人生にゲームをプラスするメディア

新入学・進級に向け、文具も一新してみる?「スーパーマリオの文具シリーズ」・・・週刊マリオグッズコレクション第226回

その他 全般

青柄鉛筆
  • 青柄鉛筆
  • 消しゴムのデザインは4種類
  • 色鉛筆890級12色
  • 下敷き
  • メタリックっぽくなっています
  • はさみ、鉛筆キャップ、定規
  • 黒柄鉛筆
  • ノート&下敷き
第226回です。3月になりました。卒業式シーズンを迎え、春から新入学・進級する学生さんも多いのではないでしょうか。そこでこの3月は、進級・新入学向けに役立つマリオグッズを、何回かに分けてご紹介していきたいと思います。

まずはじめは、勉強する上で欠かせないアイテム・筆記用具。毎年デザインを変えて出ている文具品ですが、今年は『マリオパーティ9』のデザインで登場。ここ数年はずっと「SUPER MARIO」で出ていたので、『マリオパーティ』のデザインが出るのは久しぶり(7年ぶりぐらい)。マリオやヨッシーといったお馴染みのキャラはもちろん、デイジーやキャサリンといった顔ぶれがいるのも、『マリオパーティ9』ならではですね。ラインナップは以下の通り。

1ダース鉛筆(ユニスター)・・・882円
1ダース鉛筆(紙箱)・・・756円
3本パック鉛筆・・・189円
赤鉛筆(2本入り)・・・126円
色鉛筆880級12色・・・840円
色鉛筆880級24色・・・1680円
色鉛筆890級12色・・・840円
色鉛筆890級24色・・・1680円
シャープナー・・・2940円
筆入れ・・・1575円
えんぴつキャップ・・・157円
下敷き・・・210円
じゆうちょう・・・157円
消しゴム・・・105円
直定規(15cm)・・・210円
はさみ・・・525円

また、別のデザインの種類も出ています。こちらは「SUPER MARIO」で、ちょっとクールなデザイン。黒を基調しており、ワリオやクッパ、ワルイージが並び、男の子向けっぽいデザインとなっています。こちらは進級生向けらしく、『マリオパーティ』デザインよりも種類は若干少なめです。ラインナップは以下の通り。

1ダース鉛筆(紙箱)・・・882円
3本パック鉛筆・・・220円
赤鉛筆(2本入り)・・・126円
色鉛筆890級12色・・・840円
筆入れ・・・1575円
下敷き・・・210円
じゆうちょう・・・157円
消しゴム・・・105円

今まで使ってた人も、新しいデザインに変えて心機一転?マリオたちとともに、勉強頑張ってください!それでは、また来週。

■著者紹介

kikai
『スーパーマリオブラザーズ』と一緒に生まれたマリオゲーマーであり、マリオグッズコレクター。マリオのことなら何でもお任せの「マリオ博士」。フリーライターとして活動中。インサイド以外にも雑誌「ニンテンドードリーム」などでも執筆。
ウェブサイト: ALL SUPER MARIO

(C) Nintendo Licensed by Nintendo
《kikai》

編集部おすすめの記事

特集

その他 アクセスランキング

  1. 【昨日のまとめ】『アズールレーン』「再登場して欲しい期間限定艦は誰?」結果発表、駆逐艦「不知火」の改造実装、『スプラトゥーン2』Ver.3.0.0を4月25日より配信…など(4/24)

    【昨日のまとめ】『アズールレーン』「再登場して欲しい期間限定艦は誰?」結果発表、駆逐艦「不知火」の改造実装、『スプラトゥーン2』Ver.3.0.0を4月25日より配信…など(4/24)

  2. 『スプラトゥーン2 オクト・エキスパンション』サントラが今夏発売―初回限定盤には「ハイカライブ」映像が!

    『スプラトゥーン2 オクト・エキスパンション』サントラが今夏発売―初回限定盤には「ハイカライブ」映像が!

  3. 【今日のゲーム用語】「Nerf」とは ─ 弱体化に嘆くユーザーの声から生まれた言葉

    【今日のゲーム用語】「Nerf」とは ─ 弱体化に嘆くユーザーの声から生まれた言葉

  4. 『モンスターハンター もふもふわーるど』開催-テトルーやプーギーが可愛く登場♪

  5. 【特集】今さら聞けない“アーサー王と円卓の騎士”―『FGO』『FF』などに影響を与えた物語

  6. アナログゲーム『新幕 桜降る代に決闘を』5月5日・6日に先行販売! デジタル版も『新幕』のシステムに準拠

  7. DMM.comが合同会社に組織変更、DMM.comラボとの合併も明らかに─意思決定の迅速化と事業推進の効率化を目指す

  8. 【特集】『良作フリーゲーム』10選―無料でこんなに遊べるのか!

  9. 【週刊インサイド】『モンハン:ワールド』無料大型アプデ第2弾に読者の関心が集中! 新古龍「マム・タロト」や重ね着装備など気になる要素が多々

アクセスランキングをもっと見る