人生にゲームをプラスするメディア

テイクツーが2012年度決算を発表、赤字転落も今期は『Max Payne 3』『GTA V』『BioShock』『Borderlands』など主力が揃う

ゲームビジネス 市場

「2K Games」「Rockstar Games」などのブランドを傘下に持つ米テイクツー・インタラクティブが発表した2012年3月期の業績は、売上高が8億2580万ドルで、『レッド・デット・リデンプション』があった前年の11億3690万ドルを下回り、営業損失8420万ドル、純損失は1億0770万ドルとなりました。

前期の主要タイトルでは『L.A. Noire』、『NBA 2K12』、『Duke Nukem Forever』などがありました。デジタル分野の売上は他のパブリッシャーと同様に増加していて、全体売上の13%となっています(前年は9%)。

CEOのStrauss Zelnick氏は「業績は残念なものでしたが、『L.A.Noire』など業界のスタンダードを築く作品を送り出すことができた」と振り返り、今期については「『Max Payne 3』の成功から始まることは間違いなく、テイクツーの歴史上最も良い一年になるのではないか」と述べています。

今期の主要タイトルは米国で6月1日に発売される『Max Payne 3』のほか、『Spec Ops: The Line』(6月26日)、『Borderlands 2』(9月18日)、『NBA 2K13』(10月2日)、『XCOM: Enemy Unknown』(10月9日)、『BioShock Infinite』(2月26日)、『Grand Theft Auto V』(今期)、『XCOM』(2014年度)となっています。売上高は1億7500万ドル~1億8500万ドルと主力タイトルが揃うことから今期を大きく上回る計画です。
《土本学》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 『モンハン:ワールド』発売停止も影響か?テンセント株が大幅下落―時価総額は15億ドル減少

    『モンハン:ワールド』発売停止も影響か?テンセント株が大幅下落―時価総額は15億ドル減少

  2. 【レポート】『ガンダムVR』で感じた恐怖と興奮…ガンダムの手に乗り、ザクに襲われる

    【レポート】『ガンダムVR』で感じた恐怖と興奮…ガンダムの手に乗り、ザクに襲われる

  3. 中国当局のゲーム販売認可機関が承認を凍結―日本のゲームメーカーにも影響

    中国当局のゲーム販売認可機関が承認を凍結―日本のゲームメーカーにも影響

  4. Unreal Engineのオンライン学習サイトが登場!誰でも無料で利用可能

  5. コナミ、中国市場に向けモバイルゲーム『魂斗羅』最新作を配信 ― テンセントと協業で

  6. VTuberが出演する『VIRTUAL BUZZ TALK!』が「TOKYO MX1」で放送開始-MCは「KMNZ」のリタとリズ!

  7. 【P.D.M タケヤリマン編】第5回 ポイソフト初の快挙

  8. 「NINTENDO POWER」はFuture USが請け負う事がほぼ確定

  9. タイトー、「スペースインベーダー」30周年記念事業および新ブランド戦略について発表―サプライズも多数!?

  10. 2018年8月発売の新作ゲームは何を買う?―注目タイトルまとめ!

アクセスランキングをもっと見る