人生にゲームをプラスするメディア

任天堂、3Dゲーム制作の執念が明らかに・・・社長が訊く「ニンテンドー3DS」

任天堂ホームページにて、ニンテンドー3DSの社長が訊くが掲載されました。

任天堂 3DS
バーチャルボーイ
  • バーチャルボーイ
  • ニンテンドー3DS コスモブラック
  • ニンテンドー3DS アクアブルー
任天堂ホームページにて、ニンテンドー3DSの社長が訊くが掲載されました。

今回の社長が訊くは、岩田社長、宮本茂氏、そしてコピーライターの糸井重里氏の3人。この3人が揃って語るのはニンテンドウ64版『MOTHER3』以来でしょうか。今回はニンテンドー3DSについて語ります。



ニンテンドー3DS体験会を明日に控えた今日、ニンテンドー3DSを触ってみた糸井氏。3DSの話の前に宮本氏がバーチャルボーイの話を語ります。



バーチャルボーイは、1995年7月21日に1万5000円で発売した任天堂のゲーム機。ゴーグルのようなディスプレイになっていて、プレイヤーは覗き込み、立体ゲームを楽しむことが出来るというハードでした。

ただ、画面は赤と黒の2色、発売されたゲームも少なく、当時はニンテンドウ64と開発時期が重なってしまっていて、商業的には失敗に終わってしまいました。

宮本氏はバーチャルボーイを「おもしろいおもちゃ」「魅力的なおもちゃ」と語ります。ゲームのプラットフォームとして考えると、やはり広がらず終わってしまった訳ですが、「ラブテスター」や「ウルトラスコープ」などの“おもちゃの延長上と考えると任天堂らしい商品であった”とここではまとめています。

続いてはメガネを使わずに立体映像が見えるハードについて。ゲームキューブに3D映像が表示できる機能が付いているという話は、過去の社長が訊くで明かされたことがありますが、一番最初はゲームボーイアドバンスSPの頃とここで岩田社長から初披露。ただ当時は液晶の解像度が高くなかったため、サンプルとしては存在したものの、製品としては世に出回っていない形で終わっています。



ゲームキューブに3D回路が表示されている点については、実は対応ソフトは『ルイージマンション』で、周辺機器を用意すれば3D画面で遊べたそうです。確かにそういわれてからゲームの動いているところを見ると・・・その名残っぽい感じがしなくもありませんね。

話はさらにさかのぼり、当時HAL研究所で制作していた『3Dホットラリー』も3D対応ゲームでした。ゴーグルを付けて遊ぶと3D画面で遊ぶことが出来ましたが、実は当時プログラマーだった岩田社長と宮本氏が初めて一緒に仕事をしたゲームということも明らかにしました。最初の出会いが3Dゲーム制作という所がまた運命的な印象を受けます。ちなみに糸井氏は『3Dホットラリー』の存在は知らなかったと語っています。

話は戻ってニンテンドー3DSの話題に。「3Dはどうや?飛び出さへんのか?」と当時社長だった山内相談役は3Dが好きのようで、任天堂が3Dゲームにこだわってこれまで何度も挑戦してきたのは“山内溥”の存在と情熱があったから今のニンテンドー3DSがあるという訳です。元々ニンテンドーDSも「2画面のゲーム機」を提案したのも山内相談役のアイディアから生まれたものです。



こうしてディスクシステム、バーチャルボーイ、ゲームキューブ、ゲームボーイアドバンスSPと、3Dゲームは何度も失敗に終わっていますが、それでも3Dのゲームを作るんだという思いの強さがあったからこそ「ニンテンドー3DS」というゲーム機が誕生した訳です。

社長が訊くはまだ続くようで、気になる続きは近日公開となっています。

ニンテンドー3DSは1月8日~10日までの3日間、千葉県幕張メッセにて「NINTENDO WORLD 2011 ニンテンドー3DS体験会」で実際に触って遊ぶことが出来ます。こちらも要チェックです。
《》

編集部おすすめの記事

任天堂 アクセスランキング

  1. 『あつまれ どうぶつの森』喜ぶレイジに黒い笑みのつねきち! 島の重役たちが2020年を振り返る

    『あつまれ どうぶつの森』喜ぶレイジに黒い笑みのつねきち! 島の重役たちが2020年を振り返る

  2. 『あつまれ どうぶつの森』12月になって何が変わった? 北半球の冬の訪れを8項目でチェック!

    『あつまれ どうぶつの森』12月になって何が変わった? 北半球の冬の訪れを8項目でチェック!

  3. 『ポケモンHOME』の使い方を解説!スイッチ版・スマホ版の基本設定から『ポケモンバンク』の移動方法も

    『ポケモンHOME』の使い方を解説!スイッチ版・スマホ版の基本設定から『ポケモンバンク』の移動方法も

  4. 『ゼルダ無双 厄災の黙示録』100年でハイラルの町や店はどう変わった? 『BotW』と比較!

  5. 『ポケモン ソード・シールド』ポケモン図鑑完成を目指すときのコツ!400種類コンプを目指そう

  6. 『あつまれ どうぶつの森』島の名前アイデア50選!命名に迷っている人は要チェック

  7. 『スプラトゥーン』はついに5周年! じゃあ『スプラトゥーン3』はどうなる? 予想・願望を書き連ねてみた

  8. 『スプラトゥーン2』使いこなせたらカッコいいブキ10選

  9. 『マリオカート8 デラックス』初心者ドライバーが勝つための8つのポイント

  10. ニンテンドースイッチの本体アプデVer.11.0.0がアツい! PC&スマホへのスクショ転送、トレンド機能など見どころを具体的にチェック

アクセスランキングをもっと見る