人生にゲームをプラスするメディア

「アナリストが選ぶ最も売れそうなE3 2011タイトル」TOP20

新型機PS VitaやWii Uといった大型のハード関連情報のみならず、『Battlefield 3』や『Modern Warfare 3』といったトリプルA級タイトルの発表も行われた今年のE3。

ゲームビジネス その他
新型機PS VitaやWii Uといった大型のハード関連情報のみならず、『Battlefield 3』や『Modern Warfare 3』といったトリプルA級タイトルの発表も行われた今年のE3。

海外のゲーム調査会社EEDARでは、「最も売れそうなE3 2011展示及び発表タイトルTOP20」が公開されています。ランキングは以下の通り。

* * * * *


20位: Street Fighter X Tekken

19位: Halo: Combat Evolved Anniversary

18位: Resistance 3

17位: Super Mario 3D

16位: BioShock Infinite

15位: Rage

14位: Gears of War 3

13位: Tomb Raider

12位: Star Wars: The Old Republic

11位: Duke Nukem Forever

10位: Infamous 2

9位: Halo 4

8位: The Legend of Zelda: Skyward Sword

7位: Batman: Arkahm City

6位: Uncharted 3: Drake's Deception

5位: Assassin's Creed Revolutions

4位: Call of Duty: Modern Warfare 3

3位: The Elder Scrolls V: Skyrim

2位: Battlefield 3

1位: Mass Effect 3

* * * * *


モンスター級の売り上げを誇るシリーズ最新作『Modern Warfare 3』が4位に位置するなど、中々興味深い結果となっています。

なおこの調査は6月5日から6月12日におけるIGNとGameTrailersのページビュー、ビデオビュー、さらに購入意向の3つの要素から調査されているとのこと。それぞれの要素の詳しい調査結果などはこちら(※PDFファイル注意!)からご覧ください。
《Game*Spark》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. JeSU「eSPORTS 国際チャレンジカップ」を2019年1月に開催─賞金総額は4タイトル合計で1,500 万円

    JeSU「eSPORTS 国際チャレンジカップ」を2019年1月に開催─賞金総額は4タイトル合計で1,500 万円

  2. スマホゲーム業界のマーケティングカオスマップ(β版)が公開―ゲームのライフサイクルに合わせる形で分類・整理

    スマホゲーム業界のマーケティングカオスマップ(β版)が公開―ゲームのライフサイクルに合わせる形で分類・整理

  3. 今週発売の新作ゲーム『JUDGE EYES:死神の遺言』『GOD EATER 3』『ボーダーランズ2 VR』他

    今週発売の新作ゲーム『JUDGE EYES:死神の遺言』『GOD EATER 3』『ボーダーランズ2 VR』他

  4. 【昨日の人気記事チェック】トーセ、開発案件名などが漏洩したと公表(12月19日)

  5. 今週発売の新作ゲーム『ザ クルー2』『NieR:Automata BECOME AS GODS Edition』『イースVIII Lacrimosa of DANA』『ルミネス リマスター』他

  6. サウジアラビアの“ミスク財団”とスクエニ・グループが覚書締結

  7. 『ミニファミコン 週刊少年ジャンプバージョン』発売2日間で11.1万台販売

  8. PC版『バイオハザード5』画面分割を望む声、海外で高まる

  9. 【CEDEC 2012】内製ツールで効率化は達成できるのか? ― スクウェア・エニックスの場合

  10. 「CEDEC 2012」基調講演の講演者が決定 ― ソラの桜井政博氏、ILMの上杉裕世氏など

アクセスランキングをもっと見る