人生にゲームをプラスするメディア

アジアのゲーム市場はインターネットカフェが依然重要

米国の調査会社Pearl Researchは、アジアのゲーム市場の大半ではインターネットカフェが大きな意味を持っていると最新のレポートで伝えています。

ゲームビジネス 市場
アジアのゲーム市場はインターネットカフェが依然重要
  • アジアのゲーム市場はインターネットカフェが依然重要
米国の調査会社Pearl Researchは、アジアのゲーム市場の大半ではインターネットカフェが大きな意味を持っていると最新のレポートで伝えています。

同社ではインターネットカフェを利用することで低コストでゲーム(主にオンラインゲーム)を楽しむことができるため、所得の限られるアジア地域では、全体で約35万件あると考えられるインターネットカフェが重要な位置を占めると言います。また、韓国でも自宅のPC所有率は82%もあるにも関わらず、依然として利用が盛んだそうです。こちらはコミュニティという意味合いも持っているようです。

お店は中国では200席もあるような巨大なものが主流で、インドやベトナムといった国では20席程度の小規模なものが多いそうです。中国ではTencentのソーシャルゲームや『クロスファイア』のような本格的なFPSが遊ばれ、ベトナムでは現地のVNG社の『The Swordsmen』のような地元産のゲームや海外のゲームポータルがよく利用されるそうです。

アジアのインターネットカフェの市場規模は2011年には190億ドルにもなると同社では推計しています。
《土本学》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. スマホゲーム業界のマーケティングカオスマップ(β版)が公開―ゲームのライフサイクルに合わせる形で分類・整理

    スマホゲーム業界のマーケティングカオスマップ(β版)が公開―ゲームのライフサイクルに合わせる形で分類・整理

  2. 今週発売の新作ゲーム『ザ クルー2』『NieR:Automata BECOME AS GODS Edition』『イースVIII Lacrimosa of DANA』『ルミネス リマスター』他

    今週発売の新作ゲーム『ザ クルー2』『NieR:Automata BECOME AS GODS Edition』『イースVIII Lacrimosa of DANA』『ルミネス リマスター』他

  3. 【特集】『オーバーウォッチ』日本語版はこうして生まれた…スクウェア・エニックス 西尾勇輝氏に聞く「ゲームローカライズ」とは

    【特集】『オーバーウォッチ』日本語版はこうして生まれた…スクウェア・エニックス 西尾勇輝氏に聞く「ゲームローカライズ」とは

  4. 任天堂がマイクロソフトにレア社を売却した経緯とは・・・3億7500万ドル巨額買収の裏側

  5. 国内ゲーム人口は4,336万人、家庭用ゲーム機所有者数も明らかに ― 2016CESA一般生活者調査報告書

  6. 【CEDEC 2011】山あり谷ありのソーシャルゲーム開発 ― 『100万人の信長の野望』誕生秘話

  7. コナミ主催のe-Sports日本選手権「パワプロチャンピオンシップス 2017」がNPB公認大会に!

  8. タカラトミー、イー・レヴォリューションを投資会社に売却

  9. スマホビジネスのスペシャリスト達によるマーケティングスタジオ「ONNE」が設立―メンバーには『逆転オセロニア』の佐藤基氏などが名を連ねる

  10. 今週発売の新作ゲーム『JUDGE EYES:死神の遺言』『GOD EATER 3』『ボーダーランズ2 VR』他

アクセスランキングをもっと見る