人生にゲームをプラスするメディア

【DEVELOPER'S TALK】手のひらサイズでも「ACE」級、iPhoneアプリ『ACE COMBAT Xi Skies of Incursion』開発チームのチャレンジ

バンダイナムコゲームスがiPhone/iPod touch向けに配信中の『ACE COMBAT Xi Skies of Incursion』は、バンダイナムコゲームスとして初めて、シリーズを手掛けてきたメンバーが直接iPhoneに挑んだ作品であり、シリーズの原点に立ち返った作品でもあります。

ゲームビジネス 開発
ACE COMBAT Xi Skies of Incursion
  • ACE COMBAT Xi Skies of Incursion
  • ACE COMBAT Xi Skies of Incursion
  • 【DEVELOPER'S TALK】手のひらサイズでも「ACE」級、iPhoneアプリ『ACE COMBAT Xi Skies of Incursion』開発チームのチャレンジ
  • ACE COMBAT Xi Skies of Incursion
  • 【DEVELOPER'S TALK】手のひらサイズでも「ACE」級、iPhoneアプリ『ACE COMBAT Xi Skies of Incursion』開発チームのチャレンジ
  • ACE COMBAT Xi Skies of Incursion
  • 【DEVELOPER'S TALK】手のひらサイズでも「ACE」級、iPhoneアプリ『ACE COMBAT Xi Skies of Incursion』開発チームのチャレンジ
  • ACE COMBAT Xi Skies of Incursion

■ダウンロードコンテンツの未来

―――ダウンロードコンテンツの販促には各社さん苦労されているようですが、いかがでしたか?

加藤: いわゆるパッケージコンテンツの場合には、プロモーションやTVCMをする際に目標とするのは、いかにお店のゲーム売り場に行って手に取って貰えるかという点になります。ダウンロード販売の場合は、足を運ぶ必要がないので、その敷居は格段に低いんです。逆にお店のように整然としていないので、ぶらりと回って買うというのはまだ難しい状態です。

今回上田が全国を回ってプロモーションをしてくれたのですが、上田が現地に赴いてユーザに「エースコンバット」を紹介する場所、そこ自体が売り場になるんです。パッケージ販売からダウンロード販売になって、売り場がiPhoneの画面やPCのスクリーン上だけに集約されると思っていたのですが、逆にあらゆる空間がゲーム売り場になってしまったんです。それはやっていて面白いと感じましたね。

江藤: 本当に新しいマーケットという言葉がしっくりきます。

加藤: ユビキタス社会がいよいよコンテンツの分野にも来たということでしょうか。色々な意味で感動しました。

上田: 発売時にセール価格で600円に設定したんです。するとTwitterなどで、なぜか販売価格は1200円という噂が瞬く間に広まったんです。イベントで「本当は販売価格900円です」と言ったら、半日後にはまた「900円だった」というのが広まったので良かったのですが。口コミはすごく効果が高いのですが、同時に誤解が誤解を生んでしまう可能性があり、気をつけないといけない部分でもありますね。

―――iPhoneを見て思うのは、モバイルと家庭用ゲームの境目がなくなっていることです。今回のチャレンジは、家庭用ゲーム機の今後、デジタルディストリビューションが主流になるという未来まで視野を入れてやられたものなのでしょうか?

加藤: 物体としての所有の楽しみもエンターテインメントの一つですから、パッケージ販売が急に縮小することはないと思いますし、すぐにデジタルディストリビューションが『主流』になるかというと、そうは思いません。しかし、家庭用ゲーム機のダウンロードビジネスは将来的にはもっと比重が高まっていくでしょうし、バンダイナムコゲームスとしても、避けて通れないものだと認識しています。iPhoneはダウンロードビジネスの中では最も世界で普及した端末ですので、非常に有効なモデルケースになると思います。

現在、全ての家庭用ゲーム機でダウンロードビジネスがありますが、パッケージ販売と同じ商品で、同じビジネスモデルでは本当の意味での発展はないと思います。残念ながら弊社も含めて、そこに適合するビジネスは明確には提示できてないとも思っています。しかし当然、そのトップを走りたいと考えていますので、パッケージとしてではなく、コンテンツそのものの価値を売るという、ある意味エンターテイメントの原点に立ち戻って、あるべきビジネスモデル、あるべきコンテンツのコンセプトを確立したいと思っています。今回の作品は、我々にとって、その足掛かりとなる重要な要素の幾つかを含んでいると思います。

―――最後に、毎回恒例の質問なのですが、ゲームを遊んでいただいているユーザさんと、iPhoneにこれから挑戦しようというようなゲーム開発者さんに一言ずつコメントをいただけますでしょうか?

江藤: 『ACE COMBAT Xi Skies of Incursion』はこれからも進化を続けていきたいと考えています。ぜひ注目していただければと思います。これからiPhoneの開発をやられる方には、iPhoneをなめてかかっちゃいけないとお伝えしたいですね(笑)。僕は初めは軽い気持ちで開発していたのですが、大変な壁にぶつかってブルーになった時期がありました。家庭用ゲーム機をやってきた人間にはインパクトが大きいハードでした。ボタンが何も無いのは本当に大変でした(笑)。ただ、その分だけ可能性はあると思っているので、何十回も試行錯誤を繰り返せば、何か答えは見つかると思います。

山崎: 傾き操作で遊べる『エースコンバット』ということで、今までの感覚は一回クリアしてもらって、楽しんで欲しいですね。音も頑張って作ったので、ぜひヘッドホンで聴いていただきたいです。開発者の方には、色々と工夫のし甲斐があるハードですので、作っていて面白いと思います。やりがいのあるハードです。ハイエンド機からモバイルまで、色々と学ぶ物が多い昨今ですが、置いていかれないように頑張っていますので、一緒に頑張りましょう。

上田: 『ACE COMBAT Xi Skies of Incursion』はまだまだ終わりませんので、今後のバージョンアップにも期待してほしいです。開発をされる方には、高品質なアプリをどんどん出して欲しいですね。ゲーム機としても認められつつあるプラットフォームなので、玉石混交に負けず、良いゲームを出していきましょう。

加藤: 本作は『エースコンバット』の最もベーシカルな部分を楽しめる、初心に戻ったゲームです。まだ『エースコンバット』シリーズを体験したことのない方はここから入っていただけるゲームなので、ぜひ触っていただきたいなと思います。また、『エースコンバット』をこれまで遊んでこられた方には、まだまだ進化を続けるつもりなので、今後にご期待いただきたいと思います。開発者の方には、iPhoneは低い敷居でありながら、クリエイティビティを反映させられる、価値のあるハードだと思います。その逆に、今現在は、敷居が低いために、長い目を持たなければ、クリエイティビティを発揮しなくとも、上辺だけでそれなりにビジネスができてしまう怖いマーケットでもあります。それだけに、プレイヤーのために本気で作る開発者の方にどんどん挑戦していただき、活気あるクリエイターのためのマーケットになって欲しいと思います。
―――本日はありがとうございました!

バンダイナムコゲームス 未来研究所にて


ACE COMBAT Xi Skies of Incursion © 2009 NBGI
(C) GeoEye (C) JAPAN SPACE IMAGING CORPORATION.
All trademarks and copyrights associated with the manufacturers, aircraft, models,
trade names, brands and visual images depicted in this game are the property of their
respective owners, and used with such permissions.
Powered by "CRIWARE mobile". CRIWARE is a trademark of CRI Middleware Co., Ltd.

株式会社CRI・ミドルウェア
http://www.cri-mw.co.jp/

●記事に登場するミドルウェア「CRIWARE」についてのお問い合せ
http://www.cri-mw.co.jp/inquiry/
TEL: 03-6418-7081

●「CRIWARE」の採用タイトル一覧
http://www.cri-mw.co.jp/example/

DEVELOPER'S TALK記事一覧
《土本学》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. JeSU「eSPORTS 国際チャレンジカップ」を2019年1月に開催─賞金総額は4タイトル合計で1,500 万円

    JeSU「eSPORTS 国際チャレンジカップ」を2019年1月に開催─賞金総額は4タイトル合計で1,500 万円

  2. スマホゲーム業界のマーケティングカオスマップ(β版)が公開―ゲームのライフサイクルに合わせる形で分類・整理

    スマホゲーム業界のマーケティングカオスマップ(β版)が公開―ゲームのライフサイクルに合わせる形で分類・整理

  3. 【CEDEC 2010】プラットフォームホルダーの品質管理とは?

    【CEDEC 2010】プラットフォームホルダーの品質管理とは?

  4. 美少女とVRリズムアクションを楽しめる『エアトーン』がハウステンボスに登場、4月28日より

  5. 【ロード・オブ・ザ・ドラゴン攻略】日米で1位のダークファンタジーRPGを遊ぼう(基本編)

  6. 【コラム】『ファイナルファンタジーXV』と「リアル」の変質

  7. ソニックファンの少年、ハリネズミを飼う権利を勝ち取る

  8. 任天堂の宮本茂氏、スペイン皇太子賞を受賞

  9. 『妖怪ウォッチワールド』発表に合わせTwitterハッシュタグがジバニャンにー妖怪不祥事案件か?

  10. ノベルゲームをVRで表現した『マヨナカ・ガラン』が興味深い!見た目は3Dアドベンチャーだが、プレイ感はノベルゲーム

アクセスランキングをもっと見る