人生にゲームをプラスするメディア

早期に上場する、イメージエポックの戦略・・・御影社長&宇田プロデューサーインタビュー 後編

「JRPGセカンドステージ」を掲げてパブリッシャ宣言を行ったイメージエポック。会社設立からわずか5年間で、急速な成長を遂げています。本インタビューでは同社の社風や、求める人材像、経営戦略などについて、より突っ込んだ話を伺いました。

ゲームビジネス 市場
RPGには無限の可能性がある!イメージエポック御影社長&宇田プロデューサーインタビュー 前編
  • RPGには無限の可能性がある!イメージエポック御影社長&宇田プロデューサーインタビュー 前編
  • RPGには無限の可能性がある!イメージエポック御影社長&宇田プロデューサーインタビュー 前編
  • RPGには無限の可能性がある!イメージエポック御影社長&宇田プロデューサーインタビュー 前編
  • RPGには無限の可能性がある!イメージエポック御影社長&宇田プロデューサーインタビュー 前編
「JRPGセカンドステージ」を掲げてパブリッシャ宣言を行ったイメージエポック。会社設立からわずか5年間で、急速な成長を遂げています。本インタビューでは同社の社風や、求める人材像、経営戦略などについて、より突っ込んだ話を伺いました。

御影良衛:イメージエポック代表取締役。
宇田洋輔:開発プロデュース・広報担当。「最後の約束の物語」プロデューサー。


■「会社も作るし、ゲームも作る」がモットー


―――デベロッパには経営状態が火の車という企業も多いですが、その中で御社はパブリッシャにまで成長された。成功の秘訣はなんでしょうか?

御影:単純にうまくいったという思いはなくて、無理矢理やっている、という感じでしょうか。すべて完璧にこなしてきて、何も問題のない会社かというと、そうではないので。ただうちの会社が優れている点というのは、未来に向かって「会社も作るし、ゲームも作る」。その一体感が非常に強いことが、成長率の高さだったり、チャンスに対するアプローチの速さにつながっていると思います。

―――具体的に言うと、どういうことですか?

御影:作品を作るだけなら、十億円単位のお金を調達して、大作ゲームを作られるデベロッパさんも、かなりあると思うんです。でも、それがきちんと望まれた形で市場に出ているかという点が疑問でして。パブリッシャとしては、投資したお金を回収しなくてはいけませんが、僕の見立てだとほとんど回収できていないんですね。元カプコンの稲船さんが一時期よく話をされていましたが、「作りたい、作りたいだけだと、じり貧になっていく。ちゃんと経営と現場が仲良くならないといけない。」まさにそこなんです。イメージエポックは、そこのバランス感覚が、群を抜いて高いんじゃないかと感じています。

―――なるほど。

御影:おもしろいゲームを作って、ユーザーさんに喜んでもらうだけでなくて、会社ですから、社会的な存在意義も示さなくちゃいけない。その中でイメージエポックが関われるのはJRPGだったので「JRPGセカンドステージ」というキーワードを使わせて頂いたんですが、ゲーム産業自体が実はセカンドステージに来ていると思うんです。常に新しいやり方を模索しないといけない。右へ倣え、でうまく行く時代は終わったと思っています。そういう意味で「会社も作るし、ゲームも作る」んです。

―――御影社長はクリエイターであり、経営者ですよね。

御影:僕はあまり自分のことを純粋なクリエイターだと思ったことがないんです。モノ作りではなくて、モノ作りをしたい人たちを生かす箱作りにワクワクするタイプなんですよ。「最後の約束の物語」でも、原案やシステムの案など立ち上げはやらせてもらいましたが、今は宇田や池(ディレクター)が全体的に引き継いでくれて、良いゲームに仕上がりつつあります。実際、僕だけが生み出したという感覚はあまりないんです。それよりも、ゲームを育ててくれている宇田以下の開発スタッフがすごく可愛くて。1本でも多く売れて、1人でも多くのユーザーさんが楽しいと言っていただければ嬉しいですね。そのための箱を作るのが、僕はものすごく楽しいんです。最高に幸福な役職だと思っています。

―――はっきり経営側だと。

御影:ええ。「会社も作るし、ゲームも作る」と言いましたが、一人で二役やる必要があるとは思ってないです。僕はユーザーさんにアプローチするための箱作り。宇田は実際にモノを作って、ユーザーさんにアプローチ。そこでそれぞれ、違った幸福感が得られる。実際、優秀な仲間も増えてきましたので、僕がクリエイターをやる必要性は、少なくなってきていると感じています。それよりも泥臭い仕事を沢山やって、会社が良くなっていくというのが、今必要なステップだと自分は思っています。僕らは「JRPGセカンドステージ」を掲げましたが、正直、今の実力ですぐに実現できるとは思っていません。ただ、将来の僕たちはできると思っています。その未来像に近づくための会社作りをするのが僕の仕事ですね。

―――宇田さんから見た社長像というのは?

宇田:御影は僕の弟よりも年が若いんですよ。まず、それが衝撃でした。だからといって御影を軽んじたりといったことは、全社員一切なくて、すごく尊敬しています。もうバイタリティがすごいんですよ。一体どこから、こんなパワーがわいてくるのか。あとは判断が速いので、すごく助かっています。今、パブリッシャというポジションにまでなれたというのは、そこが一番のキーになっていると感じています。


■全職種的に人材を大募集中ですので、ぜひ応募してください!
《土本学》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 【CEDEC 2017】ゲームの特許は難しくない!だれでもわかる効果的なゲーム特許の取得方法

    【CEDEC 2017】ゲームの特許は難しくない!だれでもわかる効果的なゲーム特許の取得方法

  2. 迫力のドット絵でサイバーパンクを表現した『The Last Night』がクール!家庭用版も開発中

    迫力のドット絵でサイバーパンクを表現した『The Last Night』がクール!家庭用版も開発中

  3. イケメンはこうして作られる!「「その口…塞いでやろうか…?」250人のイケメンをLive2D化してわかった、成人男性キャラの魅力的な見せ方」セッションレポート【alive2019】

    イケメンはこうして作られる!「「その口…塞いでやろうか…?」250人のイケメンをLive2D化してわかった、成人男性キャラの魅力的な見せ方」セッションレポート【alive2019】

  4. アップルのゲーム界参入は2012年頃、Apple TVが今後のキー−海外アナリストの予測

  5. 【ゲーム×法律】子どもがゲームに高額課金、親は取り戻せるのか?

  6. 全世界で愛されているAndroidエミュレーター「NoxPlayer 」をTGSで体験!至れり尽くせりな機能が嬉しい

  7. 2020年1月発売の新作ゲームは何を買う?注目タイトルまとめ!【年末年始特集】

  8. ゲームクリエイターたちの熱い夜!DeNA×アカツキ×カヤックが語るユーザーのためのゲームづくりとは

  9. フロムソフトウェアとじゃらんが「旅行」をテーマにゲーム開発をする変わったインターンシップをスタート

  10. 【プレイレポ】テスター希望者10万人超えのVRMMO『ソードアート・オンライン ザ・ビギニング』のヤバさにワクワクが止まらない

アクセスランキングをもっと見る