人生にゲームをプラスするメディア

【ニコニコ超会議】ミクさんマジ天使!『NEXT HATUNE MIKU Project DIVA(仮称)』世界最速プレイレポートをお届け

千葉の幕張メッセではいよいよ「ニコニコ超会議」がスタートとなった。ほとんどのネットカルチャーが集まったこの催しは、コスプレアリ、アルパカアリ、痛車アリ、美味しい匂いアリのなんでもOKな空間には歩いているだけでカナリ刺激的だ。

ソニー PSV
千葉の幕張メッセではいよいよ「ニコニコ超会議」がスタートとなった。ほとんどのネットカルチャーが集まったこの催しは、コスプレアリ、アルパカアリ、痛車アリ、美味しい匂いアリのなんでもOKな空間には歩いているだけでカナリ刺激的だ。

さて、今回ソニー・コンピュータエンタテイメントジャパン(SCEJ)のブースでは、今夏に発売される『NEXT 初音ミク』のPS Vita版が世界初出展。もちろん入場してすぐに遊んできました!

試遊時間は1人5分、これは“1曲ちょっと”が遊べる時間設定となっています。曲は「キャットフード」と「ワールズエンド・ダンスホール」の2つから選べ、難易度もEASYとNOMALから自由に選ぶことができます。

■音質、グラフィックともに文句ナシ!
前作を遊んでいながらも「ワールズエンド・ダンスホール」のEASYをまずはプレイすることに。イントロが初めからバンッ!と入ってくるこの曲、その音が突き抜けた!この音質のクリア感にはさすが最新機というところ。そして次に飛び込んでくるのはグラフィック。おお、これは先日の「ミク日感謝祭」を彷彿とさせる神々しいお姿。前作に比べると全体的に光沢が増し、動きも表情も色彩感もダンチで向上しています。もちろん一緒に躍るルカさまもセクシーです。

■☆マークは画面をタッチして!
操作感は前作と同様、画面上に飛んでくるメロディアイコンがターゲットと重なる瞬間に押していきます。近作ではそれに加えて星のマークが新たに加わり、これはメロディアイコンがターゲットと重なる瞬間に画面をスクラッチすることで成功します。これはサッと親指で画面をなで上げるだけでOK。連続したスクラッチがきたら、スクラッチの名のとり上下に指を動かすとスムーズにいきそうです。画面のどこを触ってもいいので、ミクさんのアップになったときはぜひ頭をスクラッチすることをオススメしたい(判定には関係ありません)!

■押して、触って、成功すればドンドン演出がハデになる!
プレイをしていると「チャンスタイム」というのがやってくる。一定条件を満たすことで映像の演出が変化するとのことだが、今回の「ワールズエンド・ダンスホール」では紙吹雪の有無やバックダンサーの数が変化するそうです。サイケな色彩感が楽曲に合わせてどんどん高まっていく感じは、ミクさん主演の映画やライブを見ているような感覚。試遊終了の感想は、5分のお別れは早いよミクさん!といったところ。

そんな相変わらず天使なミクさんが見ることができるPS Vita版『NEXT HATUNE MIKU Project DIVA(仮称)』は8月30日発売予定。価格は7,329円(税込)となっています。

(C)SEGA
(C)Crypton Furure Media, Inc.
《きゃんこ》

編集部おすすめの記事

ソニー アクセスランキング

  1. 『Ghost of Tsushima』冥人奇譚で“境井仁の凄さ”を痛感した話―最強の冥人は間違いなくこの男

    『Ghost of Tsushima』冥人奇譚で“境井仁の凄さ”を痛感した話―最強の冥人は間違いなくこの男

  2. PS5とDualSenseを徹底チェック!サイズは?接続端子は?色々と調べてみました

    PS5とDualSenseを徹底チェック!サイズは?接続端子は?色々と調べてみました

  3. 『Ghost of Tsushima』腰を抜かして逃げ出すのも仕方ない? 蒙古兵目線で境井仁の恐ろしさを考えてみる【ネタバレあり】

    『Ghost of Tsushima』腰を抜かして逃げ出すのも仕方ない? 蒙古兵目線で境井仁の恐ろしさを考えてみる【ネタバレあり】

  4. 『Ghost of Tsushima』新参冥人に向けた「冥人奇譚」の特徴&アドバイス14選! 勝利の鍵は“仲間との意思疎通”にあり

  5. 「『Ghost of Tsushima』協力型マルチ「冥人奇譚」で、どの役目を使う?」結果発表―モフれる「牢人」や、“脱”誉れの「刺客」が人気高し!【アンケート】

  6. 『モンハンワールド:アイスボーン』ミラボレアスを倒すために考えた7つのこと

  7. 編集部にPS5が到着!まずは外箱をじっくりチェックだ……!

  8. 『Apex Legends』期間限定モード「シャドウロワイヤル」の影はスピード感抜群!『タイタンフォール』のようなウォールランで戦場を駆け巡れ

  9. PS5で鮮明に蘇るリメイク版『デモンズソウル』のココに期待!よりリアルになる「ヒル溜まり」や、「竜の神」への新たな戦い方が出たりして

  10. 『Apex Legends』シーズン7の新レジェンド候補「ホライゾン」にはもう会った?アビリティらしき要素も体験可能

アクセスランキングをもっと見る