人生にゲームをプラスするメディア

馬主となってGI制覇を目指そう・・・ソーシャルとリアルの融合、KONAMI『GI ALLSTAR’S Japan Horse Racing 2012』

ゲームビジネス 開発

 
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
人気のスポーツ競技は数あれども、「The Sport of Kings」(スポーツ・オブ・キングス)と呼ばれる競馬は格別です。元々は王侯貴族らの有力者が馬を持ち寄って速さを競ったのが始まり。そんな歴史と栄光ある馬主の一員となることのできる新作ゲームが登場します。



KONAMIは、ブラウザゲーム最新作『Digital Game Card GI ALLSTAR’S Japan Horse Racing 2012』を本日21日よりサービス開始しました。それに先立ち、6日よりオープンβが実施。一足先にプレイしてみました。

同社の「Digital Game Card」シリーズは、ブラウザゲームとリアルのカードゲームが融合したゲームシリーズ。オンラインの友人と一緒に遊ぶ楽しみと、現実のカードを収集するという2つの楽しみを融合したものです。既にサッカー(Jリーグ)を題材とした『Digital Game Card FOOTBALL ALLSTAR'S 2011 J.LEAGUE』と、プロ野球を題材とした『Digital Game Card BASEBALL ALLSTAR'S Nippon Professional Baseball 2011』がサービス開始済み。最新作は競馬がテーマです。

『GI ALLSTAR’S Japan Horse Racing 2012』では馬主となって競走馬を揃え、GI制覇を目指します。馬はカードとして登場し、複数のカードを合成することによって強化していきます。カードはゲーム内通貨でレンタルできるほか、21日より全国の取り扱い店舗にて販売されているカード(1パック2枚入り 200円)に記載されているコードを入力することで、そのカードがゲーム上に登場。同名カードやライバル、血統馬などで上手く合成することで自分だけの最強馬を作りましょう。

1パック2枚入り(税込200円)で21日から販売開始。カードを使えばゲームをより楽しめる


さっそくプレイしてみます。色々なゲームで利用できるKONAMI IDを所有していれば、ウェブサイトにアクセスするだけでゲームがスタート。

マイページからゲームの各メニューが利用可能


ゲームを始めると5枚のカード(馬)が配られ、馬主人生がスタート。まずはレースに挑戦してみましょう。ゲームでは現実世界の1年間のレースが、4.5日のサイクルで展開されています。レースは現実世界と同じで、桜花賞、天皇賞、日本ダービー、有馬記念などのGIからGIIIまで様々なレースが用意され、挑戦することができます。ただし、現実と同じようにレースには出走条件があり、いきなりGIレースに挑戦できるわけではありません。まずは「新馬・未勝利戦」、続いて「賞金条件戦」、そして「GIII」「GII」「GI」という風にレースに勝利しながら馬も馬主もレベルアップしていかなくてはなりません。

ゲームの醍醐味とも言うべきレースはムービーで描かれ、迫力満点。愛馬が最終コーナーを回って、ゴール(決勝線)に一着に到達する、どんなレースであれ至高のひとときです! レースに勝利すると賞金が得られ、それによって全国順位が決定。さらに「The Sports of Kings」というだけあって「爵位」というランクが与えられます。爵位は「見習い」からスタート。賞金を獲得することでランクアップしていきます。

ウェルカムレースに出走見事一着。優勝すると賞金が得られ、それにより「爵位」が上がっていく


最初はウェルカムレースに出走。筆者の「インサイド牧場」の第一号馬「レーヴティソール」は、最初は出遅れたものの、怒涛の追い上げを見せ一着でゴール。見事に100,000,000Gの賞金を獲得したのです。といっても、まだ「見習い」のままですけどね・・・。カードで所有する馬を増やして、もっと沢山のレースに挑戦していかなくてはなりません。

2走目では「新馬・未勝利戦」に出走登録。これはその名の通り、まだデビューしたての馬のためのレース。どんどん新しいレースが選択可能になっていきますので、気軽な気持ちで参加しても大丈夫。「レーヴティソール」は再び1位を獲得できるでしょうか? レースは10:00、11:00、12:00というように開始時間が設定されていて、事前に参加を登録する形になります。時間になれば自動的にレースが行われ、それ以降の時間にアクセスすると結果を確認できます。常にゲームを開いている必要はありません。さて、2走目の結果は・・・なんと6着。競馬の世界は奥が深そうです(当たり前)。では勝つためにはどうしたら良いのでしょうか?

馬同士を掛け合わせることでより強い馬が生まれる


競馬の世界で決定的に重要なのは血統ですが、本作でも現実世界と同じです。カードとカードを合成していくことでより強力な馬を生み出すことができます。同じ名前の馬同士、ライバル同士、同じ血統同士、どんな組み合わせがベストかどうか試行錯誤や友達と情報交換をしながら進めていくと良いでしょう。頂点を目指す道のりは孤独ではありません。フレンド登録をすれば友達とコミュニケーションを取りながらレースに挑めます。メッセージをやりとりしたり、友達が出走登録しているレースに応援を送ったり、情報交換をしたり。積極的なコミュニケーションがゲームを勝ち抜いていく鍵になりそうです。

競馬と言うと少し敷居が高い印象を持たれる方もいらっしゃるかもしれません。しかし心配は無用。マニュアルやQ&Aが充実しています。また、最初は色々な説明がありながらゲームを進めることができます。さらに、こういったブラウザゲームで重要なゲームの運営面も様々なゲームで実績のあるKONAMIということで安心が持てます。スポーツゲームも同社のお得意分野です。

自分の騎手をコーディネートしたり、自分の馬のカラーリングを決めて自分だけの世界を作る


カードを集め、馬と馬をかけ合わせて、様々なレースに挑戦。友達と協力したり、時には競い合ったりして、あなたも「The Sport of Kings」の頂点を目指してみませんか?
《土本学》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. ニュース風の映像が簡単に作れる「アバターエージェントサービス×Live2D」―メガネっ娘アナウンサー

    ニュース風の映像が簡単に作れる「アバターエージェントサービス×Live2D」―メガネっ娘アナウンサー"沢村碧”が生まれた背景とは?

  2. 9割がお蔵入りする個人制作ゲーム、完成させる秘訣は - IGDA日本SIG-Indie研究会レポート

    9割がお蔵入りする個人制作ゲーム、完成させる秘訣は - IGDA日本SIG-Indie研究会レポート

  3. 企画とデザインのキャッチボールで生まれた『グランブルーファンタジー』の稀有な開発体制―春田康一プロデューサーと皆葉英夫氏に聞いた

    企画とデザインのキャッチボールで生まれた『グランブルーファンタジー』の稀有な開発体制―春田康一プロデューサーと皆葉英夫氏に聞いた

  4. 今週発売の新作ゲーム『ゼノブレイド2』『DOOM VFR』『The Surge』『リトルウィッチアカデミア 時の魔法と七不思議』他

  5. 2017年12月発売の新作ゲームは何を買う?―注目タイトルまとめ!

  6. 【インディペンデントゲームジャパン】大ヒットを続ける『パズドラ』の1年を5つの事実で振り返る

  7. コナミ、新社長に上月拓也氏・・・上月景正氏は会長に専念

  8. 日本の心と『ポケモンGO』―見えないものが宿る場所を求めて【オールゲームニッポン】

  9. 【特集】Nexon Americaの新CEOが語る展望―「KPIはゲームの売上ではない」

  10. Nintendo Switchは鏡。見る人の心を写し出す【オールゲームニッポン】

アクセスランキングをもっと見る