人生にゲームをプラスするメディア

ニンテンドー3DSは6歳以下でも安心して遊べるように設計されている

任天堂 3DS

ニンテンドー3DS コスモブラック
  • ニンテンドー3DS コスモブラック
2011年1月28日に行われた任天堂の第3四半期決算説明会の質疑応答にて、ニンテンドー3DSの立体視機能について触れています。



ニンテンドー3DSの特徴の一つとして、専用のメガネを使わなくても立体視が見れること。3Dボリュームを上げると3Dに、OFFにすると従来の2Dモードになります。

任天堂は「6歳以下のお子様には、長時間3D映像を見続けると目の成長に悪い影響を与える可能性がありますので、2D表示に切り替えてご利用ください」と、発表以来注意を呼びかけています。

ニンテンドー3DSでの『ポケモン』新作が制作中であることが発表され、裸眼立体視は6歳以下の子供は楽しめないので、小さな子供たちが3DSの『ポケモン』を遊べないのでは?という声が出ています。

ニンテンドー3DSに限らず、ゲーム機やソフトは親が買い与えるのがほとんど。親の見てない所に隠れて子供が3Dモードで遊ばないよう「ペアレンタルコントロール機能」を利用することで、2Dモード限定で遊ばせることができます。

WiiやニンテンドーDSi/DSi LLにも「ペアレンタルコントロール」機能はあり、『Wiiショッピングチャンネル』や『ニンテンドーDSiショップ』、ニンテンドーWi-Fiコネクションの有料コンテンツ、『インターネットチャンネル』や『ニンテンドーDSiブラウザー』など、いくつかの機能を制限をすることが出来ました。今回ニンテンドー3DSでは3Dモードのコントロールも出来るということになります。

岩田社長は「任天堂自身も立体視機能が目の成長への影響について、今後も分かりやすい形で伝えていく必要がある」とコメントしています。

Wii発売当時も「Wiiリモコンは強く振らないで軽く振るだけで遊べる」とTVCMを流したことがあるので、ニンテンドー3DSでも同じような展開をしそうです。
《まさと》

編集部おすすめの記事

任天堂 アクセスランキング

  1. マイニンテンドーストア、10月25日にスイッチ予約再開―次回は11月28日~12月3日お届け分

    マイニンテンドーストア、10月25日にスイッチ予約再開―次回は11月28日~12月3日お届け分

  2. 【特集】『スプラトゥーン2』Ver.1.4.0の注目ブキ8選!これからはこいつらが暴れる!?

    【特集】『スプラトゥーン2』Ver.1.4.0の注目ブキ8選!これからはこいつらが暴れる!?

  3. 【特集】動画で振り返る、ミニスーファミに収録された名作シリーズの今と昔8選

    【特集】動画で振り返る、ミニスーファミに収録された名作シリーズの今と昔8選

  4. グランプリに“乱入者”が登場する『ARMS』の更新データが配信開始!―「バッジ」などの新機能も追加

  5. 【読者アンケート】『ポケモン ウルトラサン・ウルトラムーン』最初のパートナーは誰にする?

  6. 3DS『逆転裁判4』の新たなプロモーション映像が公開―進化したグラフィックを確認!

  7. 『スーパーマリオ オデッセイ』は2人プレイ可能!―2Pは「キャッピー」が操作できる

  8. ゲオ、ニンテンドースイッチの抽選販売をアプリ上で実施─店頭での一般販売・抽選販売は期間限定で取りやめ

  9. 【特集】『スプラトゥーン2』超初心者を脱するための“戦場の鉄則”8箇条

  10. マイニンテンドーストアのエラーキャラ「ニンゴジラ」が予期せぬ人気に、海外メディアにも取り上げられる

アクセスランキングをもっと見る