人生にゲームをプラスするメディア

【週刊マリオグッズコレクション】第23回 『スーパーマリオワールド』時代の玩具

ゲームビジネス その他
【週刊マリオグッズコレクション】第23回 『スーパーマリオワールド』時代の玩具
  • 【週刊マリオグッズコレクション】第23回 『スーパーマリオワールド』時代の玩具
  • 【週刊マリオグッズコレクション】第23回 『スーパーマリオワールド』時代の玩具
  • 【週刊マリオグッズコレクション】第23回 『スーパーマリオワールド』時代の玩具
  • 【週刊マリオグッズコレクション】第23回 『スーパーマリオワールド』時代の玩具
  • 【週刊マリオグッズコレクション】第23回 『スーパーマリオワールド』時代の玩具
  • 【週刊マリオグッズコレクション】第23回 『スーパーマリオワールド』時代の玩具
  • 【週刊マリオグッズコレクション】第23回 『スーパーマリオワールド』時代の玩具
  • 【週刊マリオグッズコレクション】第23回 『スーパーマリオワールド』時代の玩具


連載23回目です。今回も新作マリオグッズ紹介はお休みして、今から15年以上前の『スーパーマリオワールド』時代に発売されたマリオのおもちゃの紹介です。最もマリオ人気が高かった時代。様々なマリオグッズが発売されていました。

■おしゃべり マリオ危機一発

通常のモノと比べると大きめです剣によっておしゃべりの内容も異なります


トミーより発売された、「黒ひげ危機一髪」のマリオ版。おしゃべり機能付きで、剣を刺すとマリオが「ノコノコだぁ」「ギェー!クッパ」「ルイージ!」など喋ってくれます。順番にタルに剣を挿していってマリオが飛び出したら負けの通常の遊び方と、おしゃべり機能を使った遊び方があります。

■マリオの大迷路

パッケージ平面的な迷路ゲーム


エポック社より発売された、球転がしゲーム。倒すと盤面が傾くレバーを上手く操作して、ボールをゴールまで運びましょう。盤面の8枚のパネルは自由に組み替えすることができ、その組み合わせは10000億通り以上!なんと118908518400通りもあるのです。一日一通り遊んだとしても、3億年以上遊べますね(笑

■恐竜ランド脱出ゲーム

パッケージ立体的な迷路ゲーム


こちらもエポック社から発売された球転がしゲームですが、こちらはステージが立体的になっており、4つのボタンを上手く操作してゴールまで導くアクション要素の高いゲームになっています。バニラドームやK.K.の攻撃など、14の障害物を乗り越えてゴールを目指しましょう。

■パーティジョイシリーズ指南役 クッパ城最終決戦!

パッケージセット内容


バンダイより発売されていた「パーティジョイ」シリーズの『スーパーマリオワールド』版。ゲームの攻略にも役立つ「指南役」シリーズとして発売され、ボードゲームを楽しみながら実際のゲームでのクッパ城の攻略方法も学べます。

■マリオ&ヨッシー ミステリィーアクション

パッケージ音が鳴りながら走ります


スイッチを入れると、『スーパーマリオワールド』のタイトルBGMを流しながら、ヨッシーは目をピカピカ光らせ足をバタバタ、マリオはかっくんかっくんと動きながら、不規則な走行をするオモチャ。その動きはまさにミステリー(笑

これ持ってた!というモノもあったのではないでしょうか。
今回紹介したのはほんの一部。また機会があれば、過去のグッズも色々紹介していきたいと思います。
それでは、また来週。

■著者紹介

kikai
『スーパーマリオブラザーズ』と一緒に生まれたマリオゲーマーであり、マリオグッズコレクター。マリオのことなら何でもお任せの「マリオ博士」。フリーライターとして活動中。インサイド以外にも雑誌「ニンテンドードリーム」などでも執筆。
ウェブサイト: ALL SUPER MARIO

(C) Nintendo Licensed by Nintendo
《kikai》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 「2021年最も活躍したと思うゲーム実況者は?」第1位に輝いたのはあの“インターネットヒーロー”!

    「2021年最も活躍したと思うゲーム実況者は?」第1位に輝いたのはあの“インターネットヒーロー”!

  2. ゲームと映画から考える海外と日本の感性の違いとは・・・黒川塾(19)

    ゲームと映画から考える海外と日本の感性の違いとは・・・黒川塾(19)

  3. 任天堂が65歳定年制を導入

    任天堂が65歳定年制を導入

  4. プレイステーション3版『頭文字D EXTREME STAGE』・・・開発者に聞く

  5. 【TGS 2012】日本・中国・韓国・インドネシアのゲーム企業がソーシャル&モバイル市場を熱く語った・・・アジア・ゲーム・ビジネス・サミット

  6. VRとアドベンチャーゲームを掛け合わせた『東京クロノス』が体験させてくれたこと

  7. 【インディペンデントゲームジャパン】AppBank村井氏らが語る「売れるアプリの必要十分条件」とは?

  8. 【GDC 2014】シムも"ながら動作"が可能に『ザ・シムズ4』が取り組むAIシステム

  9. 【CEDEC 2010】国際分業で日本のクリエイティブと生産性を向上させたい・・・上海拠点のVirtuos

  10. 【CEDEC2012】『Child of Eden』『ルミネス エレクトロニックシンフォニー』から見る音とビジュアルの関係

アクセスランキングをもっと見る