人生にゲームをプラスするメディア

『真・三國無双6 猛将伝』「レジェンドモード」には過去作リメイクエピソードも登場

コーエーテクモゲームスは、プレイステーション3ソフト『真・三國無双6 猛将伝』の最新情報を公開しました。

ソニー PS3
レジェンドモード イベントシーン
  • レジェンドモード イベントシーン
  • レジェンドモード イベントシーン
  • レジェンドモード イベントシーン
  • レジェンドモード プレイヤー:郭嘉 副官:賈詡
  • レジェンドモード プレイヤー:郭嘉 副官:賈詡
  • レジェンドモード 城の雰囲気が変化
  • レジェンドモード 城の雰囲気が変化
  • レジェンドモード シナリオ選択
コーエーテクモゲームスは、プレイステーション3ソフト『真・三國無双6 猛将伝』の最新情報を公開しました。

『真・三國無双6 猛将伝』は、単体でも遊べて『真・三國無双6』と組み合わせることで様々な要素が追加される「猛将伝」シリーズの最新作です。

本作のメインでもある新モード「レジェンドモード」は様々な英傑たちの物語をプレイすることができるモードです。各シナリオで設定された作戦を達成することで「居城」と呼ばれるプレイヤー武将が統治する街が発展したり、高難易度の戦いに挑んで条件を満たすと強力な上級武器を入手できたり、ストーリーを楽しみつつ、様々な特典の獲得が可能です。

「レジェンドモード」開始時に、プレイヤー武将と副官としてプレイヤーの補佐をしてくれる武将を選びます。プレイヤー武将は太守としてある城に派遣され、戦いを重ねて名声を高め城を発展させます。

副官は城の統治やゲームの進行をサポート。行政府を取り仕切り、プレイヤー武将が戦に出ている間は城を統治してくれます。これによって城の雰囲気が様々に変化します。選んだ副官によって変化しやすい雰囲気が異なってくるので、副官を決める際は注意しましょう。

シナリオは、大きく分けて2種類が存在。「英傑伝シナリオ」ではイベントシーンと戦闘を切れ目なく進行させる「シームレスプレイ」を実現しています。戦闘の内容をインターミッションで説明され、「蔡文姫」や「貂蝉」などの女性武将が主人公のシナリオも用意されています。

「レジェンドシナリオ」は『真・三國無双』シリーズファンには懐かしい過去作の戦いをリメイクしたものになっています。今までシリーズをプレイしていない人にも楽しめる内容になっているようです。

本作の発売を記念して、『無双』シリーズの携帯電話向けコンテンツを配信するオフィシャルサイト「無双 モバイル」では『真・三國無双6 猛将伝』の新キャラクター「郭嘉」「王異」「ホウ徳」の無料待受画像を配信しています。無料画像はサイト入会をせずにダウンロードが可能ですので、興味がある方はぜひ携帯からアクセスしてみてください。

■アクセス方法
・iモード
メニューリスト→待受画面→ゲーム→無双 モバイル
・EZweb
カテゴリ(メニューリスト)→待受・画像→TV・ゲーム→無双 モバイル
・Yahoo!ケータイ
メニューリスト→壁紙・きせかえアレンジ→ゲームキャラ→無双 モバイル

『真・三國無双6 猛将伝』は9月29日発売予定。価格は通常版が5,040円(税込)、「プレミアムBOX」が8,190円(税込)、『真・三國無双6 & 真・三國無双6 猛将伝 プレミアムパック』が10,120円(税込)です。

(C) コーエーテクモゲームス All rights reserved.
《津久井箇人 a.k.a. そそそ》

編集部おすすめの記事

ソニー アクセスランキング

  1. 『モンハン・アイスボーン』筋肉全開な重ね着、「マッスルγ」は相当遊べる!あるゴリマッチョなハンターの炭鉱夫生活

    『モンハン・アイスボーン』筋肉全開な重ね着、「マッスルγ」は相当遊べる!あるゴリマッチョなハンターの炭鉱夫生活

  2. 『Ghost of Tsushima』新参冥人に向けた「冥人奇譚」の特徴&アドバイス14選! 勝利の鍵は“仲間との意思疎通”にあり

    『Ghost of Tsushima』新参冥人に向けた「冥人奇譚」の特徴&アドバイス14選! 勝利の鍵は“仲間との意思疎通”にあり

  3. 『モンハン:アイスボーン』「ミラボレアス」オトモ装備の禍々しさが凄い!小っちゃいけれど“黒龍”そのものな姿をビューモードで観察

    『モンハン:アイスボーン』「ミラボレアス」オトモ装備の禍々しさが凄い!小っちゃいけれど“黒龍”そのものな姿をビューモードで観察

  4. 『モンハン:アイスボーン』歴戦王イヴェルカーナとの初戦結果を一挙紹介! 新大陸を締めくくる王者に感謝の声が殺到【アンケート】

  5. 『モンハンワールド:アイスボーン』ミラボレアスを倒すために考えた7つのこと

  6. 『ファイナルファンタジーXIV: 蒼天のイシュガルド』までに“やるべき事”まとめ(ストーリー編)

  7. 【特集】『GUILTY GEAR』石渡太輔氏x「楽園追放」水島精二監督対談―3DCGだからできたことと、CGでは再現できない「魂の部分」とは

  8. 『モンハン:アイスボーン』めざせ究極の筋肉! 「マッスルγ」を求めて“激昂ラージャン2頭狩り”に挑んだハンターたちの初戦結果を紹介【アンケート】

  9. PS5までの歴代PlayStation据え置きハードを振り返る!これまでの進歩とこれからの進歩を見比べよう

  10. 「『Ghost of Tsushima』協力型マルチ「冥人奇譚」で、どの役目を使う?」結果発表―モフれる「牢人」や、“脱”誉れの「刺客」が人気高し!【アンケート】

アクセスランキングをもっと見る