人生にゲームをプラスするメディア

コーエーテクモ、2012年3月期の連結業績は売上増・収益増で好調推移

コーエーテクモホールディングスは、2012年3月期(2011年4月1日~2012年3月31日)の連結業績を公表しました。

ゲームビジネス 市場
コーエーテクモホールディングスは、2012年3月期(2011年4月1日~2012年3月31日)の連結業績を公表しました。

それによると売上高355億2500万円(前年比10.7%増)、営業利益57億5800万円(前年比74.2%増)、経常利益74億7200万円(前年比56.1%増)、当期純利益は46億4000万円(前年比69.3%増)となり、前期より増収増益となりました。

今期同社では、経営方針「成長性と収益性の実現」を掲げ、ゲームソフト事業ではナンバリングタイトルの充実を図りつつ、新ハード対応やコラボレーションタイトルの開発を推進したとのこと。国内外で出荷累計63万本を達成した『NINJA GAIDEN3』(PS3、Xbox360用)を始め、国内においても『無双OROCHI 2』(PS3、Xbox360用)、『戦国無双3 Empires」(PS3用』、『Winning Post7 2012』(PS3、PSP、Win用)といった主力タイトルが順調に推移しました。一方、オンライン・モバイル事業では、スマートフォンを始めさまざまなプラットフォームへ、グローバルにコンテンツを展開。同時に、コストダウンの取り組みを徹底したことにより、収益力を強化させたことで、大幅な増収増益を達成したとしています。

2013年3月期の連結業績予想については、売上高390億円(前年同期比9.8%増)、営業利益70億円(同21.6%増)、経常利益83億円(同11.1%増)、当期純利益50億円(同7.7%増)を予定しているとのことです。

なお、3月期末の配当について、2011年5月9日時点では20円の予想となっていましたが、対前期比で大幅な増収増益となったため、1株当たりの期末配当を27円に修正するとのことです。
《冨岡晶》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 金沢美術工芸大、栄誉賞の第1号を宮本茂氏に贈呈

    金沢美術工芸大、栄誉賞の第1号を宮本茂氏に贈呈

  2. 国内唯一のゲームエフェクトツール「BISHAMON」セミナーが大盛況

    国内唯一のゲームエフェクトツール「BISHAMON」セミナーが大盛況

  3. 3D仮想空間「セカンドライフ」の生みの親、新たなVR仮想空間の最新デモ動画を公開

    3D仮想空間「セカンドライフ」の生みの親、新たなVR仮想空間の最新デモ動画を公開

  4. 狂気のホラー『Year Of The Ladybug』主人公は連続殺人犯…日本語字幕トレイラー公開

  5. 【GDC2012】Folditに続け!塩基配列を元にしたシリアスゲーム「Phylo」とは?

  6. 【CEDEC 2009】「慣れると死ぬぞ」富野由悠季氏がゲーム業界に向けた厳しくも優しい言葉

  7. 「日本と海外におけるゲーマーにとってのリージョン制限」・・・イバイ・アメストイ「ゲームウォーズ 海外VS日本」第22回

  8. CC2が新プロジェクトを発表―復讐をテーマにした新作3タイトルの情報が公開!

  9. 【週間売上ランキング】『街へいこうよ どうぶつの森』が初週30万本で1位(11月17日〜23日)

  10. VRMMO『ソードアート・オンライン ザ・ビギニング』バトル映像が公開…実際に腕を動かし、ボスを斬る!

アクセスランキングをもっと見る