人生にゲームをプラスするメディア

Valveもやって来る日本初のインディーズ開発者向けイベントBit Summitが京都で明日開催

ゲームビジネス その他

Valveもやって来る日本初のインディーズ開発者向けイベントBit Summitが京都で明日開催
  • Valveもやって来る日本初のインディーズ開発者向けイベントBit Summitが京都で明日開催
  • Valveもやって来る日本初のインディーズ開発者向けイベントBit Summitが京都で明日開催
日本では初となるインディーズをテーマにした開発者とメディア向けイベントBit Summitが明日3月9日に京都で開催されます。

国内のインディーズゲーム開発者たちが多く集まる今回のイベントには、海外からも複数の有名メディアが参加。日本のインディーズゲームシーンを海外へと広く伝えていくことが目的とされています。

イベントでは日本のインディーズゲーム開発者たちが普段交わることの無い海外メディアと交流する場が設けられる予定。国内からは『洞窟物語』の開発室Pixelや『La-Mulana』のNigoroなどの有名ドコロを筆頭に約50名ものインディーズ開発者たちが参加。海外からは有名ゲームメディアPolygonやIGN、GameSpot、Wired、Kotaku、PlayStatinon 3 Magazine誌などが彼らを取材しに京都の地へとやって来ます。





この他にも当日は特別ゲストとして、『レッドシーズプロファイル』開発で知られるアクセスゲームズのディレクター末弘秀孝氏(通称Swery)、『Tokyo Jungle』にて国内外で高い評価を得たクリスピーズ代表取締役の片岡陽平氏、またGreenlightでインディーズシーンを推進しているSteamのValveからもゲストが壇上に登場し、それぞれ日本のインディーズの行く末について基調講演を行う予定です。

主催者はQ-Gamesに所属し『ルミネス エレクトロニクス シンフォニー』や『Child of Eden』の開発にプロデューサーとして参加、近年は『PixelJunk』シリーズにも携わっているゲーム開発者ジェームズ・ミルキー氏。ミルキー氏は15年間、ファミ通Xbox含む国内外のメディアにてゲームジャーナリストとしての経験も持っており、メディアと開発者両方の視点からゲームを語ることができる貴重な人物です。イベントの開催は同氏のQ-Gamesに加え国内インディーズゲームの配信で有名なPlayismとそのActive Gameing Mediaなどが行い、スポンサーにはUnreal Engine 4のEpic Gamesも付いています。

なおBit Summitは残念ながらメディアと開発者向けのイベントとなっており、一般向けには開放されていないのでご注意を(また参加募集も既に締め切り)。

iNSIDEとGame*Sparkは明日このBit Summitに参加し、日本のインディーズシーン最先端の情報をお届けする予定なのでお楽しみに。
《石元修司》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. ニュース風の映像が簡単に作れる「アバターエージェントサービス×Live2D」―メガネっ娘アナウンサー

    ニュース風の映像が簡単に作れる「アバターエージェントサービス×Live2D」―メガネっ娘アナウンサー"沢村碧”が生まれた背景とは?

  2. インターネットから自由が消える……法学者 白田秀彰氏インタビュー

    インターネットから自由が消える……法学者 白田秀彰氏インタビュー

  3. ダイバーシティでVR『バイオハザード7』を体験するチャンス!ジャック・ベイカーの等身大フィギュアも登場

    ダイバーシティでVR『バイオハザード7』を体験するチャンス!ジャック・ベイカーの等身大フィギュアも登場

  4. 【TGS2017】中国産スマホゲームの日本進出を語る!「進出しない理由は無い市場」

  5. 技術と企画の幸運な出会い・・・NHN JapanとCRIのコラボレーション『倉木麻衣★ムービーパズル』

  6. ゾンビになって映画を一足先に体験!?VR映像『BIOHAZARD VENDETTA : Z Infected Experience』5月24日配信

  7. VRの伝道師、GOROmanこと株式会社エクシヴィ代表取締役社長 近藤義仁氏が語る、国内におけるVR向けHMDムーブメントのこれまでとこれから―中村彰憲「ゲームビジネス新潮流」第46回

  8. 【TGS2016】二次元美少女に触れられるVRデモ、壊れる

  9. デジタルハーツ、4Gamer.netを運営するAetasを8億円で買収

  10. 【インタビュー】KLabに訊くプロジェクト管理ツール「SHOTGUN」導入事例―管理業務の負担を半分に削減?!

アクセスランキングをもっと見る