人生にゲームをプラスするメディア

【GDC 2013 報告会】ハードルは高くない!GDC旅行記2013・・・中林寿文氏

ゲームビジネス その他

【GDC 2013 報告会】ハードルは高くない!GDC旅行記2013・・・中林寿文氏
  • 【GDC 2013 報告会】ハードルは高くない!GDC旅行記2013・・・中林寿文氏
  • 【GDC 2013 報告会】ハードルは高くない!GDC旅行記2013・・・中林寿文氏
  • 【GDC 2013 報告会】ハードルは高くない!GDC旅行記2013・・・中林寿文氏
  • 【GDC 2013 報告会】ハードルは高くない!GDC旅行記2013・・・中林寿文氏
  • 【GDC 2013 報告会】ハードルは高くない!GDC旅行記2013・・・中林寿文氏
  • 【GDC 2013 報告会】ハードルは高くない!GDC旅行記2013・・・中林寿文氏
  • 【GDC 2013 報告会】ハードルは高くない!GDC旅行記2013・・・中林寿文氏
  • 【GDC 2013 報告会】ハードルは高くない!GDC旅行記2013・・・中林寿文氏
国際ゲーム開発者協会日本(IGDA日本)は4月13日に毎年、好例となっているGDC2013報告会を開催しました。本会合でサイバーズ株式会社代表取締役社長/IGDA副理事の中林寿文氏は「GDC旅行記2013」と題して、IGDAが行なっているGDC参加へのサポートについて報告しました。

コミュニティーサービスやソーシャルゲームの開発支援を行なっている中林氏は、今年からIGDAの副理事を務めています。IGDAではGDA参加者向けのツアーや福島Game Jamなどを企画・運営しています。

中林氏自身のGDC参加の目的はソーシャルアプリ、スマートフォン向けサービスの動向調査にありました。しかしながら、様々なセッションに参加したところ、「ソーシャルゲームなんて古い!これからはFree To Playだ!」という内容のものが多く、肝心の中身もソーシャルゲームがブームであった去年とほとんど変わっていなかったそうです。

そのため、今回の報告ではIGDAが行ったGDC参加者のためのツアーの内容について具体的な説明がされました。12月頃に旅行会社にGDC参加者のためのツアーに協力してもらい、日本人参加者向けのFacebookグループも立ち上げました。最終的に139名が登録。Facebook上で事前にGDCのための情報交換が行われました。

このツアーの特徴は、ホテルから会場までのバスでの送迎を行うなど、GDCに特化した点です。また3月というハイシーズンの中でコストを抑えることでも努力したそうです。気になるコストですが、エアチケットとホテル代で21~25万、GDCのパスがIGDAのディスカウントを通して12万円、その他食費などを諸々含めて約40万円になったそうです。

ツアーの日程は、GDCが始まる25日の前日24日の朝に現地のサンフランシスコに到着。5日間のGDCを終え、次の日の昼にサンフランシスコを経つという形です。GDCが始まる前の24日はサンフランシスコの名所を回り、最終日はシリコンバレーを訪れるなど観光も楽しんだそうです。また最終日の夜には、現地のベンチャー企業がホストになる形でIGDAの日本人参加者交流会も行われました。

このようにIGDAでは日本のGDC参加者を様々な形でサポートしています。パスのディスカウントから交流会の企画、さらに業種を問わず現地の企業とのパートナーシップを積極的に検討していくそうです。

また今年の8月3日~4日に行われる福島Game Jam2013は、会場を南相馬と郡山の2つに、定員も120名まで増やしたそうです。その他にサテライト会場も現在募集中です。行政である福島県南相馬市との連携、ゲーム関連企業の協賛により、開発者の方々のサポートを行なう予定になっています。
《中村彰憲》

編集部おすすめの記事

特集

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 今週発売の新作ゲーム『ストリートファイターV アーケードエディション』『マリオ+ラビッツ キングダムバトル』『死印』他

    今週発売の新作ゲーム『ストリートファイターV アーケードエディション』『マリオ+ラビッツ キングダムバトル』『死印』他

  2. 【GDC 2015】App StoreやGoogle Playでフィーチャーされる秘訣は「ビックマック」にあり!?

    【GDC 2015】App StoreやGoogle Playでフィーチャーされる秘訣は「ビックマック」にあり!?

  3. 企画とデザインのキャッチボールで生まれた『グランブルーファンタジー』の稀有な開発体制―春田康一プロデューサーと皆葉英夫氏に聞いた

    企画とデザインのキャッチボールで生まれた『グランブルーファンタジー』の稀有な開発体制―春田康一プロデューサーと皆葉英夫氏に聞いた

  4. 『V!勇者のくせになまいきだR』『勇なま』10周年にちなみ「10円引き」特別セール実施!

  5. 子供たちが3Dプリンターでオリジナルキーホルダーを制作、ネクソンらが「みらいクリエイターズプロジェクト」開催

  6. 【CEDEC 2014】知っておきたいゲーム音楽著作権、JASRACが教える有効な利用法

  7. 【女の子もゲームしよう】第26回 『グーの惑星』カフェと自宅から生まれたWiiウェア

  8. 【CEDEC 2017】ゲームの特許は難しくない!だれでもわかる効果的なゲーム特許の取得方法

  9. なぜ「アイカツ」のライブ映像は、ユーザーを魅了するのか…製作の裏側をサムライピクチャーズ谷口氏が語る

  10. 国内ゲーム人口は4,336万人、家庭用ゲーム機所有者数も明らかに ― 2016CESA一般生活者調査報告書

アクセスランキングをもっと見る