人生にゲームをプラスするメディア

カプコン、平成22年3月期業績を発表・・・タイトル延期で苦戦

ゲームビジネス 市場

カプコンは、平成22年(2010年)3月期 通期業績を発表しました。

それによれば、売上高668億3700万円(前年度比△27.3%)、営業利益55億5700万円(△61.8%)、経常利益55億3000万円(△59.9%)、純利益21億6700万円(△73.1%)と大型タイトルの延期や苦戦などがあり減収減益となりました。

主軸のコンシューマー用ゲームソフト事業で『モンスターハンター3(トライ)』を新たに発売し、『モンスターハンターポータブル 2nd G』が引き続き伸びましたが、『ロストプラネット2』や『スーパーストリートファイターIV』、『モンスターハンター3(トライ)』(海外版)の発売延期や一部タイトルの苦戦があり前年を大幅に下回りました。

アミューズメント関連事業においては、来期以降の効率的な事業体制構築のため、事業再構築費用として特別損失を計上しています。一方で、移転価格税制に関する日米税務当局の合意により法人税の還付がありました。

コンテンツエキスパンション事業では、携帯電話向け『逆転裁判4』が好調だったほか、iPhone/iPod touch向け『バイオハザード ディジェネレーション』が堅調でした。遊技機では『ビューティフルジョー』や『新鬼武者』が健闘しました。黒字転換を果たしています。

キャラクター関連のライセンス事業は堅調でした。

今期は大型タイトルの投入を予定し、売上高950億円、営業利益150億円、経常利益140億円、純利益80億円を見込みます。
《土本学》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. ダイバーシティでVR『バイオハザード7』を体験するチャンス!ジャック・ベイカーの等身大フィギュアも登場

    ダイバーシティでVR『バイオハザード7』を体験するチャンス!ジャック・ベイカーの等身大フィギュアも登場

  2. 【インタビュー】KLabに訊くプロジェクト管理ツール「SHOTGUN」導入事例―管理業務の負担を半分に削減?!

    【インタビュー】KLabに訊くプロジェクト管理ツール「SHOTGUN」導入事例―管理業務の負担を半分に削減?!

  3. まさかのメガドライブ新作『PAPRIUM』が発売決定!―蘇る16Bitアクション

    まさかのメガドライブ新作『PAPRIUM』が発売決定!―蘇る16Bitアクション

  4. 『Google Earth VR』がストリートビューに対応!―お家に居ながら世界旅行気分

  5. 株式会社ディンゴが倒産、編集部でも確認―代表作は『フォトカノ』『初音ミク -Project DIVA-』

  6. 【CEDEC 2017】基調講演『ソードアート・オンライン』が見せる未来、小説とテクノロジーについて語る

  7. 秋葉原の洋ゲーショップ「ゲームハリウッド」2月24日で閉店

  8. アークシステムワークスがアメリカ現地法人として「Arc System Works America, Inc.」を設立

  9. スクエニ、執行役員制度を復活 ― 『ドラクエX』齋藤氏や『FFXIV』吉田氏も役員に名を連ねる

  10. セタが解散へ―『スーパーリアル麻雀』や『森田将棋』で知られる

アクセスランキングをもっと見る