人生にゲームをプラスするメディア

CESA「ゲームデザイナーズ大賞2012」概要発表 ― 審査員は新メンバー2名を含む10名

ゲームビジネス その他

CESA「ゲームデザイナーズ大賞2012」概要発表 ― 審査員は新メンバー2名を含む10名
  • CESA「ゲームデザイナーズ大賞2012」概要発表 ― 審査員は新メンバー2名を含む10名
コンピュータエンターテインメント協会(CESA)は、「ゲームデザイナーズ大賞」の本年度の概要を発表しました。

「ゲームデザイナーズ大賞」は、2010年に「日本ゲーム大賞(Japan Game Awards)」にて新設された賞。クリエイターが作り手の視点から、高い独創性とゲームの歴史にその名を刻むに値する革新的な作品を選出、表彰する賞となっています。

対象作品は、2011年4月1日から2012年3月31日の間に日本国内で発売された家庭用ゲームソフトで、独創性(これまでの作品とは一線を画する新たなアイディアが盛り込まれていること)、斬新性(ユーザーへ新たな楽しみ方、遊び方を提示し、ゲームソフトの在り方を広げる作品であること)の2点が重視されます。

同賞の選考は、桜井 政博氏(ソラ代表)を審査員長に、日本代表するトップクリエイターで構成される審査員が行い、各審査員が持ち点10点によって作品を評価、受賞作品を決定します。

本年度の「ゲームデザイナーズ大賞2012」の審査員は、新たに、小川 陽二郎氏(セガ:『きみのためなら死ねる』/『ソニックと秘密のリング』/『クロヒョウ』シリーズ)、河本 浩一氏(任天堂:『脳を鍛える大人のDSトレーニング』シリーズ)が加わり、10名となりました。

■『ゲームデザイナーズ大賞2012』 審査員(敬称略、五十音順)
・飯田 和敏:グラスホッパー・マニファクチャー
・イシイジロウ:レベルファイブ
・上田 文人:SCE
・小川 陽二郎:セガ
・神谷 英樹:プラチナゲームズ
・河本 浩一:任天堂
・桜井 政博:ソラ
・巧 舟:カプコン
・藤澤 仁:スクウェア・エニックス
・三上 真司:Tango Gameworks

「ゲームデザイナーズ大賞2012」の発表・表彰は、9月20日に「東京ゲームショウ2012」内のイベントステージ(展示ホール8)で開催されする「日本ゲーム大賞2012 年間作品部門 発表授賞式」で執り行われる予定。審査員長の桜井 政博氏の解説を交えながら受賞作品の魅力について語られるとのことです。

ちなみに、2011年度大賞作品は『ヒラメキパズル マックスウェルの不思議なノート』、2010年度大賞作品は『HEAVY RAIN -心の軋むとき-』となっています。
《冨岡晶》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 一般版『VRカノジョ』、教育機関向け「VR Kanojo for Academic use」プログラム発表―VRの研究・勉強目的の無料配布

    一般版『VRカノジョ』、教育機関向け「VR Kanojo for Academic use」プログラム発表―VRの研究・勉強目的の無料配布

  2. ミクシィXFLAG スタジオに訊くゲーム開発現場での“業務効率化”-我々が『SHOTGUN』を導入したワケ

    ミクシィXFLAG スタジオに訊くゲーム開発現場での“業務効率化”-我々が『SHOTGUN』を導入したワケ

  3. ゲームビジネスの未来を決めるアーキテクチャル・イノベーションとは・・・中村彰憲「ゲームビジネス新潮流」 第2回

    ゲームビジネスの未来を決めるアーキテクチャル・イノベーションとは・・・中村彰憲「ゲームビジネス新潮流」 第2回

  4. 巨大なゲーム市場、大人は消費し若者は無料で遊ぶ【オールゲームニッポン】

  5. 【Unite Japan 2014】堀江貴文氏「人物の3Dデータ販売は新しいビジネスの可能性」、実写を使ったゲームのいま

  6. 海外サイトが選ぶ「ゲームの政治家トップ10」−1位はやっぱり……?

  7. LINE、サイバーエージェントと合弁会社を設立して「LINE GAME」向けに提供

  8. 任天堂が65歳定年制を導入

  9. 【e-Sportsの裏側】「e-Sports」は新しいエンターテイメントの形、「焦らず、じっくり進めていく。」―ウォーゲーミングジャパン キーマンインタビュー

  10. 『スペースチャンネル5』新作発表!時代が追いつきVR作品に

アクセスランキングをもっと見る

1