人生にゲームをプラスするメディア

日本一、『ディスガイア4』好調で業績上方修正・・・新たな成長戦略も

ゲームビジネス 市場

日本一ソフトウェアは、2月に発売した『魔界戦記ディスガイア 4』の販売が好調だったことを受け、平成23年3月期の業績予想を上方修正しました。

修正後の連結業績予想は売上高21億4400万円(修正前: 19億1700万円)、営業利益2億7800万円(1億4300万円)、経常利益2億6100万円(1億2400万円)、純利益1億7600万円(6100万円)となります。

また同社では中期の成長戦略を発表。「Entertainment for All」を掲げネットワークや海外を強化。従来のファン層に加え、新規ユーザー層の開拓を積極的に進めていく考えです。海外では現地法人NIS Americaを置いてきた米国のみならず、『ディスガイア4』では中国・韓国・フランス語版も発売する予定。

開発体制では少人数のユニットに再編。ユニットに権限を移譲することで機動性を高め、スタッフの成長を促進します。また、有力タイトルを手がけてきたクリエイターを中心に、株式会社カウンターストップ、株式会社ノラの2社を開発子会社として新たに設立。これまでのシステムプリズマ、Studio ToOeufを加えて、本社と子会社4社での開発体制となります。
《土本学》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. サウジアラビアの“ミスク財団”とスクエニ・グループが覚書締結

    サウジアラビアの“ミスク財団”とスクエニ・グループが覚書締結

  2. 建築ビジュアライゼーションにも活用される『Enlighten』-ゲーム開発技術との関連性は?ヒストリア代表に訊く

    建築ビジュアライゼーションにも活用される『Enlighten』-ゲーム開発技術との関連性は?ヒストリア代表に訊く

  3. 【ロックマン20周年記念イベント】 稲船氏や漫画家の先生が登場しトークショーを展開

    【ロックマン20周年記念イベント】 稲船氏や漫画家の先生が登場しトークショーを展開

  4. ゲームボーイ版『マインクラフト』はこんな感じ?―レトロ愛が伝わるファンメイド映像が公開

  5. 【レポート】映像と連動して風を発生させるVR周辺機器「Vortx」を体験

  6. VRの伝道師、GOROmanこと株式会社エクシヴィ代表取締役社長 近藤義仁氏が語る、国内におけるVR向けHMDムーブメントのこれまでとこれから―中村彰憲「ゲームビジネス新潮流」第46回

  7. 【特集】『東方Project』商業・海外展開の裏側、その背景には時代の変化が

  8. 「Flyers' Lab #2 世界観編」聴講レポート「自分が持つ新しいビジョンを示す仕事はいいな」とヨコオタロウ氏が語る、世界観構築術に迫る

  9. 2017年10月発売の新作ゲームは何を買う?―注目タイトルまとめ!

  10. VR中にもキーボードを打てる!―LogitechがViveトラッカーを使用した新技術を開発

アクセスランキングをもっと見る