人生にゲームをプラスするメディア

【TGS 2011】仲間と声を掛け合いながら未来の戦場を戦う・・・『BINARY DOMAIN』を名越氏が紹介

セガは東京ゲームショウ初日の15日、龍が如くスタジオの新作となる『BINARY DOMAIN』(バイナリードメイン)のステージを開催しました。もちろん総合監督の名越稔洋氏が登壇、ゲームを紹介してくれました。

ソニー PS3
セガは東京ゲームショウ初日の15日、龍が如くスタジオの新作となる『BINARY DOMAIN』(バイナリードメイン)のステージを開催しました。もちろん総合監督の名越稔洋氏が登壇、ゲームを紹介してくれました。

名越氏は本作についてドラマチック・アクション・エンターテインメントとコメント。「全てが命の為」というテーマが掲げられ熱いドラマが繰り広げられるとのこと。ゲームとして音声認識を使った仲間とのコミュニケーションが重要になってくるそうです。

ここからは映像を紹介しながらゲームを解説。物語の舞台は近未来、2080年で、人間でも機械でもないロボットによって人類は危機的な状況に陥ります。プレイヤーは人類を救うためのラストクルーとなり、人類の未来を決める戦いに挑みます。名越氏によれば、「命ってなんだ?」と考えさせられるようなストーリーとなるそうです。

後半は斎藤大輔ディレクターも加わりゲームシステムを紹介。鍵となるのはチーム・アクション・シミュレーションです。それを叶える2つの特徴が説明されます。まずは「信頼度」。これは仲間のNPCがプレイヤーに対してどのくらいの信頼を持っているかを示すもので、プレイヤーの行動によって信頼度は変化し、信頼度の高低によってストーリーの展開方向も変わっていくそうです。

もう1つは「リップル・リンク・システム」と呼ばれるもの。これは、NPCがプレイヤーに対して会話や様々な提案をしてきた際に、プレイヤーが音声で返事ができるというシステム。プレイヤーの答えによって信頼度やNPCたちの戦い方、行動が変わっていきます。さらにそれに対する返しもリアルタイムで返ってきます。日常会話から戦闘中の指示まで多岐に渡って用いられ、チームで戦っているという感覚をリアルに与えてくれます。

最後にゲームの予約特典として先着の10万名にオリジナルヘッドセットが用意されることが明らかになりました。『BINARY DOMAIN』はPS3/Xbox360で2012年2月16日に発売予定です。
《Kevin Ngo@HatchUp》

編集部おすすめの記事

特集

ソニー アクセスランキング

  1. 尖りすぎた名作はなぜ今、リロードされたのか? 『END OF ETERNITY 4K/HD EDITION』のキーマンを直撃【インタビュー】

    尖りすぎた名作はなぜ今、リロードされたのか? 『END OF ETERNITY 4K/HD EDITION』のキーマンを直撃【インタビュー】

  2. 100タイトル以上の名作が最大85%OFF!「ハロウィンセール」&「PS Vitaタイトルセール」開催中

    100タイトル以上の名作が最大85%OFF!「ハロウィンセール」&「PS Vitaタイトルセール」開催中

  3. 『CoD:BO4』データサイズは「約55GB」、Day1アップデートは「約50GB」に―機種別プリロード開始時間も

    『CoD:BO4』データサイズは「約55GB」、Day1アップデートは「約50GB」に―機種別プリロード開始時間も

  4. オススメ!『PS4の基本プレイ無料ゲーム』【2018/10/10更新】

  5. 「ツインスティック」商品化のクラウドファンディング、半日かからず達成!『バーチャロン』3作品の移植決定が支援を後押し

  6. あなたは知ってる?『フォートナイト』「今は亡き思い出のあの要素」を振り返るー保管庫を漁って思いを馳せる【特集】

  7. 【吉田輝和の絵日記】『CoD:BO4』己の敵は己!?TDM・ゾンビ・バトロワモードに挑戦してきた

  8. 『荒野行動』PS4版が発表!リリース時期などは未定

  9. PS4『アズールレーン クロスウェーブ』公式サイトがオープン!本作の世界観やあらすじも公開

  10. 『バイオハザード RE:2』リメイクで期待する8つのポイント ─ “豆腐”や“おもしろ謎解き警察署”はどうなる!?

アクセスランキングをもっと見る