人生にゲームをプラスするメディア

『ドラゴンズドグマ:ダークアリズン』黒呪島に潜むモンスターの存在が明らかに

カプコンは、PS3/Xbox360ソフト『ドラゴンズドグマ:ダークアリズン』の「黒呪島」(こくじゅとう)とモンスターの情報を公開しました。

ソニー PS3
『ドラゴンズドグマ:ダークアリズン』黒呪島に潜むモンスターの存在が明らかに
  • 『ドラゴンズドグマ:ダークアリズン』黒呪島に潜むモンスターの存在が明らかに
  • 『ドラゴンズドグマ:ダークアリズン』黒呪島に潜むモンスターの存在が明らかに
  • 『ドラゴンズドグマ:ダークアリズン』黒呪島に潜むモンスターの存在が明らかに
  • 『ドラゴンズドグマ:ダークアリズン』黒呪島に潜むモンスターの存在が明らかに
  • 『ドラゴンズドグマ:ダークアリズン』黒呪島に潜むモンスターの存在が明らかに
  • 『ドラゴンズドグマ:ダークアリズン』黒呪島に潜むモンスターの存在が明らかに
  • 『ドラゴンズドグマ:ダークアリズン』黒呪島に潜むモンスターの存在が明らかに
  • 『ドラゴンズドグマ:ダークアリズン』黒呪島に潜むモンスターの存在が明らかに
カプコンは、PS3/Xbox360ソフト『ドラゴンズドグマ:ダークアリズン』の「黒呪島」(こくじゅとう)とモンスターの情報を公開しました。

『ドラゴンズドグマ:ダークアリズン』は、カプコンのオープンワールドタイプアクション『ドラゴンズドグマ』に新要素を追加した新作です。

緑豊かなグランシス半島から一変、深い闇へと降り進む、地下世界の冒険の先に待つものとは、また「覚者狩り」とは一体何なのでしょうか。新たな冒険の舞台となる「黒呪島」は邪悪で禍々しい雰囲気に覆われ、謎に包まれた未踏の地。この地に降り立った覚者を凶悪なモンスターが待ち受けます。

廃れた遺跡のような建物がそびえ立つのは黒呪島の入口でしょうか。異様な空気を漂わせその島にたどり着いた覚者は「狩られる」恐怖と戦うこととなります。

闇を照らす大きなランタンの光。しかしそれは覚者達のものではありません。ランタンに照らされて浮かぶシルエットは大きく、不気味。巨大な鎌を持ち覚者達を追うその姿の正体は、出会ったものに死を約束する魔物「デス」。鋭く巨大な鎌とランタンを携え、覚者の命を執拗に付け狙います。その風貌はまさに死神と言ったところでしょうか。

「囚人サイクロプス」は、黒呪島で頑丈な拘束具によって一切の身動きを封じられている巨大なサイクロプスです。一体誰から、何のために拘束されているのか、すべては謎に包まれています。しかし、ひとたびその拘束具から解放されれば覚者にとって脅威となることは間違いありません。

覚者が出会う未知のゴブリンは異様な仮面を被り、棍棒のような武器を所持している「グレーターゴブリン」と、杖から魔法のようなものを発する「ゴブリンシャーマン」です。いずれもグランシス地方に生息していたゴブリンとは異なり、より凶暴性が増しているように見えます。彼らは武器による近距離攻撃と魔法による遠距離攻撃で覚者の道を阻みます。

この島には、まだまだ恐るべきモンスターたちが潜んでいそうです。

『ドラゴンズドグマ:ダークアリズン』は、2013年発売予定で価格は未定です。

(C)CAPCOM CO., LTD. ALL RIGHTS RESERVED.
《D》

編集部おすすめの記事

ソニー アクセスランキング

  1. 今どこで買える? 販売方法は? 「PS5」の販売情報まとめ【1月28日】─2件の抽選販売締切が迫る、2月には新たな受付先も

    今どこで買える? 販売方法は? 「PS5」の販売情報まとめ【1月28日】─2件の抽選販売締切が迫る、2月には新たな受付先も

  2. 「甘雨」が欲しくて『原神』を始めたのに、明るく健気な「アンバー」に惚れてしまった男の話

    「甘雨」が欲しくて『原神』を始めたのに、明るく健気な「アンバー」に惚れてしまった男の話

  3. 今どこで買える? 販売方法は? 「PS5」の販売情報まとめ【1月27日】─29日〆切の抽選受付が2件展開中

    今どこで買える? 販売方法は? 「PS5」の販売情報まとめ【1月27日】─29日〆切の抽選受付が2件展開中

  4. 『バイオハザード ヴィレッジ』イーサンってシリーズで最も可哀想な主人公じゃないか?―レオンやクリスにはない“巻き込まれ感”

  5. 「PS Plus」2021年2月度フリープレイは『ブラッドステインド』などに加えPS5『CONTROL』『Destruction AllStars』も!

  6. 『魔界戦記ディスガイア6』体験版なのに「レベル9999」!?“史上最凶のやり込み”を快適に堪能するための、キャラ育成6つのポイント

  7. 『原神』その原石、今使って本当に大丈夫? 「甘雨」や「魈」「神里綾華」など、今後の実装に期待の高まる7キャラを紹介【特集】

  8. 『Apex Legends』シーズン8「メイヘム」ゲームプレイトレイラー―マップや新スキンをお披露目

  9. 【UPDATE】【特集】メトロイドヴァニアってどんなゲーム?虫やロボットが活躍する最新作から、押さえておきたい往年の名作までおすすめ5選

  10. 『原神』神里綾華やロサリア狙いでも「甘雨」を引いて大丈夫な理由―むしろ最高のサポート役になるかも?【特集】

アクセスランキングをもっと見る