人生にゲームをプラスするメディア

ニンテンドー3DSは6歳以下でも安心して遊べるように設計されている

任天堂 3DS

ニンテンドー3DS コスモブラック
  • ニンテンドー3DS コスモブラック
2011年1月28日に行われた任天堂の第3四半期決算説明会の質疑応答にて、ニンテンドー3DSの立体視機能について触れています。



ニンテンドー3DSの特徴の一つとして、専用のメガネを使わなくても立体視が見れること。3Dボリュームを上げると3Dに、OFFにすると従来の2Dモードになります。

任天堂は「6歳以下のお子様には、長時間3D映像を見続けると目の成長に悪い影響を与える可能性がありますので、2D表示に切り替えてご利用ください」と、発表以来注意を呼びかけています。

ニンテンドー3DSでの『ポケモン』新作が制作中であることが発表され、裸眼立体視は6歳以下の子供は楽しめないので、小さな子供たちが3DSの『ポケモン』を遊べないのでは?という声が出ています。

ニンテンドー3DSに限らず、ゲーム機やソフトは親が買い与えるのがほとんど。親の見てない所に隠れて子供が3Dモードで遊ばないよう「ペアレンタルコントロール機能」を利用することで、2Dモード限定で遊ばせることができます。

WiiやニンテンドーDSi/DSi LLにも「ペアレンタルコントロール」機能はあり、『Wiiショッピングチャンネル』や『ニンテンドーDSiショップ』、ニンテンドーWi-Fiコネクションの有料コンテンツ、『インターネットチャンネル』や『ニンテンドーDSiブラウザー』など、いくつかの機能を制限をすることが出来ました。今回ニンテンドー3DSでは3Dモードのコントロールも出来るということになります。

岩田社長は「任天堂自身も立体視機能が目の成長への影響について、今後も分かりやすい形で伝えていく必要がある」とコメントしています。

Wii発売当時も「Wiiリモコンは強く振らないで軽く振るだけで遊べる」とTVCMを流したことがあるので、ニンテンドー3DSでも同じような展開をしそうです。
《まさと》

編集部おすすめの記事

任天堂 アクセスランキング

  1. 『スプラトゥーン2』Ver.2.1.0ではステージに大きな変化があった!詳細&バトルで重要なポイントをチェック

    『スプラトゥーン2』Ver.2.1.0ではステージに大きな変化があった!詳細&バトルで重要なポイントをチェック

  2. 『スプラトゥーン2』ガチアサリで勝つためのコツ10選!新ルールのバトル前にはこれを読め!

    『スプラトゥーン2』ガチアサリで勝つためのコツ10選!新ルールのバトル前にはこれを読め!

  3. 【特集】『スプラトゥーン2』初心者にはこのブキがオススメ!使いやすいブキ8選

    【特集】『スプラトゥーン2』初心者にはこのブキがオススメ!使いやすいブキ8選

  4. 『ゼノブレイド2』アプデ内容と共に、一周目では未加入のブレイドが仲間になるなど、「二周目要素」の詳細が公開!

  5. 【特集】『スーパーマリオ オデッセイ』小ネタ12選!知ればマリオの旅がもっと楽しくなる!?

  6. 破滅の書を手にした少女たちの運命は…ニンテンドースイッチ『Dear My Abyss』が2018年初頭配信開始!

  7. 【特集】『どうぶつの森 ポケットキャンプ』効率よく仕事する8つのテクニック ─ どうぶつから金をもらう秘訣は“イス”!

  8. 【特集】『スプラトゥーン2』超初心者を脱するための“戦場の鉄則”8箇条

  9. ピカチュウも歴代ボスと“わるだくみ”!?「レインボーロケット団の野望」キャンペーンが1月20日より開催

  10. 【特集】『スプラトゥーン2』イカしたオシャレを極めろ!おすすめギア&コーデ8選

アクセスランキングをもっと見る