人生にゲームをプラスするメディア

ゲームのうまい人はIQも高い? ゲーム大会上位入賞者からメンサへの入会者が

『アラド戦記 トレーディングカードゲーム』では、大会入賞者を対象にメンサのテストを実施、2名が合格しました。

ゲームビジネス その他
『アラド戦記 トレーディングカードゲーム』では、大会入賞者を対象にメンサのテストを実施、2名が合格しました。

『アラド戦記 トレーディングカードゲーム』は、オンラインゲーム『アラド戦記(Dungeon & Fighter)』を原作とした、日本未発売のカードゲーム。マスターズ大会の上位入賞者を対象にメンサのテストを行い、20歳と18歳のプレイヤーがこれに合格しました。

メンサとは、高いIQを持つことが入会条件となる世界的な組織。日本にも日本メンサが存在し、テストで全人口の上位2%のIQを示した人々が交流を行っています。

トレーディングカードゲームは高度に知的な遊びとされており、ゲームの成績とIQは無関係ではないのかも知れません。日本では、ゲームで遊ぶことが脳の活性化に繋がるとする「脳トレ」系のゲームがブームを起こしましたが、同時に「ゲーム脳」なる言葉も使われており、ゲームと脳の関係に関してはまだまだ議論が必要なところ。

極めて高いIQを必要とするメンサへの入会は極端な例としても、世間的な権威というものに敏感な韓国ゲーム界の手法は独特であり、日本とは異なったアプローチとして検証されるべきではないでしょうか。
《水口真》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 2018年12月発売の新作ゲームは何を買う?―注目タイトルまとめ!

    2018年12月発売の新作ゲームは何を買う?―注目タイトルまとめ!

  2. ゲームのナラティブはどうして議論がわかりにくい? 立命館大学ゲーム研究センターの研究員が徹底議論

    ゲームのナラティブはどうして議論がわかりにくい? 立命館大学ゲーム研究センターの研究員が徹底議論

  3. JeSU「eSPORTS 国際チャレンジカップ」を2019年1月に開催─賞金総額は4タイトル合計で1,500 万円

    JeSU「eSPORTS 国際チャレンジカップ」を2019年1月に開催─賞金総額は4タイトル合計で1,500 万円

  4. 今どきゲーム事情■杉山淳一:『A列車で行こう8』デフォルメと現実の間〜京浜急行電鉄の品川駅−羽田空港駅、こだわりの再現に挑戦!

  5. 今週発売の新作ゲーム『グランツーリスモSPORT』『サイコブレイク2』『巨影都市』他

  6. スマホゲーム業界のマーケティングカオスマップ(β版)が公開―ゲームのライフサイクルに合わせる形で分類・整理

  7. 「日本と海外におけるゲーマーにとってのリージョン制限」・・・イバイ・アメストイ「ゲームウォーズ 海外VS日本」第22回

  8. 【CEDEC 2017】『Fate/Grand Order』開発チームが語る、面白いゲームを創り続ける秘訣

  9. 日テレがe-Sports事業に参戦!プロチーム「AXIZ」を結成し7月からは地上波で専門番組も開始

  10. CC2が新プロジェクトを発表―復讐をテーマにした新作3タイトルの情報が公開!

アクセスランキングをもっと見る