人生にゲームをプラスするメディア

回れ!ドリルのように!「スーパーマリオ ブリキゴマ」・・・週刊マリオグッズコレクション第140回

第140回です。今回ご紹介するのは、エンスカイより発売中の「スーパーマリオ ブリキゴマ」です。

その他 全般
パッケージ
  • パッケージ
  • コマとヒモがセット
  • 1つ105円、全3種
第140回です。今回ご紹介するのは、エンスカイより発売中の「スーパーマリオ ブリキゴマ」です。

突然ですが、独楽(こま)ってご存知でしょうか?知らない世代もいるかもしれないので簡単に説明させていただくと、円錐型をした本体の中心に細い芯棒が刺さっていて、ヒモを使って回して遊ぶ玩具です(ほかにも色んな種類がありますが割愛させていただきます)。そのコマに、マリオデザインのモノが登場しました。マリオでコマというと『スーパーマリオギャラクシー2』に登場したアイテム「ドリル」を思い出すのは自分だけでしょうか。

ブリキ製で、直径5.5cmと小さめのタイプなので小さいお子さんでも大丈夫。パッケージ裏には、回し方の説明も書かれているので初心者でも安心です。コマはただ回すだけでなく、回転時間を競ったり、ワザを披露したりと遊び方は様々。慣れてきたらいろんなワザに挑戦してみてください。

柄はマリオ(青)、マリオ&ヨッシー(黄)、マリオ&ルイージ(緑)の3種類。星が描かれた背景にキャラクターが配置された、マリオらしいデザインとなっています。回転させるとどんな色になるかは、回してみてからのお楽しみ。価格は1つ105円です。

懐かしいね、自分も小学生のころ流行っていました。久しぶりに回してみようかと思ったら、勢い余って吹っ飛んで大変なことに…。コマは広い場所で遊びましょう!
それでは、また来週。

■著者紹介

kikai
『スーパーマリオブラザーズ』と一緒に生まれたマリオゲーマーであり、マリオグッズコレクター。マリオのことなら何でもお任せの「マリオ博士」。フリーライターとして活動中。インサイド以外にも雑誌「ニンテンドードリーム」などでも執筆。
ウェブサイト: ALL SUPER MARIO

(C) Nintendo Licensed by Nintendo
《kikai》

編集部おすすめの記事

特集

その他 アクセスランキング

  1. 『モンスターハンター:ワールド』生態系の破壊者“恐暴竜”と化したヨッシーが見られるリテクスチャMod!

    『モンスターハンター:ワールド』生態系の破壊者“恐暴竜”と化したヨッシーが見られるリテクスチャMod!

  2. 【e-Sportsの裏側】本当の意味での「最強」になりたい。プロゲーマーときど氏インタビュー

    【e-Sportsの裏側】本当の意味での「最強」になりたい。プロゲーマーときど氏インタビュー

  3. 【週刊インサイド】『遊戯王デュエルリンクス』「5D'sワールド」開放に読者の関心集まる─『モンハン:ワールド』イベント情報にも注目

    【週刊インサイド】『遊戯王デュエルリンクス』「5D'sワールド」開放に読者の関心集まる─『モンハン:ワールド』イベント情報にも注目

  4. すでに初回分完売!懐かしのアップライト筐体をお手頃サイズ&価格でご自宅へ―タイトーブース・ARCADE1UP【TGS2018】

  5. ガン闘病中の少年の声に応えたベセスダスタッフ、車で4時間かけて『Fallout 76』とサイン付きグッズを届ける

  6. ロシア・サンクトペテルブルク「ソビエトアーケード博物館」フォトレポート―鉄のカーテンの向こうではどんなゲームが…?

  7. 【何なのだ、これは!】鬼才、ヨコオタロウ氏が手掛けたゲーム作品まとめ【どうすればいいのだ?!】

  8. 【特集】ゲームを遊びながら食べるのにピッタリなお菓子11選、最強の“ゲームおやつ”は…!

  9. 生き残るのは誰だ…!?大型VTuber企画『THE MENTAL JUDGE』第二弾が9月29日に開催決定

アクセスランキングをもっと見る