人生にゲームをプラスするメディア

DSのマジコン対策に新たな一歩−ハッカーをイラつかせる「MetaFortress」作者が語る

任天堂 DS

マジコンによるニンテンドーDSゲームのコピー被害が言われてしばらく経ちますが、英国MetaforicのCEOであるAndrew Mclennan氏は、Gamasutraのインタビューにハッカーをできるだけイライラさせる形の対策を取ると言います。

Metaforicのコピー防止技術は「MetaFortress」と呼ばれ、今年より任天堂を含む6社にて採用されることになっています。Mclennan氏は「MetaFortress」の詳細を明かしませんが、マジコンがゲームソフトに加える改変を検知することで、コピーソフトを“殺す”ことを可能にすると言います。

「我々はどんなDSのゲームにもセキュリティ・スキームを組み込むことができ、ゲーム自身をセキュリティ・システムに変えます。異なったゲームにセキュリティを組み込む時、それは異なったセキュリティ・システムになります」

Mclennan氏は100%の対策は不可能であると認めますが、「我々が採る方法は、ハッカーに長くてスローで手動の仕事をさせるものです」「我々はハッキングするには時間がかかる沢山のセキュリティを組み込む」とハッキングにかける時間を長くすることで対抗。

マジコンのメーカーが対策することは既に織り込み済みであり、「MetaFortress」はそうした対策に耐性を持ち「我々のプロテクションを止められるだろう対策はない」としています。

Mclennan氏は、マジコンが自作ゲームを動かすために使用されるという側面にも触れ、日本以外でマジコンが禁止されるべきか……という質問には「イエスでありノー」と回答。「自作ゲームをする人をリスペクトし共感できるが、それはマジコンを使う人の中で本当に少数派である」と現状を総括。「MetaFortress」は自作ゲームをすることを止めるものではないとコメントしています。

不正の対策にはハッカー自身を追うべきだが、日の終わりには新たなハッカーが生まれている……とMclennan氏。氏は17年のキャリアを持つ開発者ですが、関わったゲームが全て不正コピーされたことが「プロの開発者としてやっていくことを不可能にした」とのことで、不正コピーの影響の大きさが伺えます。

Mclennan氏が大きな自身と共に世に送り出す「MetaFortress」、ニンテンドーDSゲームのコピーとの戦いの一歩として、どれだけの戦果を上げられるかが注目されます。
《水口真》

特集

任天堂 アクセスランキング

  1. 「ニンテンドークラシックミニ スーパーファミコン」予約状況や収録タイトルなど、現時点での情報まとめ

    「ニンテンドークラシックミニ スーパーファミコン」予約状況や収録タイトルなど、現時点での情報まとめ

  2. 「マイニンテンドー」のギフトに『ピクミン』短編映画や『ゼルダの伝説 BotW』テーマが登場、『ARMS』壁紙や『エヴァーオアシス』割引なども

    「マイニンテンドー」のギフトに『ピクミン』短編映画や『ゼルダの伝説 BotW』テーマが登場、『ARMS』壁紙や『エヴァーオアシス』割引なども

  3. ニンテンドウ64『爆BOMBERMAN』がWii U向けVCとして配信開始

    ニンテンドウ64『爆BOMBERMAN』がWii U向けVCとして配信開始

  4. 3DS『エヴァーオアシス』オアシスや冒険の魅力に迫る映像公開! 体験版も配信開始

  5. 3DS『カービィのすいこみ大作戦』7月4日に配信! ローソンでは「星のカービィキャンペーン」を実施

  6. 【レポート】スイッチ版『モンハン ダブルクロス』を体験!PROコン&Joyコンの操作性は如何に

  7. 「ポケモンセンタートウホク」リニューアルオープン!幻のポケモン「ビクティニ」プレゼントや東北ならではのグッズも登場

  8. 【特集】同じタイトルでもこんなに違う!日本と海外のミニスーファミ収録タイトルのパッケージを比較してみた

  9. 『ゼルダの伝説 BotW』追加DLCの装備「ミドナの冠」を紹介! ミドナの意外な原点も判明

  10. 「ニンテンドークラシックミニ スーパーファミコン」国内は10月5日発売、海外版とは少し違う収録タイトルも発表

アクセスランキングをもっと見る