人生にゲームをプラスするメディア

ジェームス・ボンドはゲーマー?

ゲームビジネス その他

先日MGMとの契約を3作品延長した、ジェームス・ボンドを演じるダニエル・クレイグはどうやらゲーマーのようです。深いストーリーが描かれるタイトルや、銃で撃つようなゲームが好みのようで、『Halo』や『グランドセフトオート: バイスシティ』といった少しバイオレントなゲームも遊ぶようです。

「携帯電話の電源を切って、誰にも合わずに、遊ぶ時間は最高です。あまり時間がなくても、ゲームをして時間を潰すと思います」

ただし、主演し非常に高い評価を受けた「007カジノロワイヤル」もゲーム化されていますが、残念な事にゲーム版には余り関わらなかったそうです。

「最初にボンドの契約をしたときはまだ全然ゲームをやらなかったんです。ゲームの開発者には"くだらないゲームが多過ぎるから、是非いいゲームを作って下さいね"って言ったんだけどね」

ということで次回作はボンドの監修も入った素晴らしいゲームが期待できそうです。
《土本学》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 【特集】『東方Project』商業・海外展開の裏側、その背景には時代の変化が

    【特集】『東方Project』商業・海外展開の裏側、その背景には時代の変化が

  2. 並列化時代の今、CUDAでGPUを使いこなすには―シリコンスタジオの開発者とNVIDIA担当者に訊く【読者プレゼントあり】

    並列化時代の今、CUDAでGPUを使いこなすには―シリコンスタジオの開発者とNVIDIA担当者に訊く【読者プレゼントあり】

  3. 企画とデザインのキャッチボールで生まれた『グランブルーファンタジー』の稀有な開発体制―春田康一プロデューサーと皆葉英夫氏に聞いた

    企画とデザインのキャッチボールで生まれた『グランブルーファンタジー』の稀有な開発体制―春田康一プロデューサーと皆葉英夫氏に聞いた

  4. 『プロジェクト巨影都市(仮)』開発エンジンにシリコンスタジオ「OROCHI 3」採用…スタッフからコメントも到着

  5. カプコン、2017年3月期連結業績は『バイオ7』『モンハン』などで増収増益

  6. ポケモンはここで作られる!ゲームフリーク訪問記(前編)

  7. ゲーム会社の就職に求められるポートフォリオとは?現役クリエイターが学生に指導

  8. 「トイザらス エクスプレス」全国6店舗オープン ― クリスマスシーズン向けに期間限定で

  9. 5歳の少年、ゲームでパニックに−母親はゲーム機を返品

  10. 『モンハン』の新TCGが発売決定!最新のラフイラストも公開

アクセスランキングをもっと見る