人生にゲームをプラスするメディア

マーベラスAQL、コンシューマもオンラインも好調な通期業績を発表

ゲームビジネス 市場

マーベラスAQLが発表した平成25年3月期の連結業績は、売上高175億7900万円(+68.6%)、営業利益23億2900万円(+123.0%)、経常利益23億2500万円(+126.9%)、当期純利益19億1900万円(△45.7%)と売上高が伸びたことから好調な数字となりました。

ソーシャルゲーム市場が成長を続け、家庭用ゲーム市場もほぼ横ばいを維持、特にニンテンドー3DSの販売が好調に推移した前期、マーベラスAQLとしてもオンライン事業とコンシューマ事業の双方が大きく拡大。厳しい環境となっている音楽・映像分野も音楽ソフト市場が回復を見せ、映像ソフトについてもブルーレイディスク市場が成長したとのこと。

オンライン事業では人気を継続しているPCブラウザゲーム『ブラウザ三国志』『ブラウザプロ野球』『剣と魔法のログレス』などの主力に加えて、モバイルゲームでも『一騎当千バーストファイト』『閃乱カグラNewWave』が順調な立ち上がりだったとのこと。一方で著名クリエイターを招いたスーパークリエイターズシリーズなど一部タイトルの中止を行ったとのこと。売上高は前々期と36億9200万円から大きく伸び72億6900万円、営業利益は6億6500万円となりました。

コンシューマ事業も、『閃乱カグラ Burst -紅蓮の少女達-』(3DS)、『閃乱カグラ SHINOVI VERSUS -少女達の証明-』(PSVita)がヒットしたほか、『ルーンファクトリー4』(3DS)、『フェイト/エクストラCCC』(PSP)、『朧村正』(PSVita)も好調だったとのこと。受託開発の『ソウル・サクリファイス』(PSVita)やアミューズメント筐体の「ポケモントレッタ」も好調だったようです。売上高は70億5900万円、営業利益18億1900万円でした。こちらも前々期を大きく上回る業績でした。

今期は売上高185億円、営業利益22億円、経常利益21億3000万円、当期純利益12億9000万円と今期並みの業績を見込みます。
《土本学》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 京都・河原町の洒落た喫茶店は新たなVRゲームを生み出す秘密基地!? 「THE VR ROOM KYOTO」訪問レポート

    京都・河原町の洒落た喫茶店は新たなVRゲームを生み出す秘密基地!? 「THE VR ROOM KYOTO」訪問レポート

  2. 癒し系VR『あらいぐまラスカル』が東京ソラマチ店に登場-隠れたラスカルを探し出そう

    癒し系VR『あらいぐまラスカル』が東京ソラマチ店に登場-隠れたラスカルを探し出そう

  3. 名タイトルで知るFPSの歴史(1)

    名タイトルで知るFPSの歴史(1)

  4. 「エロマンガ先生」山田エルフ大先生とお昼寝できるVRアプリ登場! 先行版ではツイスターゲームも

  5. マリオファクトリー南柏店レポート

  6. ミクシィXFLAG スタジオに訊くゲーム開発現場での“業務効率化”-我々が『SHOTGUN』を導入したワケ

  7. 今週発売の新作ゲーム『Forza Motorsport 7』『ドラゴンズドグマ:ダークアリズン』『ニンテンドークラシックミニ スーパーファミコン』他

  8. 北欧からやってきたゲーム開発ツール・・・ハンソフトとユニティーが都内でプレゼン

  9. Cygames、ウメハラ氏ら所属のプロチーム「Cygames Beast」を発足

  10. 【CEDEC 2013】アメリカでゲームを売るには子どもの頃からの「刷り込み」が効果的!? 2K Gamesの小島氏が語る「アメリカのゲームスタジオで働いて学んだこと」

アクセスランキングをもっと見る