人生にゲームをプラスするメディア

【GDC 2013】Q-Gamesディラン・カスバート氏が『スターフォックス』で得た「アイデアを制限する」デザイン論

GDC二日目、「ゲームデザインの閉塞」というテーマで講演を行った、キュー・ゲームス(Q-Games)の代表取締役ディラン・カスバート氏(Dylan Cuthbert)。

ゲームビジネス その他
【GDC 2013】Q-Gamesディラン・カスバート氏が『スターフォックス』で得た「アイデアを制限する」デザイン論
  • 【GDC 2013】Q-Gamesディラン・カスバート氏が『スターフォックス』で得た「アイデアを制限する」デザイン論
  • 【GDC 2013】Q-Gamesディラン・カスバート氏が『スターフォックス』で得た「アイデアを制限する」デザイン論
  • 【GDC 2013】Q-Gamesディラン・カスバート氏が『スターフォックス』で得た「アイデアを制限する」デザイン論
  • 【GDC 2013】Q-Gamesディラン・カスバート氏が『スターフォックス』で得た「アイデアを制限する」デザイン論
  • 【GDC 2013】Q-Gamesディラン・カスバート氏が『スターフォックス』で得た「アイデアを制限する」デザイン論
  • 【GDC 2013】Q-Gamesディラン・カスバート氏が『スターフォックス』で得た「アイデアを制限する」デザイン論
  • 【GDC 2013】Q-Gamesディラン・カスバート氏が『スターフォックス』で得た「アイデアを制限する」デザイン論
  • 【GDC 2013】Q-Gamesディラン・カスバート氏が『スターフォックス』で得た「アイデアを制限する」デザイン論
GDC二日目、「ゲームデザインの閉塞」というテーマで講演を行った、キュー・ゲームス(Q-Games)の代表取締役ディラン・カスバート氏(Dylan Cuthbert)。

京都を拠点にする独立系スタジオという立場でありながら、業界に長く身を置くベテランというだけあって、広い会場はほぼ満席。カスバート氏は、任天堂の宮本茂氏にまつわる興味深い開発エピソードを明かしました。

カスバート氏は、Argonaut Software時代に『Starglider 2』(PC)や『スターフォックス』(N64)『X』(GB)といった作品に関わり、2001年に創設したQ-Gamesでは、PSNの『PixelJunk』シリーズ、そして3DS『スターフォックス64 3D』などをデザイン。最新作の『Pixel Junk Inc,』は実に20作目に当たるそうです。

その長きにわたる開発経験で学び取り入れているのが、“にあるデザインのアイデアを壊して制限(Occlusion 塞ぐ/閉塞する)し、そこから新たなアイデアを発見する”というもの。

まだ十代という若さで日本を訪れ、任天堂と共に新作スペースシューターをデザインしていたというカスバート氏。ゲームの内容は、氏がそれ以前(1988年)に手がけた『Starglider 2』を基にしたもので、一人称視点で3D空間をフリーローミング可能という、当時の技術レベルとしては最先端のシステム。

しかし開発の経過が思わしくなく、ある日、宮本茂氏が現れると、フリーローミングシステムを廃止してオンレールのスクリプトイベント型システムに変更するよう指示。さらに1人称から3人称視点に変更を要求。この結果、出来上がったのがSFCの名作『スターフォックス』です。

カスバート氏はその当時生意気な若いプログラマーで、宮本氏の指示を冗談じゃないと内心考えたそうですが、言語の壁もあり、仕方なく受け入れることに。こうしたデザインの制限によりゲームに以下のような変化が生まれました。

■ フリーローミング(3Dフライト) → オンレール(2Dフライト)
・より洗練・調整された操作性が実現。
・Barrel Roll(旋回)が誕生。
・エピックなボス戦がより作りやすくなった。
・二次的効果: フレームレートが上昇

■一人称視点 → 三人称視点
・建物やオブジェクト間をかいくぐって操作。
・翼のダメージ。縦方向の翼の調節。
・Barrel Rollが視覚的、直感的に。

■3Dマップ → イベントシステム
・敵のエンカウントをスクリプトする自由度が生まれた。
・オブジェクト生成システムのトリガー。
・開発時間を早めた。

作ったアイデアを壊すのは一見不利なことにも思えますが、そうすることで、陰に隠れていたより良い新しいアイデアが見つかるかもしれない。壊したアイデアはいつでも復活することもできる。これがカスバート氏が『スターフォックス』で得た教訓です。



このデザイン論は、おなじみ『PixelJunk』シリーズでもしっかり取り入れられている点が紹介。講演の最後には、Q-GamesのSteam向け最新作である『PixelJunk Inc,』のティーザートレイラーが初披露され、会場は拍手に包まれました。
《谷理央》

編集部おすすめの記事

特集

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 2018年10月発売の新作ゲームは何を買う?―注目タイトルまとめ!

    2018年10月発売の新作ゲームは何を買う?―注目タイトルまとめ!

  2. タニタが「ツインスティック・プロジェクト」に再挑戦!前回の反省を踏まえ、より高性能な商品を目指す

    タニタが「ツインスティック・プロジェクト」に再挑戦!前回の反省を踏まえ、より高性能な商品を目指す

  3. 2018年8月発売の新作ゲームは何を買う?―注目タイトルまとめ!

    2018年8月発売の新作ゲームは何を買う?―注目タイトルまとめ!

  4. 今週発売の新作ゲーム『ソウルキャリバーVI』『END OF ETERNITY 4K/HD EDITION』『DARK SOULS REMASTERED』『無双OROCHI3』他

  5. 2018年9月発売の新作ゲームは何を買う?―注目タイトルまとめ!

  6. 「CEDEC 2018」で存在感を放ったリアルタイムアンケートシステム「respon」の魅力とは

  7. 2周年を迎えた「PSVR」に読者からコメント─「最高に楽しい!」「名作インディーゲームの宝庫」「課題は多し」など、賞賛から指摘まで【アンケート】

  8. CC2が新プロジェクトを発表―復讐をテーマにした新作3タイトルの情報が公開!

  9. 【TGS2015】中国で成功するスマホゲームに必須の「VIPシステム」とは? 『ウチ姫』も展開するKONGZHONG JPに聞いた

  10. 高知県、「平成の海援隊」結成ーゲームや玩具など多事業で地域活性を目指す

アクセスランキングをもっと見る