人生にゲームをプラスするメディア

携帯機の販売見込みを下方修正、ゲーム部門は35億円の営業赤字 ― ソニー第1四半期決算

ゲームビジネス その他

ソニーは8月2日、平成25年3月期第1四半期連結決算を発表しました。

発表によると、売上高及び営業収入は 1兆5152億円(前年同期比1.4%増)、営業利益63億円(前年同期比77.2%減)、税引前利益94億円(前年同期比59.3減)、株主に帰属する四半期純損失246億円(前年同期は155億円)となっています。

なお、ゲーム事業においては、売上高が前年同期より14.5%減の1,180億円となりました。営業損失(赤字)は35億円で、原因としてはPlayStation Vitaは売上に貢献したものの、PS3とPSPのハード及びソフトウェアの減収が全体での減収につながったとしています。また、為替の影響も大きかったということです。

なお、今回の決算では携帯機(PS Vita及びPSP)の年間販売見通しを5月期の1,600万台から1,200万台へと下方修正したため、売上高は前年並み、営業利益も大幅な減収になると見込んでいます。
《宮崎紘輔》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 【NDC2017】『HIT』のグローバルでの成長方法―各国の売上や人気キャラも明らかに

    【NDC2017】『HIT』のグローバルでの成長方法―各国の売上や人気キャラも明らかに

  2. 【NDC17】Amazon Game Studiosシニアプロデューサーが語る、『Breakaway』10の改善点とは?

    【NDC17】Amazon Game Studiosシニアプロデューサーが語る、『Breakaway』10の改善点とは?

  3. 「TOKYO SANDBOX 2017」にて、角川ゲームス/安田善巳氏の登壇が決定

    「TOKYO SANDBOX 2017」にて、角川ゲームス/安田善巳氏の登壇が決定

  4. 「A 5th of BitSummit」にゲームフリーク開発者ら登壇!公式サイトもリニューアルオープン

  5. 【東京ロケテゲームショウ】会場でひときわ目をひいた「社長ゲーム!?」の数々

  6. 株式会社ディンゴが倒産、編集部でも確認―代表作は『フォトカノ』『初音ミク -Project DIVA-』

  7. 【レポート】100センチの巨尻に会いに行く!グラドルVRビデオ「トキメキメテオ」、その見どころは?

  8. インディゲームの祭典「A 5th of BitSummit」出展者97組が決定!

  9. 美少女とVRリズムアクションを楽しめる『エアトーン』がハウステンボスに登場、4月28日より

  10. コーエーテクモ、業績予想を下方修正―『仁王』好調も『無双☆スターズ』想定下回る

アクセスランキングをもっと見る