人生にゲームをプラスするメディア

『L.A. Noire』の開発元Team Bondiが閉鎖の危機

Rockstarのクライムアドベンチャーゲーム『L.A. Noire』を開発したオーストラリアのデベロッパーTeam Bondiが、スタジオ閉鎖の危機に直面していることが明らかになりました。

ゲームビジネス 開発
>L.A. Noire: The Complete Edition
  • >L.A. Noire: The Complete Edition
Rockstarのクライムアドベンチャーゲーム『L.A. Noire』を開発したオーストラリアのデベロッパーTeam Bondiが、スタジオ閉鎖の危機に直面していることが明らかになりました。

これはオーストラリア証券委員会に今日提出された複数資料の内容から分かったもので、その中には最終的な手続きを行う清算人が手配されたことを示すものや、政府機関による“スタジオ解体を行う特別決議”の申請もあったそうです。

『L.A. Noire』の発売後は、高いメディアの評価やセールス面での成功があったにも関わらず、スタジオ内部ではスタッフから労働環境への不満が寄せられたり、100名以上がゲームにクレジットされていないとの苦情が発せられるなど、スキャンダルが相次いでいました。

11月にはPC移植版の発売も決まっている『L.A. Noire』、その版権はTake-Two Interactiveが所有しているということです。
《Game*Spark》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. スマホゲーム業界のマーケティングカオスマップ(β版)が公開―ゲームのライフサイクルに合わせる形で分類・整理

    スマホゲーム業界のマーケティングカオスマップ(β版)が公開―ゲームのライフサイクルに合わせる形で分類・整理

  2. 【CEDEC 2009】「慣れると死ぬぞ」富野由悠季氏がゲーム業界に向けた厳しくも優しい言葉

    【CEDEC 2009】「慣れると死ぬぞ」富野由悠季氏がゲーム業界に向けた厳しくも優しい言葉

  3. 【DEVELOPER’S TALK】「もうPS3には戻れない」と言わせたい、開発チームが挑んだゲームサウンド演出 PS4『龍が如く 維新!』インタビュー(後編)

    【DEVELOPER’S TALK】「もうPS3には戻れない」と言わせたい、開発チームが挑んだゲームサウンド演出 PS4『龍が如く 維新!』インタビュー(後編)

  4. 新作音ゲー『オンゲキ』が稼働前に体験できる「おためしプレイ会」が開催!

  5. JeSU「eSPORTS 国際チャレンジカップ」を2019年1月に開催─賞金総額は4タイトル合計で1,500 万円

  6. バンナム、「株式会社バンダイナムコ研究所」を2019年4月1日に設立─新たな価値創出を目指す

  7. 松野泰己氏、レベルファイブを去る ― 今後は充電期間に

  8. ゲーマーが選ぶ「VRで体験してみたい作品」…『マイクラ』『P.T.』『閃乱カグラ』など

  9. ゲーム会社の就職に求められるポートフォリオとは?現役クリエイターが学生に指導

  10. 【CEDEC 2012】アーケードゲームの「これまで」と「これから」 ― 次世代の技術者を育てるには

アクセスランキングをもっと見る