人生にゲームをプラスするメディア

『鉄拳6』、オンラインモードの詳細を公開

バンダイナムコゲームスは、PS3/Xbox360格闘ゲーム『鉄拳6』の最新情報を公開しました。

ソニー PS3
鉄拳6
  • 鉄拳6
  • 鉄拳6
  • 鉄拳6
  • 鉄拳6
  • 鉄拳6
  • 鉄拳6
  • 鉄拳6
  • 鉄拳6
バンダイナムコゲームスは、PS3/Xbox360格闘ゲーム『鉄拳6』の最新情報を公開しました。



『鉄拳6』は『鉄拳』シリーズ最新作。集大成となる『鉄拳6』でも、個性豊かなキャラクターやスピード感溢れる格闘アクション、キャラクターごとに作り込まれた魅力あるゲームストーリーといった要素を蹈襲。



1人プレイ、ネットワーク対戦プレイにももちろん対応、さらにはリプレイデータ配信も予定されています。登場するキャラクターは、おなじみの定番キャラや新キャラクターなど、シリーズ史上最大規模の40名となります。



今回、詳細が判明したのはオンラインモードについて。オンラインモードでは、文字どおりネットワークに接続して、オンライン上で対戦相手を探したり、自分の設定した条件で対戦相手を募ることができます。また、オンライン対戦時の戦績なども確認できます。

「RANKED MATCH」では対戦相手を検索して、段位やバトルポイントが変動するオンライン対戦を行います。

「PLAYER MATCH」では対戦相手やセッションを検索したり、セッションを作成して、段位やバトルポイントが変動しないオンライン対戦を行います。

「INVITE SESSION」ではフレンドからのセッションへの招待メールを選んで、セッションに移動します。

「DATA UPLOAD」では自分のリプレイデータやゴーストデータをオンライン上に、それぞれ最大3個アップロードさせることができます。

「DATA DOWNLOAD」ではオンライン上のリプレイデータやゴーストデータをダウンロードできます。

そして「LEADER BOARD」ではバトルポイントやRANKED MATCHなどのランキングを確認することができます。

なお「段位」とはプレイヤーの経験と腕前を判定する指標。オフラインモードではゴーストバトルなどで初段まで段位を上げることができますが、初段より上の段位になるためにはオンラインモードのRANKED MATCHに挑まなければなりません。RANKED MATCHは固定されたレギュレーションで近い実力のプレイヤーが自動的にマッチングされ、RANKED MATCHの勝敗によって段位が変動します。

オンラインモードの対戦方法としては「ロビーを使う対戦」と「ロビーを使わない対戦」の2種類があります。「ロビーを使う対戦」は最大4人で対戦を行います。プレイヤーはチャンピオンに1人ずつ対戦を挑み、対戦を行わないプレイヤーは試合を観戦することになります。「ロビーを使わない対戦」では対戦相手を検索して、そのまま試合を行います。



なお、三島一八のエクストラコスチュームは、「シグルイ」を連載中の山口貴由先生がデザインを担当しました。

『鉄拳6』は2009年10月29日(木)発売で、価格は通常版が税込8,379円、コレクターズボックス(PS3版対応・Xbox 360版対応)が税込17,829円です。コレクターズボックスの内容は、ソフト本体と、HORI製ワイヤレススティック、および「鉄拳6」アートブックが同梱となります。

(C)1994-2009 NBGI
《冨岡晶》

編集部おすすめの記事

ソニー アクセスランキング

  1. 『モンハン:ワールド』「ナナ・テスカトリ」や「ゾラ・マグダラオス」の“歴戦王”が登場決定!『Horizon Zero Dawn』コラボ第3弾の開催も

    『モンハン:ワールド』「ナナ・テスカトリ」や「ゾラ・マグダラオス」の“歴戦王”が登場決定!『Horizon Zero Dawn』コラボ第3弾の開催も

  2. PS4『モンハン:ワールド』アステラ祭【豊穣の宴】が開催!まるで仮装のような「重ね着装備」も続々登場

    PS4『モンハン:ワールド』アステラ祭【豊穣の宴】が開催!まるで仮装のような「重ね着装備」も続々登場

  3. 不気味な怪物との逃走劇が始まる?『DEATH STRANDING』新映像!【TGS2018】

    不気味な怪物との逃走劇が始まる?『DEATH STRANDING』新映像!【TGS2018】

  4. 『GOD EATER 2 RAGE BURST』が10月3日より「PS Plus」のフリープレイで登場決定!

  5. 『キングダム ハーツIII』衝撃的なワンシーン―ソラVSアクアの戦闘画面が公開!

  6. 雄々しく、そして人間らしく―『信長の野望・大志 with パワーアップキット』の小山プロデューサーが語る理想のAI 【TGS2018】

  7. 『EARTH DEFENSE FORCE: IR』手応えのある操作感、没入度の高いグラフィック、処理落ちなしの巨大生物─全ての体験が刺激的だったプレイレポ【TGS2018】

  8. 10年の全てを熟成させた『Devil May Cry 5』は「カッコいい」ありき―クリエイター陣が語る「ファンのために作られたDMC」とは

  9. 『キングダム ハーツIII』プレイレポーソラもわたしも全然変わっていなかった【TGS2018】

  10. 【吉田輝和の絵日記】アクションADV『シャドウ オブ ザ トゥームレイダー』刮目!ララの腕力(かいなぢから)

アクセスランキングをもっと見る