人生にゲームをプラスするメディア

映画「ワイルド・スピード」最新作のゲーム版が配信決定

ゲームロフトは、ユニバーサル・パートナーシップス・アンド・ライセンシングとライセンシング契約を締結したと発表しました。

ゲームビジネス 開発
ゲームロフト ロゴ
  • ゲームロフト ロゴ
ゲームロフトは、ユニバーサル・パートナーシップス・アンド・ライセンシングとライセンシング契約を締結したと発表しました。



同社はこの契約により、カーアクション映画「Fast & Furious 5: Official Game」のゲームを開発・配信します。

カーアクション映画「The Fast and the Furious」(邦題は「ワイルド・スピード」)シリーズのゲーム版はすでに7作リリースされており、累計1500万以上の有料ダウンロード数を記録しているといいます。

『Fast & Furious 5: Official Game』は同社が開発・配信するゲームで、映画「ワイルド・スピード」シリーズ最新作のアメリカでの公開日前日である4月28日に、携帯電話、スマートフォン、タブレット端末向けにリリースされます。

同社のパブリッシング担当上席副社長ゴンザーグ・ド・ヴァロワ氏は、「我々がゲームを開発しているあらゆるモバイルプラットフォームへ『Fast & Furious 5』のあっと言わせる強力なカーチェイスの世界をお届できることをうれしく思います」とコメントしています。

ハイスピードなカーアクションが展開される映画「ワイルド・スピード」の世界観を、うまくゲーム化しているようです。

『Fast & Furious 5: Official Game』は、4月28日に配信される予定です。
《D》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. FPS界の重鎮“スタヌ”って何者?山田涼介も憧れる人気ストリーマー・StylishNoobの魅力

    FPS界の重鎮“スタヌ”って何者?山田涼介も憧れる人気ストリーマー・StylishNoobの魅力

  2. セタ、ジャスダックを上場廃止に―有価証券報告書の虚偽記載で

    セタ、ジャスダックを上場廃止に―有価証券報告書の虚偽記載で

  3. 【CEDEC 2017】日本とベトナムのゲーム共同開発の要は「チームとなること」―GIANTYセッションレポート

    【CEDEC 2017】日本とベトナムのゲーム共同開発の要は「チームとなること」―GIANTYセッションレポート

  4. SonicSYNCは『プロセカ』をどう進化させたのか―低遅延やリッチなサウンドに挑み続ける開発者の「こだわり」

  5. ゼロ遅延技術「SonicSYNC」は従来スマホ音ゲーの"間違い"を正せるか―『ディズニー ミュージックパレード』メディア向け発表会をレポート

  6. バンダイナムコスタジオ設立へ~1000名の開発者が所属

  7. メタバースってなあに? 『あつ森』『ポケモンGO』はどうなの? ゲーマーは知っておきたい基礎知識

  8. カプコンからメダルゲーム『ドンキーコング ジャングルフィーバー』が登場

  9. マーベラス、北米でのパブリッシング事業に参入―AQIと提携

  10. 任天堂とユービーアイソフトがサンダンス映画祭に出展

アクセスランキングをもっと見る