人生にゲームをプラスするメディア

KLab、好調決算も今期中間期は赤字転落見込み・・・ソーシャルゲームの伸び鈍化、新作で挽回なるか

ソーシャルゲーム大手のKLabが発表した平成24年8月期の業績は、売上高152億0900万円(+168.5%)、営業利益28億1000万円(+192.3%)、経常利益28億1900万円(+196.4%)、純利益16億2200万円(+195.0%)と好調でした。

ゲームビジネス 市場
KLab業績の推移(筆者作成)
  • KLab業績の推移(筆者作成)
ソーシャルゲーム大手のKLabが発表した平成24年8月期の業績は、売上高152億0900万円(+168.5%)、営業利益28億1000万円(+192.3%)、経常利益28億1900万円(+196.4%)、純利益16億2200万円(+195.0%)と好調でした。

決算を受け、東証1部のKLab株は16日の前場で前日比-9.39%の550円となりました。

KLabではソーシャルゲーム事業の拡大を急ぎ、人材獲得を目的とした企業買収や、世界各国への展開を進め大きく事業が拡大しました。海外ではシンガポールにグローバル展開を担うKLab Globalを設立、米国にもKLab Americaを設立しました。また、フィリピンのCYSCORPIONSを買収しました。

次期の業績予想では期初は費用が重く、赤字予測であるものの、後半では新作ゲームの投入効果により業績が回復していくとしています。なお、今期は決算期を変更することから、変則的な16ヶ月の決算となります。

業績予想は第1四半期(9月1日~11月31日)が売上高34億4700万円、営業損失1億6200万円、第2四半期累計(9月1日~2月28日)が売上高82億8900万円、営業損失が600万円、通期(9月1日~12月31日)が売上高330億1100万円、営業利益50億円としています。

発表数字を元に四半期ごとの売上高と利益の推移をグラフにしたところ、売上高の鈍化に対して費用が拡大していることが分かります。前期から大きく投資を行い、ラインナップも拡大している途上にあり、思惑通り新作タイトルが立ち上がり、利益を確保できるかどうかが鍵になりそうです。
《土本学》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 今年のテーマは「GAME」をイメージ!桑沢デザイン研究所の文化祭!『桑沢祭ファッションショー'09』レポート

    今年のテーマは「GAME」をイメージ!桑沢デザイン研究所の文化祭!『桑沢祭ファッションショー'09』レポート

  2. 今週発売の新作ゲーム『無双OROCHI3』『FIFA 19』『英雄伝説 閃の軌跡IV THE END OF SAGA』『すばらしきこのせかい Final Remix』他

    今週発売の新作ゲーム『無双OROCHI3』『FIFA 19』『英雄伝説 閃の軌跡IV THE END OF SAGA』『すばらしきこのせかい Final Remix』他

  3. 誰もが海外にゲームを発信できる時代だからこそ、その可能性を議論し知見を共有する・・・SIG-INDIE09レポート

    誰もが海外にゲームを発信できる時代だからこそ、その可能性を議論し知見を共有する・・・SIG-INDIE09レポート

  4. 【China Joy 2013】スクエニ和田会長が語る「世界を覆うF2Pの波とローカライズ戦略の指針」

  5. 「高知県からスタークリエイターを」―若き経営者の考える地域の未来

  6. 爽快なアクションと壮大な物語がロンチから楽しめる、PS Vita『ロード オブ アポカリプス』

  7. 「2017年YouTuberタイアップ動画起用社数ランキング」が公開―業種内訳は「ゲーム」が最も多い結果に

  8. 戦慄ホラー『Outlast 2』開発元が「専用おむつ」を発表!ファンからの「漏らした」報告を受け

  9. 当時の姿のまま中古ビル内に放棄されていた90年代ゲーセン

  10. 『シェンムー』聖地巡礼ガイドマップを制作した横須賀市にインタビュー! 担当者ふたりの情熱がファン垂涎のアイテムを作り上げた【特集】

アクセスランキングをもっと見る