人生にゲームをプラスするメディア

『星空バータウン』の月商も公開したCyberX・・・Social Top Runner Vol.2(3)

ゲームビジネス 開発

Social Top Runner Vol.2
  • Social Top Runner Vol.2
  • Social Top Runner Vol.2
  • Social Top Runner Vol.2
  • Social Top Runner Vol.2
  • Social Top Runner Vol.2
  • Social Top Runner Vol.2
  • Social Top Runner Vol.2
  • Social Top Runner Vol.2
今回のイベントにはサイバーエージェントのグループからCyberXとサムザップが参加していました。

CyberX 小柳津林太郎氏


まずCyberXはサイバーエージェントで広告プランナーとして活躍した小柳津林太郎氏が代表を務める企業で、元々はBtoBのモバイルコンテンツの受託制作からスタートしたものを、「先が見えた」(小柳津氏)ことから2009年12月に業態変更したものです。

○貴重な売上実績も公開

CyberXのプレゼンでは現在運営中のタイトルの貴重な会員状況や売上実績も公開されました。

星空バータウン

プラットフォーム: mixiモバイル
会員数130万人 デイリーアクティブ率25% 月商数千万円(前半)

ドリームプロデューサー

プラットフォーム: モバゲータウン
会員数115万人 月商数千万円(後半)

モリんちゅ

プラットフォーム: モバゲータウン
会員数 20万人台 月商数百万円(後半)

きらめき舞妓ガール

プラットフォーム: モバゲータウン
会員数20万人弱 月商数千万円(前半)

キラキラ☆プロデューサー日記

プラットフォーム: Amebaモバイル
会員数 数万人 月商数千万円(前半)

○開発体制は

CyberXでのタイトル毎のプロジェクトチームはアプリケーションエンジニア2名とインフラエンジニア1名の体制で、環境としては、LAMP、Cake PHP、Tokyo Tyrant、Memcached、Flashmixerなどです。



ヒット中の『ドリームプロデューサー』の場合はこのような感じです。



このようにCyberXはサイバーエージェントグループという強みも活かしながら、モバゲータウン、グリー、mixi、そしてAmebaと多岐に渡り展開し、成功を収めています。

また、現状に留まらず次なる舞台をiPhone/Androidといったスマートフォンに始まり、facebookやMySpace、renren、QQなど海外のSNSにも広げていくと話します。



小柳津氏は「一緒に国内でテッペンを獲り、世界に通用するモバイルサービスを作りたいという志に強いパッションを持って賛同してくれる方を求めている」と締めてプレゼンを終えました。

各社の採用などはこちらから。
《土本学》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. PSVRソフト『DARK ECLIPSE』が「TGS2017」ソニーブースにて映像出展決定!

    PSVRソフト『DARK ECLIPSE』が「TGS2017」ソニーブースにて映像出展決定!

  2. 『機動戦士ガンダム 戦場の絆 VR PROTOTYPE Ver.』発表!「VR ZONE SHINJUKU」にて2017年冬に期間限定で設置

    『機動戦士ガンダム 戦場の絆 VR PROTOTYPE Ver.』発表!「VR ZONE SHINJUKU」にて2017年冬に期間限定で設置

  3. 【インタビュー】TGS2017では異色の出展社?!ゲームユーザーのためのPayPalの「覚悟」とは

    【インタビュー】TGS2017では異色の出展社?!ゲームユーザーのためのPayPalの「覚悟」とは

  4. 「TGS 2017」DMM GAMESブースにて『PUBG』出展&特別ステージ実施―「e-Sports X」にて50人同時対戦イベントも!

  5. 「東京ゲームショウ2017」にて主催者企画「e-Sports X(イースポーツクロス)」開催決定!

  6. 【レポート】VRロボゲー『アーガイルシフト』のロマンと没入感が凄い!男の子の夢、これで叶います

  7. シリコンスタジオ、『Enlighten』と『YEBIS』をTGS2017に出展-「リアリズムの追求と開発効率に貢献したい」

  8. 【G-STAR 2016】VRテーマパーク向けFPSをプレイ…自分の足で歩き、自分の手で扉を開け、自分の判断で逃げれる

  9. 『スペースチャンネル5』新作発表!時代が追いつきVR作品に

  10. 【TGS2016】VRアイドルライブで実感したのは「照れ」! “アイドルとの距離×臨場感”で心を揺さぶるVR「Hop Step Sing!」体験レポ

アクセスランキングをもっと見る