人生にゲームをプラスするメディア

ワーナーブロス、ミッドウェイに3300万ドルで買収提案

ゲームビジネス その他

今年2月に連邦破産法11章の適用を受け、再建パートナーを探している米国の中堅パブリッシャーのミッドウェイ(Midway Games)は、メディア大手のワーナーブロス・エンターテイメントとの間で売却交渉を行っていることを明らかにしました。手続きは米国破産法のセクション363条項に基づき行われます。また、ワーナー以外の買い手にも入札の機会が与えられます。

ワーナーはミッドウェイの『モータルコンバット』シリーズの権利に加えて、同シリーズを開発してきたシカゴとシアトルのスタジオを3300万ドルで買収することを提案しています。この提案には、米国外の資産や、サンディエゴとニューキャッスルのスタジオや『Wheelmag』『TNA』といったゲームは含まれていません。

ミッドウェイは3000万ドルで買い手を探すと先月発表していました。

ワーナーは『トランスフォーマー』『スピードレーサー』『ギネスワールドレコーズ ザ・ビデオゲーム』『レゴ バットマン』を発売するなど近年、ゲームビジネスを強化しています。一方で英国アイドスへも出資分していましたが、スクウェア・エニックスが買収しています。
《土本学》

編集部おすすめの記事

特集

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. VRゲームと連動する電動回転椅子「Roto VR Chair」が開発者向けに出荷開始

    VRゲームと連動する電動回転椅子「Roto VR Chair」が開発者向けに出荷開始

  2. 【DEVELOPER'S TALK】ミク好きが作ったミク好きのための『初音ミク -Project DIVA-』開発秘話

    【DEVELOPER'S TALK】ミク好きが作ったミク好きのための『初音ミク -Project DIVA-』開発秘話

  3. 【インタビュー】KLabに訊くプロジェクト管理ツール「SHOTGUN」導入事例―管理業務の負担を半分に削減?!

    【インタビュー】KLabに訊くプロジェクト管理ツール「SHOTGUN」導入事例―管理業務の負担を半分に削減?!

  4. 年齢制限に「禁断の果実効果」−年齢制限でゲームを禁じることが逆効果に?

  5. 『FINAL FANTASY XIV: 新生エオルゼア』を支える中国のデベロッパー・・・バーチャスインタビュー(後編)

  6. 2017年11月発売の新作ゲームは何を買う?―注目タイトルまとめ!

  7. 国内唯一のゲームエフェクトツール「BISHAMON」セミナーが大盛況

  8. 「逆転裁判 オーケストラアルバム」MIDIデータ音源配信についてのお詫び

  9. スクエニ、平成29年3月期は『FF15』など好調―売上高/利益も過去最高に

  10. 任天堂、平成27年3月期決算を発表 ― Wii Uは海外で順調、次期見通しにはアプリ収益も見込む

アクセスランキングをもっと見る