人生にゲームをプラスするメディア

「自分は魔王かな・・・」THE ALFEEの高見沢氏も登場!30秒で世界を救う『勇者30』制作発表会

ソニー PSP

「自分は魔王かな・・・」THE ALFEEの高見沢氏も登場!30秒で世界を救う『勇者30』制作発表会
  • 「自分は魔王かな・・・」THE ALFEEの高見沢氏も登場!30秒で世界を救う『勇者30』制作発表会
  • 勇者30
  • 「自分は魔王かな・・・」THE ALFEEの高見沢氏も登場!30秒で世界を救う『勇者30』制作発表会
  • 「自分は魔王かな・・・」THE ALFEEの高見沢氏も登場!30秒で世界を救う『勇者30』制作発表会
  • 勇者30
  • 「自分は魔王かな・・・」THE ALFEEの高見沢氏も登場!30秒で世界を救う『勇者30』制作発表会
  • 「自分は魔王かな・・・」THE ALFEEの高見沢氏も登場!30秒で世界を救う『勇者30』制作発表会
  • 勇者30
マーべラスエンターテイメントは、5月28日にPSPで発売する『勇者30』の制作発表会を、赤坂ガーデンシティにて開催しました。同社取締役クリエイティブオフィサーの和田康宏氏、本作のプロデューサーの高木謙一郎氏、音楽を担当した古代裕三氏と桜庭統氏という巨頭、そして楽曲を提供したTHE ALFEEの高見沢俊彦氏が登場し、華やかなひと時となりました。

和田クリエイティブオフィサー高木プロデューサー


最初に壇上に上がったマーべラスエンターテイメント常務取締役クリエイティブオフィサーの和田康宏氏は「マーべラスはゲーム業界でも10番目に入るか入らないかというくらいのメーカーです。にも関わらずこれだけの数の皆さんに集まってもらうことができました」と満員の会場を前に挨拶。「それはこの後に登壇してくれるゲストの皆さんが本当に豪華だからだと思います。そういった方々に参加して頂けたのも非常にユニークなゲームが作れたからだと思います。景気が悪くなっていますが、こういう時こそ、我々のような小さなメーカーにしかできない作品作りで盛り上げていきたいと思います」とコメント。

続いて『勇者30』の高木謙一郎プロデューサーが登場しゲームについて説明してくれました。本作は「魔王が世界を滅ぼすまであと30秒」という差し迫った状況で"30秒で世界を救う"という世界最速RPGです。ゲームは「勇者30」「王女30」「騎士30」「魔王30」という、それぞれRPG、STG、ACT、SLGという異なるゲームから構成されていますが、いずれも"30秒で"という点は変わりません。また高木氏によれば全てをクリアすると新たなモードも登場するそうです。アドホックモードによる最大4人による対戦にも対応しています。

フィールドに出て敵を倒してレベルアップしてもやっぱり魔王は強い


「物語を伝えられる」→「フィールドに出る」→「モンスターを倒してレベル上げ」→「魔王に挑む」という流れになりますが、もちろん馬鹿正直に30秒で魔王に挑んでも魔王は結構強くてなかなか勝てません。そこは色んな仕掛けがあり、そこを楽しめるゲームです。キャラクターはドットで描かれ、雰囲気もなんだかレトロですが、音楽は非常に壮大なものです。その音楽を担当したのが古代氏や桜庭氏です。

古代裕三氏はエインシャント代表で、『イース』シリーズや『世界樹の迷宮』シリーズ、最近では『セブンスドラゴン』も担当していることで知られるサウンドクリエイターです。一方の桜庭統氏は『テイルズオブ』シリーズ、『スターオーシャン』シリーズといった作品で知られるサウンドクリエイターです。

古代氏(右)と桜庭氏(左)


『勇者30』の音楽作りについて、古代氏は「30秒という限られた時間を盛り立てられる音楽を意識した」とコメント、桜庭氏は「(可愛らしいドット絵の世界との)ギャップを楽しめる音楽を心がけた」と話していました。古代氏は音楽作りについて「私はゲームの画面やリズム感からインスパイアするやりかたです。今回も高木プロデューサーから色々な素材をもらって色々想像しながら作っていきました」とコメントしていました。二人とも二曲ずつを作曲したということです。

相変わらずかっこいい高見沢氏所有ギター数は420を超えたとか


最後に登場したのはTHE ALFEEでの活動も知られる高見沢俊彦氏。「意外にもシューティングやレースゲームを遊ぶんです」と話してくれた高見沢氏が作曲したメイン曲はTHE ALFEE好きならすぐ好きになりそうなファンタジーの世界観を持った作品。「ゲームの世界があるので、そこで自分の音が載ることで更にゲームが引き立つものを目指した」とのこと。メイン曲は3月7日から全国オンエアされるテレビCMで使われています。その他、バトル曲なども作曲されたようです。

テレビCMはバラエティ番組風の作り。王女、騎士、魔王編もあり会場を楽しませていました


「『勇者30』は30秒で全てをクリアしないといけないという今の時代に合ったゲームだと思います。それに合わせた曲を作れたと思います。THE ALFEEとしては今年で35周年を迎え、4月からはライブも始まります。ぜひホールで会いましょう」と高見沢氏は最後に話しました。ちなみにメイン曲は「ソロ活動として歌詞を載せてリリースしてもいいかもと思ってる」という気になるコメントもありました。

フォトセッション実際にテーマ曲に使用したというギター


全国のPlayStation Spotでは「勇者30」の体験版が配信中です。また、今後もその他の3つのゲームモードの体験版も配信予定となっていますのでお楽しみに。

会場では新カラーのPSPで体験できました
《土本学》

編集部おすすめの記事

ソニー アクセスランキング

  1. 【TGS2017】『信長の野望・大志』インタビュー、奥深いシミュレーションはそのままに、「志」で武将の人間らしさを追求

    【TGS2017】『信長の野望・大志』インタビュー、奥深いシミュレーションはそのままに、「志」で武将の人間らしさを追求

  2. 『ガールズ&パンツァー ドリームタンクマッチ』ゲーム内容の最新情報が公開―オンラインでは最大10人の白熱バトルが可能

    『ガールズ&パンツァー ドリームタンクマッチ』ゲーム内容の最新情報が公開―オンラインでは最大10人の白熱バトルが可能

  3. 『聖剣伝説2 SECRET of MANA』キャライラスト&キャストが公開―道中の掛け合いを描いた幕間エピソードが収録

    『聖剣伝説2 SECRET of MANA』キャライラスト&キャストが公開―道中の掛け合いを描いた幕間エピソードが収録

  4. 【TGS2017】それは人なのかアンドロイドなのか―徹底した世界観で『Detroit』に迷い込む

  5. 【TGS2017】『モンスターハンター:ワールド』新フィールド&新モンスター「パオウルムー」などサプライズお披露目!

  6. 【TGS2017】絶対にまた開催してほしい「Jスタとあそぼう:リアル」レポート―会場はクリエイターとユーザーの笑顔が溢れていた

  7. 【TGS2017】絶望的な状況だからこそ、希望を―新垣隆氏が思いを語った『EARTH DEFENSE FORCE:IRON RAIN』トークショーレポ

  8. 『仁王 Complete Edition』の発売が決定―オリジナル武器やオリジナルミニサントラが数量限定で付属

  9. 【TGS2017】まつげの長さからシワまで!キャラクリ要素を紹介した『モンスターハンター:ワールド』ステージレポ

  10. 『モンスターハンター:ワールド』モデルのPS4 Proが数量限定で12月7日より発売決定

アクセスランキングをもっと見る