人生にゲームをプラスするメディア

【TGS 2011】ソーシャルゲームの勢いを象徴するグリーは、遊べるブースを出展

モバイル・スマートフォン iPhone

今年のゲームショウに初参戦したグリーのブースは会場全体の中でも最大規模で、白を基調とした清潔感あるブースが眩しいほどでした。

振り返れば2008年にはMobageのディー・エヌ・エーが出展したものの一年で撤退、数年前まではNTTドコモ、KDDIが大きなブースを並べていたもののこれも撤退。という風に家庭用ゲーム機が中心の東京ゲームショウにとってモバイルゲームは相性の良いものではありませんでした。(これはE3やgamescomでも同様で、大作ゲームが目立つショウでは仕方ない事かもしれませんが)

しかしグリーはそれを変えるかもしれません。

広いブースを歩くと誰もが知っているようなタイトルが並びます。「龍が如く」「バイオハザード」「ファイナルファンタジー」「サガ」「戦国無双」「シムシティ」「パズルボブル」「ガンダム」「仮面ライダー」と家庭用で人気を集めるフランチャイズがズラリ。さらにソーシャルゲームで大ヒットしたコナミの『ドラゴンコレクション』やグリー自身の『踊り子クリノッペ』『海賊王国コロンブス』『探検ドリランド』など良作揃いです。

ブース自体も単にゲームを体験させるだけでなく、ブースを回ることをゲーム化しています。それぞれのタイトルを試遊するとメダルが貰え、メダルを集めることでリアルなガチャに挑戦できます。ガチャにはメダル1枚用と5枚用があり、5枚用の方がより豪華な景品が当たる仕組みになっています。思わず遊ぶ回数が増えてしまいそうです。

『ドラゴンコレクション』など複数のタイトルではレアなアイテムやキャラクターなどが手に入るスペシャルカードが配布されていて、ビジネスデーにも行列を作っていました。QRコードからアクセスし、IDを入力することで手に入るという仕組みです。嬉しいプレゼントで、明日以降も人気を集めそうです。是非皆さんもグリーブースで遊んでみてください。
《土本学》

編集部おすすめの記事

特集

モバイル・スマートフォン アクセスランキング

  1. 『バンドリ!』×『ペルソナ』コラボの開催日やメンバーイラストが明らかに!公式生放送「@ハロハピCiRCLE放送局」まとめ

    『バンドリ!』×『ペルソナ』コラボの開催日やメンバーイラストが明らかに!公式生放送「@ハロハピCiRCLE放送局」まとめ

  2. 『FGO』「シグルド」(セイバー)と「ワルキューレ」(ランサー)が新たに参戦!

    『FGO』「シグルド」(セイバー)と「ワルキューレ」(ランサー)が新たに参戦!

  3. 『バンドリ!』×『ペルソナ5』カバー「Life Will Change」の一部プレイ動画を先行公開!7月20日追加予定

    『バンドリ!』×『ペルソナ5』カバー「Life Will Change」の一部プレイ動画を先行公開!7月20日追加予定

  4. Google Playストア発生の障害が解消―購入データが反映されない場合は「払い戻し」を

  5. 『少女前線』にいったい何が?運営と開発に亀裂、元運営が語る真相とは

  6. 『FGO』第2部OPから考察する新たなサーヴァントたち、君の名は……【特集】

  7. 『バンドリ!』×『ペルソナ』コラボメンバーのイラスト&特訓後シルエット全員分が公開!7月13日の生放送でその姿が明らかに

  8. 『FGO』マスターレベルの上限を開放! 最大レベルを150に変更─新たな幕開けを告げる第2部第2章TVCMも公開

  9. 『アークザラッド』新作のティザーサイトが公開!気になる詳細は7月30日に解禁

  10. 5つの視点から見る『Sdorica』の魅力―“Rayark=リズムゲー”を覆すハイクオリティRPG

アクセスランキングをもっと見る