人生にゲームをプラスするメディア

【週刊マリオグッズコレクション】第30回 スーパーマリオギャラクシートレカ

ゲームビジネス その他
【週刊マリオグッズコレクション】第30回 スーパーマリオギャラクシートレカ
  • 【週刊マリオグッズコレクション】第30回 スーパーマリオギャラクシートレカ
  • 【週刊マリオグッズコレクション】第30回 スーパーマリオギャラクシートレカ
  • 【週刊マリオグッズコレクション】第30回 スーパーマリオギャラクシートレカ


連載第30回目ですね。フィギュアからシャンプーまで様々なマリオグッズを紹介してきましたが、まだ取り上げていないジャンルがあります。それは誰もが一度は集めたことがある、「カード」です!

というワケで今回ご紹介するのは、Enter Play社から海外で発売中の『スーパーマリオギャラクシー』のトレーディングカードです。ゲーム要素の無い、普通のカードですね。

1パック6枚入りで、以下のカードが入っています。
・キャラクターやギャラクシーが描かれた「ノーマルカード」…4枚
・組み立てるとスタンドポップになる「ポップアウトカード」…1枚
・肌に貼って遊べるシール「タトゥーカード」…1枚

ただのカードだけではなく、組立ポップになるモノやタトゥーシールが入っているのが面白いですね。
ノーマルカードはキャラクターやギャラクシーが描かれたカードの他、ゲームの攻略法やクイズまで載っているカードもあります。さらに、6パックに1パックという確率で、とってもレアな「スペシャルホロカード」が入っています。
カードの種類は、全部でなんと141種類!
ノーマル100種、ポップアウト8種、タトゥー18種、スペシャルホロ15種あります。
ただでさえ種類が多い上、6パックに1パックという確率でしか出ないスペシャルホロが15種類もありますから、コンプリートするのは大変そうですね。さすがにこれは自分もコンプできていません。

ボックスパックカード


ちなみに、Enter Play社は他にも『nintendogs』や『ゼルダの伝説 トワイライトプリンセス』のカードも出しています。日本ではあまり任天堂のトレカは出ませんが、是非出して欲しいですね。

それでは、また来週。

■著者紹介

kikai
『スーパーマリオブラザーズ』と一緒に生まれたマリオゲーマーであり、マリオグッズコレクター。マリオのことなら何でもお任せの「マリオ博士」。フリーライターとして活動中。インサイド以外にも雑誌「ニンテンドードリーム」などでも執筆。
ウェブサイト: ALL SUPER MARIO

(C) Nintendo Licensed by Nintendo
《kikai》

この記事の感想は?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめの記事

特集

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. どこまでがインディーズなのか、ゲームデザイナーRon Gilbertが語るインディーの定義

    どこまでがインディーズなのか、ゲームデザイナーRon Gilbertが語るインディーの定義

  2. イケメンはこうして作られる!「「その口…塞いでやろうか…?」250人のイケメンをLive2D化してわかった、成人男性キャラの魅力的な見せ方」セッションレポート【alive2019】

    イケメンはこうして作られる!「「その口…塞いでやろうか…?」250人のイケメンをLive2D化してわかった、成人男性キャラの魅力的な見せ方」セッションレポート【alive2019】

  3. 【Sales INSIDE】第2回 販売・出荷・生産 の違い

    【Sales INSIDE】第2回 販売・出荷・生産 の違い

  4. AMDがゲーム機向けチップセットを2016年に供給・・・次世代機か?

  5. ゼロ遅延技術「SonicSYNC」は従来スマホ音ゲーの"間違い"を正せるか―『ディズニー ミュージックパレード』メディア向け発表会をレポート

  6. 【週間売上ランキング】 『マリオパーティ8』が返り咲き(8月13日〜8月19日)

  7. 【e-Sportsの裏側:番外編】日清食品『日清のとんがらし麺』とe-Sportsの意外な共通点とは?―日清食品株式会社マーケティング担当者インタビュー

  8. ゲーム1本の開発期間は平均16ヶ月、開発者の38%が据置機に携わりたいと思っている…CEDECのゲーム開発者調査が公開

  9. 『サマーレッスン』が欧州で商標出願

  10. PC版『バイオハザード5』画面分割を望む声、海外で高まる

アクセスランキングをもっと見る