾向と対策
ヒットゲームを作るのは非常に大変ですが、ヒットゲームの続編を作り、ブランドとして育てていくのは、もっと大変です。しかし、星の数ほどアプリがあり、F2Pタイトルが主流になりつつある中では、この重要性は明らかでしょう。

シンガポールで開催された「カジュアルコネクトアジア」で5月22日、ReignDesignのAnna Grueter女史は「How to Build a Brand from Your Game」と題した講演で、自社の戦略を語りました。

上海で2009年に起業した同社は、『Pig Wish』というiOS/Androidアプリで累計400万ダウンロードを達成しました。ビジネスモデルはF2Pで、マンスリーアクティブユーザーは25万人。画面をタップしながら障害物を避け、できるだけ遠くまでPigを導くことが目的のカジュアルゲームです。現在続編の『Pig Wish 3000』が準備されています。

続編にあたり、同社はアップストアのトップ100アプリを調査しました。それによると完全オリジナルは1割未満で、ほとんどが定番アプリか、続編だったといいます。それらをつぶさに調査したところ、以下の傾向と対策が導き出されました。

1:続編ではなく、アップデートで対応
多くの定番アプリでとられている手法です。ヒット作には特定のファンコミュニティが形成されます。特にF2Pゲームでは、ユーザーのデータベースがビジネスに直結します。しかし、安易に続編をリリースすると、このコミュニティが分断されてしまいます。F2Pゲーム向けの戦略ですが、課金アプリであっても、継続的なアップデートでコミュニティを活性化させ、口コミを増やしていけます。この方策によって、ゲームの商品寿命を延ばすこともできます。

2:ゲームメカニクスが共通な続編
ゲームメカニクスをブランド化して、派生タイトルに広げていく戦略です。もっともゲームメカニクスは遊んでみるまでわからないため、まずはタイトルの一部を流用したり、やグラフィックテイストを似せたり、魅力的なアイコンをアレンジするなどして、ゲームメカニクスの外側にブランドを作っていきましょう。その上でユーザーの目を引き、遊んでもらい、ファンになってもらうのです。

強力なゲームメカニクスはキャラクターやストーリーよりも、大きな効果をユーザーにもたらします。 ゲーム内にソーシャル要素を持っていないタイトルにも適しています。 派生ゲームが増えたら、各々のユーザーにまとめてプロモーションする戦略も有効です。これもF2P向けの方策です。

3:実質的な続編(パート2、3など)
マネタイズ戦略を変えたり、ゲームメカニクスをアップデートしたり、グラフィックテイストを変えたりといった場合は、実質的な続編製作を行うことになります。ゲームが他社に買収された場合も同様でしょう。幸い続編のリリースはメディアに取り上げてもらう好機です。積極的にプロモーションを行い、口コミ効果を広げましょう。ただしユーザーコミュニティを分断してしまうため、課金タイトル向けの方法です。

4:テーマが共通な続編
同じキャラクターを違う世界で活躍させましょう。続編は一般的に複雑になるものですが、よりニッチになってしまうので、内容をシンプルにするほうが良いかもしれません。特に前作がアップストアのセールスランキングでピークの時に続編を投入すると効果的です。この戦略をとる場合は、リリースのタイミングが重要なのです。この戦略は課金タイトル向けで、ムーブメントを作り上げ、IPを強固にしてくれます。

Anna Grueter女史はこのように分析した後で、『Pin Rush』は▽F2Pゲームで、ユーザーのデータベースを数年かけて育て上げてきた▽プレミアムなカジュアルゲームである▽ゲームメカニクスとビジュアルスタイルをアップデートしたいーーという理由から、(3)の実質的な続編戦略をとるものの、(1)の要素をとりいれ、「同じApp IPで、オリジナルのユーザーデータベースを引き継ぐ」形で開発を進めることにしたと語りました。またグッズ開発も同時に進めていることを明かしました。

もっとも、これらは同社がセールスランキングなどから導き出した、「壮大な仮説」にすぎません。はたしてこの戦略がうまく行くかどうか、『Pig Rush 3000』のリリースを期待して見守りましょう。
《小野憲史》

編集部おすすめの記事

特集

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 2018年10月発売の新作ゲームは何を買う?―注目タイトルまとめ!

    2018年10月発売の新作ゲームは何を買う?―注目タイトルまとめ!

  2. 今週発売の新作ゲーム『無双OROCHI3』『FIFA 19』『英雄伝説 閃の軌跡IV THE END OF SAGA』『すばらしきこのせかい Final Remix』他

    今週発売の新作ゲーム『無双OROCHI3』『FIFA 19』『英雄伝説 閃の軌跡IV THE END OF SAGA』『すばらしきこのせかい Final Remix』他

  3. 『アズールレーン』ケッコンVRでフッドさんとハッピーウェディング【レポート】

    『アズールレーン』ケッコンVRでフッドさんとハッピーウェディング【レポート】

  4. 見落としや煩雑さが激減し、プロジェクト進捗管理が円滑に――『コトダマン』制作過程における「SHOTGUN」導入事例【CEDEC 2018】

  5. 【レポート】VR空間を自分の足で移動するリアルFPS「ZERO LATENCY VR」ジョイポリスに誕生!そう、これがやりたかったんだよ…

  6. 狂気のホラー『Year Of The Ladybug』主人公は連続殺人犯…日本語字幕トレイラー公開

  7. グリーとDeNAが独占禁止法違反と名誉毀損について和解したことを発表、今後は業界のために協力

  8. 【CEDEC 2017】日本とベトナムのゲーム共同開発の要は「チームとなること」―GIANTYセッションレポート

  9. 【CEDEC 2017】AIは『人狼』をプレイできるのか!?カオスな人間vs AI戦も展開されたセッションレポ

  10. BBCで放映された任天堂ドキュメンタリー詳細+画像

アクセスランキングをもっと見る