人生にゲームをプラスするメディア

【ロコレポ】第18回 ソリッドなプレイ感覚に中毒性あり!新機軸の落ち物パズルゲーム『Rotolla』

インサイド読者のみなさま、Here we go! ゲームライターのロココ試作型です。

モバイル・スマートフォン iPhone
『Rotolla』は、Prior Gamesが2月14日からiTunesで配信している落ち物パズルゲーム。
  • 『Rotolla』は、Prior Gamesが2月14日からiTunesで配信している落ち物パズルゲーム。
  • 画面の左右をタップしてブロックを回転させ、同じ色のブロック同士をくっつければ消すことができます。
  • ブロックは、時間と共にステージの六角形の中心から外側の辺に向かって広がっていきます。
  • 広がっていくブロックを効率良く回転させて消すのが、ゲームのポイントになります。
  • ブロックは、一瞬でも同じ色のブロックと接触させると消すことができます。
  • 出現するブロックの色と数には様々なパターンがあり、同時に4つ出現することもあれば1つだけのことも。
  • 後半に進むにつれてアクション性が高くなり、素早い判断と操作が求められるようになります。
  • ブロックが中心まで詰み上がってしまうと、ゲームオーバー。
インサイド読者のみなさま、Here we go! ゲームライターのロココ試作型です。

第18回のロコレポは、Prior Gamesが2月14日からiTunesで配信している『Rotolla』のプレイレポートをお届けします。

『Rotolla』はカラフルでシンプルなグラフィックとサウンドの一体感、斬新なシステムが特徴の落ち物パズルゲーム。サウンドコンポーザーの山岡晃さんなど、2012年に発売されたシューティングゲーム 『Sine Mora』(シネモラ)の開発に携わったスタッフが手がけた作品です。

■シンプルで奥深いルールは中毒性あり
『Rotolla』では、ブロックが時間と共にステージの六角形の中心から外側の辺に向かって広がっていきます。プレイヤーはそのブロックを回転させ、同じ色のブロック同士でくっつければ消すことができます。ブロックは画面の左右をタップすれば移動の途中で何度でも回転させることができ、一瞬でも同じ色のブロックと接触させると消せます。

出現するブロックの色と数には様々なパターンがあり、同時に4つ出現することもあれば1つだけのことも。ブロックが中心まで詰み上がってしまうとゲームオーバーなので、広がっていくブロックを効率良く回転させて消すのがゲームのポイントになります。

■山岡晃さんによるサウンドが高品質
本作のサウンドコンポーザーは、作曲家の山岡晃さんが担当されています。山岡さんはコナミの『BEMANI』シリーズや『Dance Dance Revolution』『サイレントヒル』などで知られますが、本作でもその高品質なサウンドは健在。無機質で記号的なグラフィックで展開されるゲームプレイを、没入感と躍動感の溢れるものにしています。

■操作性には若干の不満点も
本作は後半に進むにつれてアクション性がとても高くなり、素早い判断と操作が求められるようになります。そのためタッチパネルでは回転操作が追いつかずに、思うようにブロックが消せないことも。また、時間に余裕のある時は画面の下部をタップしてブロックの落下速度を上げることもできますが、その切り替えも若干やり辛く感じました。

■ソリッドなプレイ感覚で楽しめる、新機軸の落ち物パズルゲーム
『Rotolla』。六角形のステージとそれに合わせたブロックの回転など、落ち物パズルゲームとしては新機軸のゲームデザインにはシンプルながら奥深いパズル性があり、山岡晃さんによるサウンドと相まった中毒性の高いプレイ感覚を楽しませてくれます。

特に「一瞬でも同じ色のブロックと接触させると消せる」というシステムが面白く、ブロックを途中で上手く回転させることによって思いもよらない方法で消すことができたりします。突き詰めると、かなり複雑な手数と読み要素の存在するパズルゲームだと思います。コアなパズルゲームファンを自負されている方は、ぜひプレイされてみてはいかがでしょうか。

『Rotolla』は、好評配信中で価格は170円(税込)です。

(C) 2013 Prior Games Ltd

Rotolla - Prior Games Ltd


【ロコレポ】 by ロココ試作型
INSIDEのゲームライターが3DSとiOSを中心に色々なソフトをプレイして、その魅力を伝える連載。RPGの魅力に目覚めたのは、ファミコン版『ウィザードリィ』。好みのゲームな場合にテンション上がり過ぎるのは許して…。
Twitter:@Rococo_TestType
《ロココ試作型》

この記事の感想は?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめの記事

特集

モバイル・スマートフォン アクセスランキング

  1. 『ウマ娘』オグリvsタマモクロスの怪獣大戦勃発!?シンデレラグレイ作者が“某怪獣映画”のパロディイラストを投稿

    『ウマ娘』オグリvsタマモクロスの怪獣大戦勃発!?シンデレラグレイ作者が“某怪獣映画”のパロディイラストを投稿

  2. あのNHKも「えい、えい、むん!」―第26回NHKマイルカップの『ウマ娘』パロディロゴに、公式から確信コメント飛び出す

    あのNHKも「えい、えい、むん!」―第26回NHKマイルカップの『ウマ娘』パロディロゴに、公式から確信コメント飛び出す

  3. 『ウマ娘』タウラス杯における「参加リーグ」の違い!出走制限や報酬内容ひとまとめ―あえて「オープン」に挑むのもあり?

    『ウマ娘』タウラス杯における「参加リーグ」の違い!出走制限や報酬内容ひとまとめ―あえて「オープン」に挑むのもあり?

  4. NHKプラス「第26回NHKマイルカップ」中継配信が『ウマ娘』のロゴをパロディーゆるっとした再現度がトレーナーの間で話題に

  5. 次世代リアルカードバトル 『魔法図書館キュラレ』プレイレポ!骨太なストーリーと軽快なゲームテンポが魅力

  6. フラッシュバック、第56回宝塚記念…!『ウマ娘』名物娘・ゴルシちゃんのレアスキル「ゲート難」取得のススメ

  7. 『ドラゴンクエストライバルズ エース』7月5日でサービス終了ー「勇者杯2021春」は予定通り開催

  8. 『ウマ娘』アニメ2期のBlu-ray特典が話題に―1巻ごとに「限定サポートカード」「女神像×500」「夢の煌めき×12」の大盤振る舞い!

  9. 鉱石病?感染者?主人公たちは誰と戦っているの?『アークナイツ』の奥深くも複雑な世界設定をわかりやすく整理してみよう

  10. 『ウマ娘』マチカネタンホイザの「えい、えい、むん!」収録エピソードが担当声優より明かされる!遠野さん「むん、ですか?」→D「むんです」

アクセスランキングをもっと見る