人生にゲームをプラスするメディア

トーセ、第1四半期業績発表 Wii U向けタイトルが難航し苦戦

ゲームビジネス 市場

トーセが発表した平成25年8月期第1四半期の業績は売上高10億7000万円(前年同期比+25.3%)、営業損失600万円(-)、経常利益2400万円(▲69.0%)、純損失300万円(-)と大幅に増収ながら赤字転落となりました。

ゲーム開発事業では家庭用向けに3タイトルを開発完了。売上高は6億7700万円となりましたが、Wii Uの発売に合わせて投入されたタイトルやクリスマス商戦向けに投入されたタイトルの開発が予想以上に難航し、一部に不採算タイトルがあったことから営業損失は1800万円となりました。

モバイル開発事業では延期タイトルもあったものの、ほぼ計画通りに9タイトルをリリースし、売上高は3億4000万円、営業利益が2900万円でした。

その他の事業は子会社のフォネックス・コミュニケーションズで展開する「ニンテンドーゾーン」などが中心ですが、受注が低調で売上高は開発と運営を合わせて3400万円。Wii向け家庭用カラオケ楽曲配信事業は1600万円のロイヤリティ売上があったとのこと。営業損失は1700万円でした。

通期の業績予想は売上高52億4600万円、営業利益3億0100万円、経常利益3億1800万円、純利益1億8000万円を据え置きました。
《土本学》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 「A 5th of BitSummit」にゲームフリーク開発者ら登壇!公式サイトもリニューアルオープン

    「A 5th of BitSummit」にゲームフリーク開発者ら登壇!公式サイトもリニューアルオープン

  2. 【NDC2017】キーワードは「共感」、初音ミクが世界に広がっていった理由

    【NDC2017】キーワードは「共感」、初音ミクが世界に広がっていった理由

  3. 【NDC2017】第4次産業革命時代におけるゲーム開発-人工知能の時代に開発者はどう生き残っていくか

    【NDC2017】第4次産業革命時代におけるゲーム開発-人工知能の時代に開発者はどう生き残っていくか

  4. カプコン、2017年3月期連結業績は『バイオ7』『モンハン』などで増収増益

  5. まさかのメガドライブ新作『PAPRIUM』が発売決定!―蘇る16Bitアクション

  6. 【レポート】VRロボゲー『アーガイルシフト』のロマンと没入感が凄い!男の子の夢、これで叶います

  7. ゲーム会社の就職に求められるポートフォリオとは?現役クリエイターが学生に指導

  8. 美少女に応援&罵倒されながらダイエットできるVRゲーム、Steamに登場!

  9. ソフトバンクとガンホーがスマートフォン向けゲームメーカーの「スーパーセル」を1500億円で買収

  10. コーエーテクモ、業績予想を下方修正―『仁王』好調も『無双☆スターズ』想定下回る

アクセスランキングをもっと見る