人生にゲームをプラスするメディア

【TGS 2011】ソーシャルゲームの勢いを象徴するグリーは、遊べるブースを出展

今年のゲームショウに初参戦したグリーのブースは会場全体の中でも最大規模で、白を基調とした清潔感あるブースが眩しいほどでした。

モバイル・スマートフォン iPhone
今年のゲームショウに初参戦したグリーのブースは会場全体の中でも最大規模で、白を基調とした清潔感あるブースが眩しいほどでした。

振り返れば2008年にはMobageのディー・エヌ・エーが出展したものの一年で撤退、数年前まではNTTドコモ、KDDIが大きなブースを並べていたもののこれも撤退。という風に家庭用ゲーム機が中心の東京ゲームショウにとってモバイルゲームは相性の良いものではありませんでした。(これはE3やgamescomでも同様で、大作ゲームが目立つショウでは仕方ない事かもしれませんが)

しかしグリーはそれを変えるかもしれません。

広いブースを歩くと誰もが知っているようなタイトルが並びます。「龍が如く」「バイオハザード」「ファイナルファンタジー」「サガ」「戦国無双」「シムシティ」「パズルボブル」「ガンダム」「仮面ライダー」と家庭用で人気を集めるフランチャイズがズラリ。さらにソーシャルゲームで大ヒットしたコナミの『ドラゴンコレクション』やグリー自身の『踊り子クリノッペ』『海賊王国コロンブス』『探検ドリランド』など良作揃いです。

ブース自体も単にゲームを体験させるだけでなく、ブースを回ることをゲーム化しています。それぞれのタイトルを試遊するとメダルが貰え、メダルを集めることでリアルなガチャに挑戦できます。ガチャにはメダル1枚用と5枚用があり、5枚用の方がより豪華な景品が当たる仕組みになっています。思わず遊ぶ回数が増えてしまいそうです。

『ドラゴンコレクション』など複数のタイトルではレアなアイテムやキャラクターなどが手に入るスペシャルカードが配布されていて、ビジネスデーにも行列を作っていました。QRコードからアクセスし、IDを入力することで手に入るという仕組みです。嬉しいプレゼントで、明日以降も人気を集めそうです。是非皆さんもグリーブースで遊んでみてください。
《土本学》

編集部おすすめの記事

特集

モバイル・スマートフォン アクセスランキング

  1. 驚きの性能!特性「ふしぎなまもり」ヌケニン徹底検証【ポケモンGO 秋田局】

    驚きの性能!特性「ふしぎなまもり」ヌケニン徹底検証【ポケモンGO 秋田局】

  2. 『ポケモンGO』で『ポケモン ピカ・ブイ』発売記念イベントが開催決定!―カントー地方のポケモンが大量出現

    『ポケモンGO』で『ポケモン ピカ・ブイ』発売記念イベントが開催決定!―カントー地方のポケモンが大量出現

  3. 『PUBG MOBILE』過去最大数のBANを記録―不正行為に対して今後も対策を強化

    『PUBG MOBILE』過去最大数のBANを記録―不正行為に対して今後も対策を強化

  4. 『FGO』「復刻:冥界のメリークリスマス ライト版」が11月14日より開催決定!イベ限サーヴァント再入手時のレアプリズム付与機能も登場

  5. 『Sdorica』×『DEEMO』コラボイベント開催!「アリス」や「Deemo」と共に不思議な冒険へ…

  6. 誰もが通った道、かも?『FGO』初心者マスターが考えがちな“思い込み”8選─「QPは減らない」「低レアのサーヴァントは使わない」など【特集・アンケート】

  7. ローソン、「からあげクン FGO味」の販売をスタート!“人類悪”が顕現した商品紹介動画も公開中

  8. 『ポケモンGO』『Ingress Prime』配信を祝した特別イベントを実施!「いつでも冒険モード」も対応トレーナーレベルが5以上に調整

  9. 『FGO』ガチャの○○教はどれくらいの効果を発揮するのか?死ぬ気で計367連引いて調べてみた!

  10. 『ポケモンGO』新機能「いつでも冒険モード」がゲーム内に実装!現在はレベル35以上のトレーナーのみが使用可能

アクセスランキングをもっと見る